2017年12月06日

ゼロから文明を作り出すSFサバイバル Dr.STONE3巻 「石の世界に科学の灯が!?」

原作:稲垣理一郎 作画:Boichi「Dr.STONE」3巻 原作:稲垣理一郎氏&作画:Boichi氏のコミックス「Dr.STONE」3巻【AA】が4日に出てる。世界中の人々が石になってから数千年後の地球を舞台にし、裏表紙は『科学王国を興すための挑戦が始まる!』、オビは『石の世界についに科学の灯が!?前代未聞のSFサバイバル第3巻!』だった。
-


原作:稲垣理一郎 作画:Boichi「Dr.STONE」3巻
原作:稲垣理一郎氏&作画:Boichi氏のコミックス「Dr.STONE」3巻【AA】
「電気を作り出せ!! 石の世界に、ついに科学の灯が!?」

「私の名はコハク。どうやら私は君のことが、めっぽう好きになってしまったようだ」
「私の名はコハク。
どうやら私は君のことが、めっぽう好きになってしまったようだ」

「そのために科学の国を作んだよ」「科学?妖術のことか?」
「そのために科学の国を作んだよ」 「科学?妖術のことか?」
「とにかくまず、人手が要る!」 「なら私と一緒に来るといい」

「ようこそ、私の村へ――」
「ようこそ、私の村へ――」 「何人いんだここに・・・」 「たしか40!」 
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原1号店

原作:稲垣理一郎氏&作画:Boichi氏が週刊少年ジャンプで連載されているコミックス「Dr.STONE」3巻【AA】が4日に出てる。

『Dr.STONE』は、1巻発売時のコミックナタリーによると『知性派な高校生の千空とその友人で真っ直ぐな性格の大樹の2人を軸に描くSFサバイバル。ある日、2人は世界中の人々が石と化す謎の現象に巻き込まれてしまう。それから数千年後、石化から解かれ荒廃した世界で再会した2人はゼロから文明を作り上げることを決意する』(あらすじ&登場人物紹介)で、人間の圧倒的多数が死滅し、文明がなくなった地球を舞台にしたお話。

今回発売になった「Dr.STONE」3巻【AA】のオビ謳い文句は『電気を作り出せ!石の世界に、ついに科学の灯が!?超反響の"村編"堂々開幕!前代未聞のSFサバイバル待望の第3巻!』、新刊折込は『科学王国を造るため、千空が仲間をゲット!』で、第17話〜第25話と番外編を収録し、とら秋葉原店AのPOPは『物語は一気に急展開!大進歩!科学王国の幕開けとなるファーストステージへ!』になってた。

コハクの村にやってきた千空は村人たちを仲間にしようと目論む。手始めに科学対決を制し少年を助手にゲットした千空は、コハク姉の病を治そうと万能薬開発に乗り出す。科学王国を興すための挑戦が始まる!! 裏表紙

コミックス「Dr.STONE」3巻【AA】の感想には、マンガとかラノベ等の感想ブログさん『電気やラーメン、文明が蘇る様が段階的に丁寧に過程が描かれていて、日曜夜7時のあの番組が好きな俺としてはとてもテンションの上がる物語だった』、おりひらさん『毎度ながら熱いので、たまらんっすなぁ。新キャラたちは、どいつもこいつも良い味している、フラン☆Skinさん『子供だましではなく、しっかりと考察されているので大人が読んでも面白い』』などがある。

なお、カバー折り返しで、原作:稲垣理一郎氏は『原作者の僕は、一人じゃ何もできません。この漫画は、沢山の人の力を合わせて作られています。この巻から、千空も沢山の人と力を合わせて、いろんな物が作れるようになります』などを書かれている。

「Dr.STONE」3巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報

「(鉄は作れる!仲間さえ増やせれば…!)」

「発電機用の強力磁石ゲットォオオ!!」 「(この石の世界で発電?? マジか…!!)」

「"電気"の爆誕だ。唆るぜこれは…!!」

「マカライト、胆礬、
鋼玉(コランダム)!」
「人類の200万年は今、
全部――俺のここにある」
「怪しげな黒い砂が…!」
「鉄の時代の幕開けだ」
「(鉄を手に入れた!!)」
「(電光石火だ!!
まず銅を溶かす!)」
「人類は科学で
"夜"に勝ったんだよ」


【関連記事】
Dr.STONE1巻「地球から人類が消えて数千年。ゼロから文明を作り出すSF冒険譚!」

攻殻機動隊 ゴーストインザシェル コミックトリビュート 「豪華作家陣の魂が融合」
究極アンソロジー TRIGUN Multiple Bullets 「豪華作家陣の手により蘇る!!」

【関連リンク】
集英社 / 週刊少年ジャンプ / Twitter
「Dr.STONE」3巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報 / Twitter
原作:稲垣理一郎氏のTwitter
1&2巻よりちょっとだけ!分厚くお得になっております
作画:Boichi氏のホームページ / Twitter
Boichi - Wikipedia

【感想リンク】
石器時代に抗生物質や発電装置をつくるという、本作ならではの問題解決のプロセス
村編に突入し、登場人物は一気に誇張なしの10倍になったわけです!
前巻、箱根までの道のりで迷ったのも伏線だったとは…
クロムという、最高のイケメン科学使いが誕生しました
日曜夜7時のあの番組が好きな俺としてはとてもテンションの上がる物語
笑えるシーンがさらに増えてて凄い面白い
語彙力無いけど感想。鳥肌立った
好きな人はとことん好きな漫画やと思うわこれ!!
その飽くなき努力と探求心にワクワクが止まらない
新キャラたちは、どいつもこいつも良い味している
飯一つとってもまさに科学の積み重ねであると思い知った
科学教室から始まって、仲間集め、資材集め、サバイバルグルメ


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit