2017年12月02日

コミカライズ 老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます1巻 「異世界マネー・メイキングファンタジー!」

原作:FUNA 漫画:モトエ恵介 キャラクター原案:東西「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」1巻 FUNA氏の小説を、モトエ恵介氏がコミカライズされている「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」1巻【AA】が1日に発売になった。とらAのPOPは『現る、異世界ヒロイン史上最強の堅実&演技派!!』で、裏表紙は『我が道を行く、異世界マネー・メイキングファンタジー!』になってた。
-

原作:FUNA 漫画:モトエ恵介 キャラクター原案:東西「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」1巻
FUNA氏の同名の小説をモトエ恵介氏がコミカライズ
「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」1巻【AA】発売

「(目覚めたら森の中にいたんだよね、いやいやいや崖から落ちたよね私!)」
童顔小柄な少女:山野ミツハ(18歳) が事故で異世界に
「(目覚めたら森の中にいたんだよね、いやいやいや崖から落ちたよね私!)」

「世界を渡る能力が付加されたようである」「ええええ〜〜っ!」
「世界を渡る能力が付加されたようである」 「ええええ〜〜っ!」

「(地球の価値にして10億あれば100歳までそこそこ不自由なく暮らせるだろう。二つの世界の拠点にそれぞれ10億円、合計20億分の財産だ!!)」
「(地球の価値にして10億あれば100歳までそこそこ不自由なく暮らせるだろう。
二つの世界の拠点にそれぞれ10億円、合計20億分の財産だ!!)」
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

モトエ恵介氏がコミカライズされ、ニコニコ静画・水曜日のシリウスで連載中の「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」1巻【AA】(キャラクター原案:東西氏)が1日に発売になった。

『老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます』は、FUNA氏が小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿され、講談社・Kラノベブックスから商業書籍化もされた同名の小説が原作で、シリウス編集部の作品紹介によると『美少女ながら背が低くて童顔(胸部装甲もお察しのとおり)の中学生にしか見られない主人公:ミツハが、謎の存在からもらったのは「別の世界間を渡る能力」』、『そんなちょっと変わった女の子が現代の知識とアイテムで我が道を行く、異世界マネーメイキングファンタジー』とのこと。

今回発売になった「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」1巻【AA】の裏表紙は『老後の安泰のため、目指せ20億円!ついでにカワイイ幼女も釣れました!?』、『タフな精神を持ちながら、ちょっと残念な思考の美少女が現代の知識とアイテムで我が道を行く、異世界マネー・メイキングファンタジー!』で、コミックス1巻には第1話〜第8話を収録し、とら秋葉原店AのPOPは『現る、異世界ヒロイン史上最強の堅実&演技派! 自由転移能力を得た、家族を失った18歳少女の、金貨稼ぎがっちりファンタジー!』が付いてた。

山野ミツハは18歳でありながら中学生に見られてしまう童顔小柄な少女。高校卒業を目前にして両親と頼れる兄を一度に失い、いきなり天涯孤独の身になってしまう。ショックで大学受験にも失敗して途方に暮れていたミツハは、たまたま謎の存在から「世界間転移」という能力を与えられる。そこから彼女が思いついた将来設計は、世間一般の常識の斜め上をいっていた──! コミックス情報

なお、「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」1巻【AA】のtbanさんの感想『これは良いコミカライズ。原作に比べ、格段にわかりやすい。〜主人公のキャラも原作以上に活かされていると思う』などがあり、コミカライズを担当されたモトエ恵介氏は、あとがきで『今巻では王都到着までの準備編といった感じですので、次巻からのミツハちゃんの更なる活躍を楽しんで頂けたらと思います。泣く泣く原作から割愛させて頂いた部分もありますので、ぜひ原作書籍もお手に取って下さいませ』を書かれている。

「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」1巻コミックス情報

「とりあえず急ぐのは拳銃です。小さいもの、主力拳銃、リボルバー、
それぞれの装着用のものを、そしてその訓練をお願いします」

「後々、数千枚から数万枚の換金をお願いするかもしれません」

「こちらへ」

「(もう進学や就職に悩む
必要ないんじゃん!?)」
「(20億までの“仕込み”を
始めるよ!!)」
「ミツハ・フォン・ヤマノ
と申します」
「そんな真珠がネックレスに
できるほど揃っていて
たまるもんですか!」
「(金貨1枚が大体日本での
10万円くらいの金銭価値で
あろうと判断した)」
「(流石は王都、それなりに
立派な建物がある)」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit