2018年05月16日

鈴木小波のセルフ同人誌 ホクサイと網走さえ行けば 「冬の網走へ現地集合旅行本」

サークルパコキリン「ホクサイと網走さえ行けば」 鈴木小波氏(サークルパコキリン)のコミティア124新刊・セルフ同人誌『ホクサイと網走さえ行けば』がZIN秋葉原店に入荷してる。表紙裏表紙は旅行ガイドブック風で、サークルさんのコメントでは『冬の網走へ現地集合旅行本。網走監獄、臭い飯、網走グルメ、ロシアからくる流氷の事』とのこと。
-

サークルパコキリン「ホクサイと網走さえ行けば」
鈴木小波氏(サークルパコキリン)のセルフ同人誌 「ホクサイと網走さえ行けば」

「北海道・網走はとても北、すごく北。時は2月下旬、気温最高氷点下5度、最低氷点下12度」
「北海道・網走はとても北、すごく北。
時は2月下旬、気温最高氷点下5度、最低氷点下12度」

「極寒装備・ヒートテック兄弟、はるカイロ、モコモココート、ニット帽ダブル、巻きスカート、スノウブーツ」
「極寒装備・ヒートテック兄弟、はるカイロ、モコモココート、
ニット帽ダブル、巻きスカート、スノウブーツ」

網走監獄博物館 網走駅からバスで10分
網走監獄博物館 網走駅からバスで10分

サークルパコキリン(鈴木小波氏)のコミティア124新刊・セルフ同人誌『ホクサイと網走さえ行けば』が、COMIC ZIN秋葉原店に入荷してる(とらのあな・メロンブックスへの委託もあるみたい)。

元になっている鈴木小波氏のコミックス『ホクサイと飯さえあれば』は、作品情報が『大学進学のため上京した山田ブンが、愛するぬいぐるみ(?)ホクサイと共に、東京・北千住の町でアイディア満載のレシピで美味しいご馳走作ります!』というお話で、コミティア124新刊の同人誌『ホクサイと網走さえ行けば』では、ブン&ホクサイ&飛田さん(仮)が北海道・網走を旅行するお話で、鈴木小波氏が実際に今年(2018年)2月に網走に行かれた時のことを元に描かれているセルフ同人誌&旅行本。

サークルさんのコメントは『52頁でお送りする冬の網走へ現地集合旅行本です。網走監獄、臭い飯、網走グルメ、ロシアからくる流氷の事』で、作中には網走監獄博物館流氷ウォーキング流氷観光船・網走の山を歩くスノーアドベンチャーのレポートや、ご当地スーパー、穴場のレストランなどのグルメも登場し、表紙裏表紙の装丁は旅行ガイドブック風になってた。

また、メロンブックス・とらのあなへの委託もあるみたいで、とら通販の紹介は『極寒の網走で、心が折れるような流水ウォークや、流氷館で−15度体験をしたりと網走を心行くまで堪能している内容となっています!他にも北海道の発展とは切っても切り離せない網走監獄のレポートや、極寒を移動する際の服装についても詳しく乗っており、読み応えのある作品』などなど。

なお、同人誌『ホクサイと網走さえ行けば』の感想には、竹崎伸司さん『何処でも面白いもの・美味しいものを見つけるブンちゃんの本領発揮!見開きの網走監獄内部の画の静かな迫力、現地スーパー事情、某ゴールデンカムイへの密かな対抗心など』、ライムさん『のんびりできる網走のカフェとかの様子の他に網走監獄の様子と監獄の置かれた経緯を書かれていた』、ギムさん『旅行ガイド本っぽい表紙が素敵。マンガ中にも旅行レポート的なページがあって楽しい』、らくさん『網走行ってみたさが沸々と』などがある。

鈴木小波氏(サークルパコキリン)のTwitter / pixiv

網走着「気温氷点下5度!」
「やったー寒い!」
網走監獄博物館
懲罰房・詰所
「これも流氷だよー」「(海が凍ったっていってたよね?)」
「流氷観光船おーろら号。流氷をバリバリするだけの船」
スノーアドベンチャー「つまり網走の山を歩くのでござる」
オホーツク流氷館のエゾ鹿
メンチカツバーガー&牛乳


【関連記事】
2014年:鈴木小波のセルフ同人誌「ホクサイと飯 おかわり」 単行本未収録話など
2013年:鈴木小波/ホクサイと飯 「食べる事に超ポジティブな漫画家料理漫画!」

新装版 ホクサイと飯 「同人誌版の"ホクサイと飯おかわり"を収録した完全新装版」
TVドラマ化 ホクサイと飯さえあれば4巻 「今日も美味しいごはんのために生きている」
鈴木小波 / ホクサイと飯さえあれば2巻 「今回もブンさんは食欲旺盛で自炊欲旺」
ホクサイと飯さえあれば1巻 「笑えて、沁みて、温まる。ほっこり自炊マンガ」
ホクサイと飯のニュース - アキバBlog

映画化決定 燐寸少女3巻 「妄想を具現化するマッチが照らし出すウラ側――」
魔女の箱庭と魔女の蟲籠 「ブラックユーモアにファニー、振り幅の広い短編集」
妄想を具現化できるマッチ 燐寸少女2巻 「ザワめく、ザワつく、珠玉の妄想」
妄想を具現化するマッチ 燐寸少女 「イケない妄想に火を灯しましょう」
鈴木小波の短編集 出落ちガール「1冊まるごと出落ちだらけ!」
痛みを感じない少女と不死人のオカルトファンタジー 「ヤオツクモ」1巻
「セカイのミカタ」1巻 異世界人とのトラブルに対処する異界管理局
鈴木小波のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
鈴木小波氏のTwitter / pixiv / Tumblr
コミティア124新刊「ホクサイと網走さえ行けば」サンプル(pixiv)
羽田空港のモーニングプレート
川も凍ってる網走です
近くにいいスーパーがあったからいろいろ買ってしまった
おいでませ!網走監獄
現地集合旅楽しいよ
薪ストーブの前で食べるアイスクリーム至福でした
網走の男専ロマン書房
COMIC ZIN通販「ホクサイと網走さえ行けば」
とらのあな通販「ホクサイと網走さえ行けば」
メロンブックス通販「ホクサイと網走さえ行けば」

網走市 - Wikipedia
網走市公式サイト - 豊かなオホーツクに活気みなぎるまち
博物館 網走監獄 公式サイト
網走流氷観光砕氷船 おーろら 公式ホームページ
流氷とオホーツク海の観光施設なら|オホーツク流氷館

【感想リンク】
見開きの網走監獄内部の画の静かな迫力、現地スーパー事情など
網走のカフェとかの様子の他に網走監獄の様子と監獄の置かれた経緯
旅行ガイド本っぽい表紙が素敵。マンガ中にも旅行レポート的なページがあって楽しい
網走行ってみたさが沸々と 流氷は一度見てみたいものだなぁ
食べ物ページがかわいい
旅先の非日常感・異世界感わかるなあ…
ブンちゃんかわいい、北海道寒そう、民族衣装かわいい、網走寒そう
網走がこんなに楽しいとは思いませんでした。今度行ってみます
網走の魅力が満載な内容でとても楽しく読めました


この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit