2018年05月10日

怪物王女ナイトメア1巻 「チェーンソーを輝かせ、怪物の姫君がいま再び還ってくる」

光永康則「怪物王女ナイトメア」1巻 光永康則氏のコミックス「怪物王女ナイトメア」1巻【AA】が9日に発売になった。オビ謳い文句は『光永康則の代表作、新シリーズ開幕!』で、折込チラシは『黒衣の裾を翻し、電動の刃を輝かせ、人造人間・人狼・吸血鬼、そして血の戦士を従えて…。あの怪物の姫君が、いま再び還ってくる!』だった。
-

光永康則氏のコミックス「怪物王女ナイトメア」1巻
光永康則氏のコミックス「怪物王女ナイトメア」1巻【AA】発売
「新シリーズ開幕!完全新作!怪物を統べる姫の活躍が、いま再び!」

「血の一滴は、生命の雫」 ポタッ
「あれ…?車に轢かれて…それで…、何これ、空気が煙みたいな…」
「血の一滴は、生命の雫」 ポタッ
「あれ…?車に轢かれて…それで…、何これ、空気が煙みたいな…」

「君は…誰?」 「あ?お前こそ誰だよ、人間」
「君は…誰?」 「あ?お前こそ誰だよ、人間」

プツッ 「見えざる糸(テグス)か」
プツッ 「見えざる糸(テグス)か」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド

光永康則氏_が、月刊少年シリウスで連載されているコミックス「怪物王女ナイトメア」1巻【AA】が9日に発売になった。

『怪物王女ナイトメア』は、光永康則氏が2005年〜2013年に連載されていたコミックス「怪物王女」(全20巻)の新シリーズで、「怪物王女ナイトメア」1巻【AA】の裏表紙は『少年ヒロは目を覚ますと、見知らぬ異形の一団と共にいた。人狼・吸血鬼・人造人間、そして“姫”。ヒロは姫に仕えし戦士だと聞かされる。悪い夢を見ているような混乱の中、怪物どもが起こす事件にヒロは“再び”巻き込まれる』になってた。

今回発売になった「怪物王女ナイトメア」1巻【AA】には第1話から第4話を収録し、オビ謳い文句は『光永康則の代表作、新シリーズ開幕!完全新作!怪物を統べる姫の活躍が、いま再び!』、折込チラシは『再び語ろう。怪物たちの、そして彼らを統べる“姫”の物語を…!』で、販促POP『人気シリーズ完全新作!』だった。

黒衣の裾を翻し、電動の刃(チェーンソー)を輝かせ、人造人間・人狼・吸血鬼、そして血の戦士を従えて…。あの怪物の姫君が、いま再び還ってくる!光永康則の代表作『怪物王女』の新シリーズ、開幕! 折込チラシ

なお、「怪物王女ナイトメア」1巻【AA】の感想には、mnagawaさん『懐かしいというか、あの独特の雰囲気が蘇って楽しめるのは個人的に嬉しい。ケルベロッテちゃんまで同じなんだから』、コリエルさん『続編ともパラレルワールドともつかない何となくの新シリーズ(ルパンや鬼太郎的な)といった趣らしい』、アーリオ オーリオさん『相変わらずの不気味で不思議な世界観&バイオレンス。血気はやるリザ、ひょうひょうとした令裡、チェーンソー大好きな姫。これまたいつも通りに姫の盾になって死んでしまうヒロのパターンが懐かしいですね』などがある。

「怪物王女ナイトメア」1巻コミックス情報 / 光永康則氏のTwitter

「私か?わからんが、おそらく、高貴な身分だったのだろうな」

「血の戦士だ、王族の血を一滴でも飲んだものは、半不死身となる」

「せいぜい懸命に仕えるがよい、一生…な」

「お前は王族の血を飲んだ、半不死身の戦士だ」
「(僕は、この女性の下僕になっているらしいんだ――)」
「オオオオオオ」
「役に立ってもらうぞ、
血の戦士」
「何これ… こんなものがいるなんて…!」
「この者どもには王国への
送還と、蟄居を命じた」


【関連記事】
光永康則×いのまる 玉キック1巻 「美人探偵が行く先々でお色気満載な事が発生」
アヴァルト2巻 「1万年後の現実世界、電子の神が支配するサバイバルゲーム!」
アヴァルト1巻 「狂気の世界に君臨する、虚構の神々。予測不能のダークファンタジー」
光永康則 / カコとニセ探偵1巻 「少年探偵と地縛霊の異能ミステリー!」
原作:光永康則 まじカライズ1巻 「オッパイがイッパイの魔法少女育成コミック!」
「開発されては何度も処女に戻されまた開発される紅莉栖のシュタゲ本」
「"怪物王女"光永康則先生原作!デーモン72。悪魔は例外なく殺す」
巨乳巫女 シンバシノミコ2巻 ( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!
チアチア 「ふくよかなふとももと、チラっと見えるパンツ…もう何もかもが最高だ!」
光永康則のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
講談社 / 月刊少年シリウス / Twitter
「怪物王女ナイトメア」1巻コミックス情報 / 作品情報
あの怪物の姫君が、いま再び還ってくる!
光永康則氏のTwitter
光永康則 - Wikipedia
月刊少年シリウス編集部コラム:完全新作にて完全復活したあの伝説的タイトル!
怪物を統べる姫君の活躍再び、光永康則「怪物王女ナイトメア」1巻

コミックス「怪物王女」既刊一覧
TVアニメ「怪物王女」公式ページ
怪物王女 - Wikipedia

【感想リンク】
相変わらずの不気味で不思議な世界観&バイオレンス
記憶を失った彼らは怪物たちの事件に巻き込まれていく
巻末の描き下ろし漫画で色々意味深なことが書かれてたので、さらに謎は深まったぞ
続編ともパラレルワールドともつかない何となくの新シリーズ
あの独特の雰囲気が蘇って楽しめるのは個人的に嬉しい
まるで本シリーズでよくある記憶喪失系エピソードのようである
「怪物王女ナイトメア」1巻 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit