2017年12月10日

86―エイティシックス―Ep.3 「最高過ぎて完全燃焼した。めちゃくちゃ濃密なストーリー」

「86-エイティシックス-Ep.3 -ラン・スルー・ザ・バトルフロント-〈下〉」 電撃文庫12月新刊で、このライトノベルがすごい!2018新作1位&総合2位受賞された、安里アサト氏のライトノベル「86-エイティシックス-Ep.3」【AA】が9日に発売になった。裏表紙は『待望の《ギアーデ連邦編》後編!』で、狐月さんの感想『最高過ぎて完全燃焼した。めちゃくちゃ濃密なストーリー』などがある。
-

「86-エイティシックス-Ep.3 -ラン・スルー・ザ・バトルフロント-〈下〉」
ラノベ「86-エイティシックス-Ep.3 -ラン・スルー・ザ・バトルフロント-〈下〉」【AA】発売
「累計25万部突破の人気シリーズ、待望の第3弾登場!」

「少女は迫りくる敵を睨み、少年は己の生きる意味を問う。シンとレーナ――。互いの生死を知らぬまま、二人はそれぞれの戦場に立つ。そして、戦う」
「少女は迫りくる敵を睨み、少年は己の生きる意味を問う。シンとレーナ――。
互いの生死を知らぬまま、二人はそれぞれの戦場に立つ。そして、戦う」

「幼き娘も銃を取る。かつて愛した者に、別れを告げるために」
「幼き娘も銃を取る。かつて愛した者に、別れを告げるために」

「《ギアーデ連邦》西部戦線 戦域図」
「《ギアーデ連邦》西部戦線 戦域図」
とらのあな秋葉原店A
特典:4Pリーフレット
メロンブックス秋葉原1号店
特典:4Pリーフレット
ゲーマーズ本店
特典:4Pブックレット

電撃文庫12月新刊、安里アサト氏のライトノベル「86-エイティシックス-Ep.3 -ラン・スルー・ザ・バトルフロント-〈下〉」【AA】が9日に発売になった(イラスト:しらび氏&メカニックデザイン:I-IV氏)。

『86―エイティシックス―』は、第23回電撃小説大賞で大賞受賞された作品で、特設ページでは『2人は戦う。少女は“涙”と共に。少年は“死”と共に』を謳い、1巻発売時のZIN秋葉原店のPOPによると『自立型無人戦闘機を開発するも戦闘AI開発に失敗した共和国は悪魔の決断を下す。「人でないものを乗せればそれは無人機だ」と…』な、AIの代わりに戦わされる少年たちのお話(登場人物紹介)で、ヤングガンガンでのコミカライズも今冬開始予定みたい。

今回発売になった「86-エイティシックス-Ep.3」【AA】のオビ謳い文句は『「このライトノベルがすごい!2018」文庫部門新作1位&総合2位受賞!累計25万部突破の人気シリーズ、待望の第3弾登場!』で、裏表紙は『なぜ戦う。“死神”は。何のために。誰のために。待望のEp.3、《ギアーデ連邦編》後編登場!』になってた。

敵〈レギオン〉の電磁加速砲(レールガン)による数百キロ彼方からの攻撃は、シンのいたギアーデ連邦軍の前線に壊滅的被害を与え、レーナが残るサンマグノリア共和国の最終防衛線を吹き飛ばした。進退極まったギアーデ連邦軍は、1つの結論を出す。
それはシンたち「エイティシックス」の面々を《槍の穂先》(スピアヘッド)として、電磁加速砲搭載型〈レギオン〉の懐に――敵陣のド真ん中に突撃させるという、もはや作戦とは言えぬ作戦だった 書籍情報

ライトノベル「86-エイティシックス-Ep.3」【AA】の感想には、狐月さん『最高過ぎて完全燃焼した。めちゃくちゃ濃密なストーリーだったな』、泣き言 in ライトノベルさん『一巻のあのラストにようやく戻って来れたときは不覚にも泣きそうになってしまったよね』、まりもさん『正直1巻超えは難しいと心の何処かで思ってたけど、完全に吹っ飛ばされた気分。終盤からはヤバかったです』などがある。

なお、著者:安里アサト氏はあとがきで『今回の敵は、レールガン、オン、レールウェイアーティラリーです!現代の超長距離砲・レールガンと第二次大戦の超長距離砲・列車砲の夢の競演!…はい、すみません。やりたかっただけです』などを書かれている。

「86-エイティシックス-Ep.3」書籍情報

「零れたのは冷えた、
薄い笑みだった」
「わらわは、
また兄様を失いたくない」
「[モルフォ]電磁加速砲型」
「何やってるんだよ…ッ!」
「ひゃっ…!?」
「行きて帰ってくるつもりも
なかっただろうが!」
「死人は本来、
…何も望まないものだ」


【関連記事】
86―エイティシックス―Ep.2 「1巻を凌ぐほどの仕上がり。緊迫感が更に増して見事」
電撃小説大賞〈大賞〉受賞作 86―エイティシックス― 「帯の煽りに偽りのない傑作」

俺を好きなのはお前だけかよ7巻 「おっぱいタッチしたサザンカとチェリーとの二股」
青春デバッガーと恋する妄想♯拡散中「美少女隠れオタ、金髪レイヤー、腹黒ロリ」
お前(ら)ホントに異世界好きだよな 「異世界なんてフィクション!そう信じていた俺が」
電撃文庫 幼馴染の山吹さん 「青春の呪いを掛けられた幼馴染、試練の青春ラブコメ」
TVアニメ放送中のラノベ キノの旅21巻 「今回も面白かった。どのお話も素敵」
陰キャになりたい陽乃森さんStep1 「わかり合えない俺たちの異文化激突ラブコメ!」
ラノベ作家になりたくて震える 「ぼくのラノベを盗作してデビューした、幼馴染み美少女」
電撃文庫のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
KADOKAWA アスキー・メディアワークス / 電撃文庫 / ブログ / Twitter
「86-エイティシックス-Ep.3 -ラン・スルー・ザ・バトルフロント-〈下〉」書籍情報
「86―エイティシックス―」特設ページ
第23回電撃小説大賞 受賞作 特集サイト
イラスト:しらび氏のブログ「Life is free」 / Twitter / pixiv
メカニックデザイン:I-IV氏のTwitter / pixiv

無人機として戦う少年と指揮官の少女描く「86」マンガ版がYGで開幕(2018/02)

【感想リンク】
命を燃やすような極限の戦いの中で、彼が出会ったもの
今回は1巻の空白を埋める物語の完結編!とにかく凄かった。その一言につきます
レーナの真っ直ぐさと情熱は変わらず、いやあの時よりも眩しさを増していた
1巻のまさに裏返しのように彼を救う構造の美しさ
下巻は激しい戦況の傍らで、生きるという事に追いつめられていくシン
とうとうここまできたか、という印象
あの地獄からよくぞここまで辿り着いてくれた……けれど、まだ闘いは続く
最高過ぎて完全燃焼した。めちゃくちゃ濃密なストーリーだったな
最高だった件について。もう最高すぎて死ねます
終盤からは色んな感情がごっちゃ混ぜになってヤバかったです
これまでほとんど語られなかったシンの心の内が明らかに


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit