2017年12月05日

左ききのエレン1巻 「アートと広告業界を舞台にしたクリエイター群像劇!」

原作:かっぴー&漫画:nifuni コミックス「左ききのエレン」1巻 原作:かっぴー氏&漫画:nifuni氏のリメイク版コミックス「左ききのエレン」1巻【AA】が4日に発売になった。コミックナタリーによると『広告代理店に勤務するデザイナーの朝倉光一と、類まれなる絵の才能を持つ山岸エレン』で、オビ謳い文句は『アートと広告業界を舞台にしたクリエイター群像劇!』だった。
-

原作:かっぴー氏&漫画:nifuni氏のコミックス「左ききのエレン」1巻
原作:かっぴー氏&漫画:nifuni氏のコミックス「左ききのエレン」1巻【AA】発売
「圧倒的話題作…!アートと広告業界を舞台にしたクリエイター群像劇!」

「なあ神谷…光一で大丈夫なのか? 3億円の仕事だぞ!? 3億!!」
「なあ神谷…光一で大丈夫なのか? 3億円の仕事だぞ!? 3億!!
このコンペティションに負けた会社は大損だ…!!」

「S社のプレゼン3億…勝ったってさ」
「S社のプレゼン3億…勝ったってさ」

経験不足を理由に仕事から外される
経験不足を理由に仕事から外される 「(ダセェ…)」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
アニメイト秋葉原

原作:かっぴー氏&漫画:nifuni氏が少年ジャンプ+で連載されているコミックス「左ききのエレン」1巻【AA】が、4日に発売になった。

『左ききのエレン』は、もともとはかっぴー氏cakesで連載され完結した作品を、漫画:nifuni氏でジャンプ+にリメイク連載されていて、コミックナタリーによると『広告代理店に勤務するデザイナーの朝倉光一と、類まれなる絵の才能を持つ山岸エレンを軸に描くクリエイターたちの群像劇』で、冒頭では『天才になれなかったすべての人へ――』から始まってるお話。

今回出た「左ききのエレン」1巻【AA】には、第1話〜7話を収録し、巻末にはキャッチコピー募集漫画付きで、担当編集・林氏のコメントでは『広告業界・デザイン業界の、熱くて泥臭い、キャラクター達のドラマは読み手の心を抉ります。泥臭くも熱い、大人も少年も熱くなる、「王道の“仕事”少年漫画」』とのことで、オビ謳い文句は『圧倒的話題作…!アートと広告業界を舞台にしたクリエイター群像劇!「これは大人のための少年漫画だ」』だった。

広告代理店勤務の若手デザイナー・朝倉光一。納得出来ない理由で自ら勝ち取った仕事を取り上げられた彼は、やりきれない気持ちを抱えて横浜の美術館へと向かう。そこは、彼が初めて「エレン」という才能と出会った場所で…。大人の心も抉るクリエイター群像劇、開幕! 裏表紙

「左ききのエレン」1巻【AA】の感想には、nawadeさん『1巻では高校時代の追想がメインで仕事漫画の本領発揮は次巻以降だろうが、それでも鮮烈なメッセージ性を伴った漫画だった』、renomさん『光一の未来は私の未来なのだと悟ってしまう。心が絞めつけられるようだ』、ぶくぶくちゃがまぐちさん『ある意味残酷で、共感出来る漫画だと感じました』などがある。

なお、カバー折り返しの作者コメントでは、原作:かっぴー氏『ぼくも、この漫画の舞台である広告業界で働いていました。そこで出会った格好いい仲間達のために、想いを込めてつくりました』、漫画:nifuni氏『この物語の人物たちはみんな本気なので、私も本気で向き合って、描いています』などを書かれている。

「左ききのエレン」1巻コミックス情報 / 連載ページ

「ふざけんな…ふざけんな ふざけんな ふざけんな!! ふざけんな!」
(画家なんて地味じゃん)(絵は誰でも描けるんですよ)
「ふざけんな…ふざけんな ふざけんな ふざけんな!! ふざけんな!」

「(命を懸けて 人生を懸けて それでもまだ全然足りずに呪いながら死んでいったんだ)」
「(父は命を懸けて 人生を懸けて
それでもまだ全然足りずに呪いながら死んでいったんだ)」

「夢見てるやつが10万人いたとして残るやつは10人がいい所だ」
「夢見てるやつが10万人いたとして残るやつは10人がいい所だ
“万が一” これが現実なんだよ…」

「箭内道彦だってADになるのに8年かかったんだ」
「偉い人が納得する案と
担当者達が納得する案、
2方向考えるしかない」
「広告代理店の主役は
クリエイターだとかカン違い
してるタイプだろ?」
「オレはなぁ
この道に命懸けてるんだ」
「下手くそ」
「何かにならなきゃ…退屈で…生きていけねぇよ…」



【関連記事】
ぼくたちのリメイク3巻 「僕は未来で何度も見てきた。才能あふれる人が去っていくのを」
星明かりグラフィクス1巻 「ひねくれコンビの美大×デザイン×青春グラフィティ」
映像研には手を出すな!1巻 「夢と希望と創作意欲でエンドルフィンどっぱどぱな三人娘!」
萌えるSE残酷物語 なれる!SE16巻完結 「社内競合案件!工兵の選ぶキャリアは!」
ネット広告会社が舞台 彼女のいる彼氏1巻 「恋は、仕事は、明日はどっち!?」
地獄のデザイナーさん1巻 「ドSなデザイナー×新人編集者 ほのぼの社畜コメディ!」
重版出来!1巻 「編集者から書店員までのチーム戦!!! 出版業界騒然の胸熱ドラマ!!」

【関連リンク】
集英社 / 少年ジャンプ+ / Twitter
「左ききのエレン」1巻コミックス情報 / 連載ページ
「左ききのエレン」宣伝部Twitter
トレンド入り多数、話題沸騰 新時代のクリエイター群像劇が、驚きのリメイク連載
原作:かっぴー氏のTwitter / note
天才と凡人 アートとデザイン 正反対の二人を軸に織り成すクリエイター群像劇
cakes(ケイクス)「左ききのエレン」連載ページ
漫画:nifuni氏のTwitter / pixiv

「左ききのエレン」特集 かっぴー×nifuni対談
「左ききのエレン」リメイク版1巻発売、内定通知書もらえる採用試験も
「左ききのエレン」1巻 刊行記念【連載】田中泰延のエンタメ新党特別編
凡人の苦悩をリアルに描き出す「左ききのエレン」
“天才になれなかった人”へ向けた漫画「左ききのエレン」秘話
マンガ家かっぴーさんの創作の源は映画だった
絶賛される漫画「左ききのエレン」大人の心に響く伝え方は、ビジネス書で学んだ
「ヒットさせたいのは左ききのエレン」漫画家・かっぴーが語る、バズとヒットの違い
「左ききのエレン」1巻 刊行に寄せて

【感想リンク】
『左ききのエレン』が教えてくれる、正しい夢のあきらめ方。
僕は僕の人生を賭けて証明したいと思った。光を照らす側の存在の価値を
ある意味残酷で、共感出来る漫画だと感じました
本領発揮は次巻以降だろうが、それでも鮮烈なメッセージ性を伴った漫画
左ききのエレンを読んで熱くなってます。えぐえぐ泣きました
光一の未来は私の未来なのだと悟ってしまう。心が絞めつけられるようだ
左ききのエレン 1巻 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit