2017年12月17日

【コラム】日本列島、激震!大地が、身体が揺れ動く! 12月20日発売・18m級に巨大化したすーぱーそに子。綿貫ろん「巨大そに子の不便な日常」

原作:ニトロプラス 漫画:綿貫ろん「巨大そに子の不便な日常」 コミックゼノンWEBコミックぜにょん編集部のYです。【THE 他力本願コラム】第3回は、銀河で一番キュートな美少女が引き起こす、超弩級スペクタクル作品「巨大そに子の不便な日常」が 12月20日発売!一足早いXmasプレゼントと言っても過言ではないシーンの連続です…!!
-

今回は『このマンガがすごい!』でも活躍中のライター・奈良崎コロスケさんがお贈りいたします!


大きいことはいいことだ〜♪というキャッチフレーズで一世を風靡したのは半世紀前の某チョコレートのCMですが、美少女が巨人化するのも当然いいことですよね。

コミックス「巨大そに子の不便な日常」では、あのすーぱーそに子が巨人化しちゃいます!安心してください。進撃はしません!

原作:ニトロプラス 漫画:綿貫ろん「巨大そに子の不便な日常」
12月20日(水)発売の「巨大そに子の不便な日常」
原作:ニトロプラス 漫画:綿貫ろん

すーぱーそに子とは何者か?アキバBlogをご覧の皆さんならば、こんな前置きは必要ないとは思いますが、新規参入者のためにおさらいを。

彼女は、ガールズ・スリーピース・バンド「第一宇宙速度」のボーカル&ギターを務める18歳の女子大生。ニトロプラスのライブイベント「NITRO SUPER SONIC2006」のマスコットガールとして初お目見えしました。

その圧倒的キュートさで瞬時に人気者となったそに子は、音楽のみならず、グラビア、ゲーム、アニメなどメディアを問わずボーダーレスに大活躍!叶姉妹の美香様がツイッターで完璧なコスプレを披露し、大きな話題となったことも記憶に新しい。デビューから11年経った今もワールドワイドにファンを増やし続けている、まさにスーパーアイドルなのです。

物語は第一宇宙速度の夏フェス参戦が決定し、グラビアの仕事もガンガン入り、多忙を極めていたそに子が撮影スタジオで卒倒するところから幕を開けます。病院のベッドで安静にしたことですっかり回復したはずが、起き上がってみると全高18m級に巨大化していて……!?

吉祥寺を彷徨う巨大そに子。ガードをまたいだら大変なことになります

吉祥寺を闊歩する巨大な美少女に、ざわめく人々。とはいえ突然巨人が現れてもパニックにならず、民衆がすんなり受け入れてしまう平和な世界観。悲鳴を上げて逃げ出す人は皆無です。まぁ巨人といえど人間を食べたりするわけでもなく、おっとりした巨乳の美少女ですからね。

さすがにこの身体では何もできないのかと思いきや、そに子のお婆ちゃんはグラビアの仕事に行くように促し、マネージャーも「水着さえあれば、なんとかなる」と仰天の思考。そに子はそに子で「仕事先に迷惑がかかるから穴を開けたくない」と了承しちゃうのだ。呑気か!

巨人化しても仕事のことを一番に考えている健気なそに子

でもってさっそく巨大水着づくりの巻。採寸してみるとバスト962cm、ウエスト572cm、ヒップ871cmと見事なスーパーメリハリボディであります。

採寸も一苦労。そに子にとっては羞恥プレイの極み!

かくしてグラビアの仕事は無事クリアしたものの、問題はバンド活動のほう。すでに勝負の夏フェスまで2週間を切っており、事態は切迫。メンバーの富士見鈴(ベース)、綿抜フウリ(ドラム)は必ずそに子と一緒に出演するとハリキリますが、果たして参戦することはできるのか否か――。

バンドメンバーとの対比はこんな感じ。手のひらに乗せて移動できます

今のところ面積極小のビキニしか身に着けるものがない巨大そに子なので、ほぼ全編にわたってダイナマイトなボディがドーンと描写されるのが目に楽しい。なにせ巨大化しているので、ちょびっと移動するだけでも一苦労。実に“不便な日常”を強いられているのです。気を抜いて尻もちでもつけば、大量殺人にもつながりかねませんからね!(そに子の巨尻で圧死するなら本望という殿方もいらっしゃるかもしれませんが)。

だからして慎重に慎重に冷や汗をかきつつ、(基本的に露出度も多めなので)頬を赤らめつつ行動するそに子が、なんとも艶めかしい。また、一般人視点になると当然のようにアオリのアングルで巨大そに子に接することになる=太ももごしに広がる絶景が多々拝めてしまうのも眼福しきりです。

全編にわたってこんな素敵アングルのオンパレードが拝めます

このように本作最大の魅力は、ひとたび街へ出れば、360°全方位から人々の視線を浴び、意図せずしてセクシーポーズを披露するハメになり、何をやっても赤面してしまうそに子の“恥じらい”を微笑ましく堪能するところにあります。

また各部位のフェティッシュな描写が、一般サイズの人間と絡むことでより誇張され、普通の漫画ならまずお目にかかれないようなアングルが披露されることで、好事家の方々にも新たな発見をしていただける……という副産物もついてくるのです。

胸フェチさんも、尻フェチさんも、太ももフェチさんも、脚フェチさんも、全員満足すること請け合いですよ!

原作:ニトロプラス 漫画:綿貫ろん「巨大そに子の不便な日常」
「巨大そに子の不便な日常」 12月20日(水)発売
原作:ニトロプラス 漫画:綿貫ろん

すべてのフェチを満足させる、巨大そに子……。ぜひわが町にも来てほしいです!その夢が叶うまでは、マンガ読んでシミュレーションしとかないとですね!

それでは、また次回、12月31日にお会いしましょう!

コミックゼノンWEBコミックぜにょん編集部 Y / ライター:奈良崎コロスケさん


この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit