2018年03月07日

連続爆破殺人事件を追うオカルト雑誌記者 ネメシスコール1巻 「犯人は“宇宙人”」

にんじゃむ&森田和彦 「ネメシスコール」1巻 原作:にんじゃむ氏&漫画:森田和彦氏のコミックス「ネメシスコール」1巻【AA】が6日に発売になった。コミックナタリーによると『元刑事のオカルト雑誌記者が、ライフル射撃で全国1位の女子高生、新米刑事とともに連続爆殺事件の謎を追う』 で、裏表紙は『連続殺人事件の犯人は――"宇宙人"』だった。
-

原作:にんじゃむ氏&漫画:森田和彦氏のコミックス「ネメシスコール」1巻
原作:にんじゃむ氏&漫画:森田和彦氏のコミックス「ネメシスコール」1巻【AA】発売
「犯人は宇宙人。あとは逮捕する…だけ…?」

「被害者は松岡慶介16歳、また八木沢高校の生徒か」 「これで3人目ですか…」
「被害者は松岡慶介16歳、また八木沢高校の生徒か」
「これで3人目ですか…」

「つまり、この事件の犯人は――宇宙人だ!!」
「つまり、この事件の犯人は――宇宙人だ!!」

「ここ狭いんだもん…」
「ここ狭いんだもん…」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
アニメイト秋葉原

原作:にんじゃむ氏&漫画:森田和彦氏が週刊ヤングマガジンで連載されているコミックス「ネメシスコール」1巻【AA】が、6日に発売になった。

『ネメシスコール』は、コミックナタリーによると『元刑事のオカルト雑誌記者・小栗が、ライフル射撃で全国1位の実力を持つ女子高生・ちとせ、新米刑事の辻とともに連続爆殺事件の謎を追うオカルトサスペンス。ちとせと同じ高校の男子が、謎の連続爆殺事件で亡くなった。動機や凶器など、犯人に繋がる証拠がない中、小栗は難事件の解決に挑むが、犯人を追った先にいたのは人間ではない謎の生き物で…』というお話。

今回発売になった「ネメシスコール」1巻【AA】には、第1話から第7話を収録し、オビ謳い文句は『犯人は宇宙人。あとは逮捕する…だけ…?』、裏表紙は『犯人は人間じゃないから気をつけろ。戦い方はアイディア勝負』で、とら秋葉原店AのPOPは『八木沢高校に起こる連続殺人事件――。元刑事のオカルト記者が断定する「犯人は宇宙人!!」。ウソのようで真の展開へと進む、常識破りのSFサスペンス!』が付いていた。

八木沢高校を襲った連続殺人事件の犯人は――“宇宙人”
動機・凶器・犯人に繋がる証拠も皆無の難事件解決に名乗り出たのはキレ者オカルト雑誌記者・小栗。誰もがバカにする中で、全国1位のスナイパーJKちとせと、ヤル気だけは一人前のおマヌケ新米刑事・辻とともに操作を開始する!奇才×新鋭タッグが紡ぎだす、予測不可能オカルト×サスペンス発動!! 裏表紙

なお、「ネメシスコール」1巻【AA】の感想には、ぶくぶくちゃがまぐちのおすすめ漫画道さん『ちょっと普段と違う刑事モノですね。なにが違うかというと・・・宇宙人的な存在がでてきます。えっまじで?みたいに思った人は、マジなので是非見てください』、3階の者だ!!さん『宇宙人(仮)は何なのか?その目的は?正体は見えないまま、恐ろしさが加速していく』などがある。

「ネメシスコール」1巻コミックス情報 / 原作:にんじゃむ氏のTwitter

「こういう事件が起きるのを待ってたよ、ずっとな」

肉眼だと見えないが、赤外線暗視装置だと見える
「ヒエッ…ほ…本物…」

「えー…地球のみなさまはじめまして…」 「何あれ?」 「気ぐるみ?」

「お前の家に隠しカメラを
仕掛けよう、うまくいけば
犯人の顔が拝める」
「赤外線に映るってことは…
目には見えなくても、
体温はあるらしい」
「インクが消える前に
撃てばいいんだね?」
「なんだその特大冷蔵庫!?編集部に置く気!?」
「わ〜…私たちは…
地球の外から来ました…」
「要求を無視した場合…
我々に敵対したとみなし…
み…皆殺しです」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit