2018年05月15日

ばけもの茶処いらっしゃいませ。 「限界集落JK×人外×和カフェコメディ!」

おやまだみむ「ばけもの茶処いらっしゃいませ。」 おやまだみむ氏のコミックス「ばけもの茶処いらっしゃいませ。」【AA】が14日に発売になった。コミックス情報は『限界集落でおばあの茶屋を手伝うJK・ひな子。お客さんはヒト以外ばかりで…?』で、オビ謳い文句は『人外×カフェ、始めました!限界集落JKが繰り広げる和カフェ摩訶不思議コメディ!』だった。
-

おやまだみむ「ばけもの茶処いらっしゃいませ。」
おやまだみむ氏のコミックス「ばけもの茶処いらっしゃいませ。」【AA】発売
「人外×カフェ(茶屋)、始めました!」

限界集落で暮らすJK・仮山田ひな子「(田舎でおばあの茶屋…じゃなくてカフェの看板娘をやってます!)」
JK・仮山田ひな子 「(人梨村という絵に描いたような限界集落で暮らしています
おばあの茶屋…じゃなくてカフェの看板娘をやってます!)」

「(私は早くこんな村を出て、都会のオシャレなカフェで働きたいのだ!)いらっしゃいませー」
「(私は早くこんな村を出て、都会のオシャレなカフェで働きたいのだ!)
いらっしゃいませー」

客はカッパ「(ですよねー)こちらにどうぞ…」
お客さんはカッパ 「こっ、こちらにどうぞ…」 「どうも」
アニメイト秋葉原
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

おやまだみむ氏がマグコミで連載されていたコミックス「ばけもの茶処いらっしゃいませ。」【AA】が14日に発売になった。

『ばけもの茶処いらっしゃいませ。』は田舎にある茶屋を舞台しに、作品情報によると『限界集落・人梨村に暮らす女子高生・仮山田ひな子は、オシャレなカフェで働くのを夢見る女の子。おばあの営むオシャレとはほど遠い茶処で店の手伝いに明け暮れる毎日だが、その茶処に集う客達はほとんどが人外で…!?』というお話。

コミックス「ばけもの茶処いらっしゃいませ。」【AA】には、第1話「お客様が人外です。」〜最終話(第9話)「お客様は神様です。」と、おまけ漫画「もしひな子が男子だったら検証」を収録(目次)し、裏表紙は『限界集落・人梨村。意外に賑わう茶屋の客はヒト以外だらけで…?』、オビ謳い文句は『人外×カフェ、始めました!限界集落女子高生が繰り広げる和カフェ摩訶不思議コメディ!』になってた。

限界集落でおばあの茶屋を手伝う女子高生・ひな子の夢はお洒落なカフェで働く事。でも店に来るお客さんはヒト以外ばかりで…? 古民家喫茶で繰り広げられる和カフェ人外コメディ! コミックス情報

コミックス「ばけもの茶処いらっしゃいませ。」【AA】のレビュウザさんの感想は『人と人外の境界が曖昧な村にある小さな茶処の日常を描いた作品です。〜日常系マンガがお好きな方ならきっと気に入る作品だと思います。現代風でちょっとマヌケな妖怪たちと人間との関わりは見ていて幸せな気分になります』などを書かれている。

なお、作者:おやまだみむ氏あとがきで『女の子の可愛らしさを研究しながらの9か月でした…〜初めて描くものも多く、描いてる時は苦労続きでしたが楽しんで頂けると嬉しいです!』や、カバー折り返しで『おばあやふくらむモチや妖怪達、限界集落の風景なんかも見てくださると嬉しいです。あと縁側の屋根の内側の天井とかも…』などを書かれている。

「ばけもの茶処いらっしゃいませ。」コミックス情報 / 作品情報

「ぜんざいに、あんみつ、大判焼き」 「おはぎが特にうまいね、おばあ!」

「某は近くのお山に住まう烏天狗。人の村の過疎化や信仰の減少で
供え物の数が減り、困り果てておるのだ」

「これだけいっぱいあったら、喜んでくれるよね。大僧正坊様」

「どうしようモチ!
都会の女性だわ!!」
「私、雪女なんです…!」
「雪…女…?」
「チェーっス!」「!?チャラ男…!?ってやつよね?」
「十分かわいいよ。それ以上可愛くなってどうするの?」
「(私の一日はこの一杯の
コーヒーで始まる)」
「うちはオシャレカフェ!
お客さん大歓迎ですっ」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit