2018年01月24日

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女BD発売 「そして司波達也は伝説となる――」

「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」BD 「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」BD【AA】が23日に発売になった。特典には原作:佐島勤氏書き下ろし小説、ブックレット、キャラソンCDなどが付き、イントロダクションは『完全新作オリジナルストーリーで紡がれる新たなる物語。そして司波達也は伝説となる――』になってた。
-


「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」BD パッケージ裏面
パッケージ裏面

アニメイト秋葉原の特設コーナー
アニメイト秋葉原の特設コーナー



アニメイト秋葉原店頭ディスプレイ
アニメイト秋葉原店頭ディスプレイ

「アニメイト秋葉原へよく来てくれた」
「アニメイト秋葉原へよく来てくれた」

ゲーマーズ本店
ゲーマーズ本店

ゲーマーズ本店で発売記念パネル展を開催
ゲーマーズ本店 発売記念でパネル展を開催(2月4日まで)

ゲーマーズ本店で発売記念店頭抽選会
ゲーマーズ本店 発売記念店頭抽選会(28日まで)

店頭抽選会の景品 キャラクターデザイン・石田可奈氏直筆サイン入り色紙など
店頭抽選会の景品 キャラクターデザイン・石田可奈氏直筆サイン入り色紙など

ゲーマーズ本店の壁面広告
ゲーマーズ本店の壁面広告

「そして司波達也は、伝説となる――」
「そして司波達也は、伝説となる――」

ソフマップAM館
ソフマップAM館

とらのあな秋葉原店B
とらのあな秋葉原店B



ラムタラ秋葉原
ソフマップ
サブカルモバイル館
ムーラン

「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」BD【AA】が23日に発売になった。

『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』は、2014年にTVアニメ化した電撃文庫のラノベ「魔法科高校の劣等生」の劇場版で、2017年6月に公開され、映画ナタリーによると『魔法が技術として確立された世界を舞台にしたSFファンタジー。劇場版では司波達也・深雪兄妹と学友たちが春休みを利用し、バカンスに行くというオリジナルストーリー』とのことで、イントロダクションは『完全新作オリジナルストーリーで紡がれる新たなる物語。そして司波達也は伝説となる――』になってた。

今回発売になった「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」BD【AA】には、映画本編と映像特典「公開直前特番百獣の王・武井壮VS最強のイレギュラー・司波達也」、音声特典:オーディオコメンタリーなどを収録し、特典には原作:佐島勤氏書き下ろし小説、ブックレット、キャラクターソングCDなどが付いていて、原作:佐島勤氏書き下ろし小説「ノベライズ版 星を呼ぶ少女」は、公式Twitterによると『電撃文庫換算で約300ページ強の大ボリューム!』とのこと。

季節は過ぎ、もうすぐ二度目の春――。劣等生の兄と、優等生の妹。ふたりの魔法科高校での生活は、その一学年目を終えようとしていた。
達也、そして深雪たちは春休みを利用して、小笠原諸島のとある別荘へと休暇に訪れていた。束の間の休息に羽根を伸ばす達也たち。しかし、そんな達也たちの前にひとりの少女"九亜"が現れる。海軍基地から脱走してきたその少女は達也にひとつの願いを告げる―― ストーリー

ちなみに、ブックレットでの吉田りさこ監督インタビューでは『魔法科には複雑な魔法の理論がありますが、TVシリーズを経験したベテランの方々に担当してもらえたのは非常にありがたかったです』・『「さすがです…お兄様」のセリフは、早見沙織さんの、これしかないという素晴らしいニュアンスの芝居に感激しました」』などを語られている。

なお、「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」BD【AA】の劇場公開時の感想には、大炎上さん『観終えて「さすがです お兄さま」と誰もが思うことでしょう』、聖悠学館さん『もはや細かい話はしません。そして観終わったあとはこう言いましょう。\流石です!お兄様!/』、部頼安明さん『TVアニメを観たことも全くなく、ヒロインがお兄ちゃんのことが大好き、ということしか予備知識がなかったが、大変面白かった』などがあった。

「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」BD製品情報


キャラクターデザイン・総作画監督:石田可奈氏描き下ろしジャケット
キャラクターデザイン・総作画監督:石田可奈氏描き下ろしジャケット



本編ディスク
本編ディスク

特典ディスク
特典ディスク

特製ブックレット
特製ブックレット

各パート解説
各パート解説

「ミーティアライト・フォール、発動」
「ミーティアライト・フォール、発動」

「わかった。なんとかしよう」
「わかった。なんとかしよう」

「ヘヴィ・メタル・バースト発動!」

「ヘヴィ・メタル・バースト発動!」
「さすがです…お兄様」

吉田りさこ監督インタビュー
吉田りさこ監督インタビュー

キャラクターデザイン:石田可奈氏×CADデザイン&サブキャラクターデザイン:ジミー・ストーン氏対談
キャラクターデザイン:石田可奈氏×
CADデザイン&サブキャラクターデザイン:ジミー・ストーン氏対談

「教えて!佐島先生!劇場版」
「教えて!佐島先生!劇場版」

原作:佐島勤氏書き下ろし・ノベライズ版「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」
原作:佐島勤氏書き下ろし小説
ノベライズ版「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」

「小説は電撃文庫換算で約300ページ強の大ボリューム!」
公式Twitter「小説は電撃文庫換算で約300ページ強の大ボリューム!」

「ほら、お土産、たくさん買ってきたんです」
「ほら、お土産、たくさん買ってきたんです」

「今まで入らなかった分、お風呂を楽しまなきゃだね」
「今まで入らなかった分、お風呂を楽しまなきゃだね」



【関連記事】
アニメ魔法科高校の劣等生ノ全テ 「最強の兄と妹の一年の軌跡」 初の公式ガイド本
「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」公開初日 コラボおにぎり売り切れる
魔法科高校の劣等生 Ice Cream Paradise! 「セクシーショット盛りだくさん!」
コミカライズ 魔法科高校の劣等生 夏休み編1巻 「ほのか熱烈アプローチ!?」
魔法科高校の劣等生 BD1巻(入学編1)発売 「ブックレットは32P、解説だらけ」
アニメ「ブラック・ブレット」×「魔法科高校の劣等生」合同展示会開催
アニメイト、ゲーマーズ、ソフマップで「魔法科高校の劣等生」ポスタージャック
コミックス魔法科高校の劣等生<入学編>4巻 「無双系主人公気持ちいいな!」
コミック版 魔法科高校の劣等生 2巻 「相変わらず良コミカライズ」
コミック版 魔法科高校の劣等生1巻 「漫画で動いてるのがいい感じです」
魔法科高校の劣等生2巻 「ますます達也の無双っぷりが際立つ内容が、とても爽快」
WEB小説の書籍化 ライトノベル「魔法科高校の劣等生」が面白いみたい
魔法科高校の劣等生のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」公式サイト / Twitter
「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」BD製品情報
振り返り動画全3本、特典小説冒頭22Pも公式HPにて公開中!
小説は電撃文庫換算で約300ページ強の大ボリューム!
【BD.DVD.サントラ関連まとめ】
「魔法科高校の劣等生」電撃文庫公式サイト / Twitter
魔法科高校の劣等生 - Wikipedia
佐島勤 - Wikipedia
ゲーマーズ本店:Blu-ray・DVD発売記念 店頭抽選会 / パネル展

アニメBD/DVDウィークリー「劇場版さすおに」3万枚
「劇場版 魔法科高校の劣等生」興収5億円を突破(2017/07)
『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』舞台挨拶をレポート(2017/06)
「劇場版 魔法科高校の劣等生」 お兄様が無双 盛りだくさんで取捨選択に苦労
さすがです、お兄様!中村悠一や早見沙織が「魔法科高校の劣等生」公開を祝福

【感想リンク】
お風呂シーンでほのかちゃんが乳首をお披露目しちゃってます
入浴シーンそれなり長め。美月の巨乳ぶりに雫が背を向けるところも かわいいー(以下劇場公開時)
原作読んでる人は文句なく楽しめると思うので観に行って損なし
観終わったあとはこう言いましょう。\流石です!お兄様!/
王道だけど面白い感じでした。でも、地球や宇宙規模になるとは思わなかった・・・w
原作の来訪者編の設定を強引に持ってきて作った新作といったかんじ
本作は少し肩透かしなところがあったのもまた事実
アニメで見ていた人はとりあえず1回でいいから見に行ってみたほうが絶対いいよ
魔法科高校の劣等生ファンは絶対見た方がいいです!
戦闘シーンなど、魔法を使うシーンがかっこよすぎて何回も鳥肌立ちましたね
各キャラにもちゃんと見所がありますので非常にすばらな劇場版だと思いました
劇場版と考えずにTV版のおまけみたいな感じで見るといいかもしれません
アニメしか観てない人はついていけないのでは…個人的には十分満足の行く内容だった
話の構成が微妙なのとお兄様が強すぎて、 はらはらドキドキしない(笑)
シリーズアニメや小説まだ見たことがない方々にはちょっとキツイですが、一応お勧め
情報量の多さや、お風呂シーン湯気少な目で満足!BDで追加されませんかね?
落としどころはきちんと落とすので、見終えた後の満足感は、かなり高かったのよなー
予備知識がなかったが、大変面白かった。これは劇場版の名にふさわしい
やっぱり劇場版の良いね!大スクリーンで観る前提で作られてるから迫力が違う!
映像も良かったし戦闘シーンも動き良かったし満足ですよ
いい意味で、スッと入って何も残らない爽やかな映画でした
サービスカットあり、カッコ良い場面もあり、とても楽しかったです♪
SAOは劇場版らしい特別編で、劣等生は原作と地続きの2時間番組な感じかな


この記事はよもやま カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit