2018年01月11日

水上悟志短編集 放浪世界 「水上悟志SFの新たなる金字塔“虚無をゆく”を含む5作!」

水上悟志「放浪世界」水上悟志氏の短編集コミックス「放浪世界」【AA】が10日に発売になった。とら秋葉原店AのPOPで『双子の日常から頭上の宇宙人…異種なSF世界を旅する多彩短編集!』が付いていて、5編を収録し、オビ謳い文句は『話題騒然!水上悟志SFの新たなる金字塔!「虚無をゆく」収録!』だった。
-

水上悟志氏の短編集コミックス「放浪世界」
水上悟志氏の短編集コミックス「放浪世界」【AA】発売
「水上悟志SFの新たなる金字塔!“虚無をゆく”収録!!!」

虚無をゆく 「少年の頃、団地がこの世の全てだった。家があり公園があり、学校があり、家族が居て、友達が居て、おねいちゃんが居た」
虚無をゆく 「少年の頃、団地がこの世の全てだった。家があり公園があり
学校があり、家族が居て、友達が居て、おねいちゃんが居た」

「頭部に都市級団地型居住区を擁する超大型宇宙船・盤古」
「頭部に都市級団地型居住区を擁する超大型宇宙船・盤古」

「この宇宙船・盤古は、私の友人であるトラマド星人・サロの技術協力によって地球文明が生み出した宇宙最大の戦艦だ」
「この宇宙船・盤古は、私の友人であるトラマド星人・サロの技術協力によって
地球文明が生み出した宇宙最大の戦艦だ」
アニメイト秋葉原
とらのあな秋葉原店A
特典:クリアファイル
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

水上悟志氏のコミックス「水上悟志短編集 放浪世界」【AA】が、10日に発売になった。

「放浪世界」【AA】は、水上悟志氏の4冊目の短編集コミックスみたいで、水上悟志氏カバー折り返しで『漫画家生活も15年になり、短編集も今回で4冊目。もうこれ以上描きたいものなんて無い、と何度思ったことか。しかし描くと決めたら不思議と出てくるものです』などを書かれ、「竹屋敷姉妹、みやぶられる」・「まつりコネクション」・「今更ファンタジー」・「エニグマバイキング」・「虚無をゆく」の5編を収録し、収録各作品ごとに解説つき。

発売日のアキバでは、とら秋葉原店AのPOPが『双子の日常から頭上の宇宙人…異種なSF世界を旅する多彩短編集!』、裏表紙には同時発売のコミックス「二本松兄妹と木造渓谷の冒険」の告知もあり、オビ謳い文句は『話題騒然!水上悟志SFの新たなる金字塔!「虚無をゆく」収録!!』だった。

少年の頃、世界の全てだった団地...でもそこは...!!?出口も入口もない虚無の旅、その先に待つ衝撃の真実とは...。水上SFの新たなる金字塔「虚無をゆく」を含む全5作収録の待望短編集! コミックス情報

なお、短編集コミックス「放浪世界」【AA】の感想には、hikaさん『半分近くを占める「虚無をゆく」が強烈。冒頭に現れる、巨大な、絵が、絵が、物語の世界を一瞬で創り上げる。圧倒的な絵の力とSFの幸せな結びつきを見ることができる』、DAZSさん『ハチャメチャしっちゃかめっちゃか描かせたら水上さんの右に出るモン居らんな』、きのはら了さん『傑作長編を連発する水上悟志先生ですが、読切短編の素晴らしさを語らずしてなんとする、というくらいなので是非』などがある。

「水上悟志短編集 放浪世界」コミックス情報 / 水上悟志氏のTwitter

竹屋敷姉妹、みやぶられる 「私達は双子である。趣味も双子である」
竹屋敷姉妹、みやぶられる 「私達は双子である。趣味も双子である」

「私達 双子の究極目標は同一人物になることである」
「私達 双子の究極目標は同一人物になることである」

「二人ジェッ◯ストリームアタック破り!!」 「ぎゃ」

まつりコネクション 「どうやら“彼ら”は私にしか見えない」
「人間の頭の上に住んでいる“小さな宇宙人”達だ」
「ああああ 重くないけど
重い気がする」
エニグマバイキング
「おれ達“闇喰い”は
バケモノを食う商売だ」
「んがーっ ほっ ほふ」
「えいっ 隙ありっ
やったぁ捕まえたぞう」


【関連記事】
輪廻転生ファンタジー スピリットサークル3巻 「前世の因果が絡んできて面白い!」
スピリットサークル1巻 「本格的な輪廻転生ファンタジー。予想以上に面白い」
画像:小路啓之の遺作 「10歳かあさん」追悼特別寄稿 水上悟志
究極アンソロジー TRIGUN Multiple Bullets 水上悟志氏「砂の惑星の民」
ブラコンアンソロジー リキュール / 水上悟志氏「わにあに」
水上悟志のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
マッグガーデン / MAGCOMI / Twitter
「水上悟志短編集 放浪世界」コミックス情報 / 発売記念特集 / 購入者特典
水上悟志氏のブログ / 水上悟志氏のTwitter
久々の単行本、発売中でございます
水上悟志 - Wikipedia
水上悟志の和風バトルファンタジー&短編集が2冊同発、4月にはSF新連載が始動

短編集「放浪世界」発売記念特集。演出解説・水上悟志インタビュー

【感想リンク】
水上悟志短編集 放浪世界。日常系、SF、ファンタジー、時代もの…水上ワールド全開
SFと妖怪とノスタルジー「水上悟志短編集「放浪世界」」
いやもう、なんか本当に凄いです。ものごっつい作品でした
藤子・F・不二雄先生の「少し不思議」は受け継がれてる!短編集「放浪世界」は超傑作!
水上節が炸裂しています。ほかの先生では出せない水上風味があふれ出ている感じ
短編集ならではの、連載とは一風変わった雰囲気、 バラエティ豊かな作品たち
美味い白米を出す店に巡り会えた感動
全作品通してもまた素晴らしい短編集
良かった。双子姉妹のやつがかなりツボだった。続き読みたかった
やっぱり水上先生はすごい。今回のお話だと放浪世界の虚無をゆくがお気に入り
さすが、どの作品も素晴らしく面白かった。読んだ事のない作品があったのも嬉しい
小難しいこと考えずに純粋にエンタメとして楽しめる感じ
物語を閉じずにむしろ広い世界をチラ見せして終わる感じ、かなり好き。寂しくない感じ
最高に面白かった。待った甲斐があったなぁ。 今更ファンタジーが好き
ハチャメチャしっちゃかめっちゃか描かせたら水上さんの右に出るモン居らんな
読切短編の素晴らしさを語らずしてなんとする、というくらいなので是非読んで欲しい
「虚無をゆく」、何度読んでもすごいな
圧倒的な絵の力とSFの幸せな結びつきを見ることができる
水上悟志短編集「放浪世界」 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit