2018年06月14日

西尾維新×大暮維人 コミカライズ化物語1巻 「新しく、今巻き起こる〈物語!〉」

原作:西尾維新&漫画:大暮維人 「化物語」1巻特装版 西尾維新氏の小説を大暮維人氏がコミカライズされているコミックス「化物語」1巻特装版【AA】がアキバでは13日に発売になった。裏表紙は『戦場ヶ原ひたぎ。彼女の体には―体重がなかった。1匹の“蟹”に行き遭い体重を根こそぎ持っていかれていた』、BOX謳い文句は『新しく、今巻き起こる〈物語!〉』。
-

原作:西尾維新氏&漫画:大暮維人氏のコミックス「化物語」1巻特装版
原作:西尾維新氏&漫画:大暮維人氏のコミックス「化物語」1巻特装版【AA】発売 
講談社BOX仕様 「新しく、今巻き起こる〈物語!〉」

「おしりが痛いわ、じんじんする、スカートにも皺が寄っちゃったし」 「僕の責任じゃない」
「おしりが痛いわ、じんじんする、スカートにも皺が寄っちゃったし」
「僕の責任じゃない」

「私の体は案外、法を犯してまで手に入れるほどの価値はないかもしれないわよ?<br>具体的に言えばね、阿良々木くんが下劣な本性をむき出しにして、こんな人気のない所に連れ込んで<br>私を強姦しようというのなら」
「私の体は案外、法を犯してまで手に入れるほどの価値はないかもしれないわよ? 阿良々木くんが下劣な本性をむき出しにして、 こんな人気のない所に連れ込んで、私を強姦しようというのなら」

「(こっ…こいつの服には、四次元ポケットでもついてるのか?)」
「(こっ…こいつの服には、四次元ポケットでもついてるのか?)」
アニメイト秋葉原
メロンブックス秋葉原1号店
ゲーマーズ本店

西尾維新氏の小説を大暮維人氏がコミカライズされ、週刊少年マガジンで連載されているコミックス「化物語」1巻特装版【AA】が、アキバでは13日に発売になった(公式発売日は15日、通常版は15日発売)。

漫画『化物語』は、西尾維新氏の小説〈物語〉シリーズのコミカライズで、コミックナタリーによると『西尾の小説〈物語〉シリーズの第1作目を原作としたコミカライズ作品。とある田舎町の男子高校生・阿良々木暦と、彼に出会った少女たちが描かれる』とのこと。

今回発売になった「化物語」1巻特装版【AA】には本編のほか、雑誌掲載時のカラーページ、西尾維新氏の書き下ろし短編「ひたぎディッシュ」、大暮維人氏の描き下ろし「化“者”語」を収録し、ゲスト寄稿のイラストカード付きの講談社BOX仕様で、発売日のゲーマーズ本店ではデカポスターもあり、BOX謳い文句は『西尾維新「100パーセント週マガで描かれた漫画です」』、『新しく、今巻き起こる〈物語!〉』だった。

戦場ヶ原ひたぎ。阿良々木暦がある日受け止めた少女。そう、彼女の体には―体重がなかった。1匹の“蟹”に行き遭い、体重を根こそぎ持っていかれていた。化物は、はじめからそこにいる。いつも。どこにでも。『掟上今日子の備忘録』西尾維新×『エア・ギア』大暮維人で贈るこれぞ新たな怪異!怪異!怪異!新しく、今巻き起こる〈物語〉! 裏表紙

なお、「化物語」1巻特装版【AA】の、徒然なる一日さんの感想は『個人的に、ちょっと阿良々木くんと打ち解けた後のひたぎさんがお気に入りかなw 悪戯っ子っぽく、阿良々木くんを毒舌を交えて揶揄う…色仕掛けもあって、管理人は(*´Д`)ハァハァが止まりませんわ!〜重厚極まる&繊細かつコミカルさもあるキャラ描写と相俟って、深く深く読み入ってしまう魅力がタップリですね…』などがあり、巻末の告知によると「化物語」2巻特装版は8月17日発売みたい。

「化物語」1巻特装版 / 通常版コミックス情報 / 作品情報

「戦場ヶ原ひたぎ。なんとも物騒な名前だが、彼女はいわゆる“病弱深窓令嬢タイプ”の女の子だ。穿った目で見れば、話しかけるな”と 壁を作っているようにも見える」

「ああ…違うわ
“動いてもいいけどとても危険よ”というのが正しかったのね」

「私は優しさなんて欲しくないのよ、私が欲しいのは沈黙と無関心だけ」

「1匹の蟹に出会って、
持っていかれたの、
根こそぎ。体重を」
「そこどいてちょうだい、
服が取り出せないわ」
「やぁ、来たね」
「そんな〈たまたま〉は
“偶然”とは言わないと
思うの」
「完全に壊れたのにッ――
それなのに、まだッ、
続いているッ…」
「(何がっ、
起こったんだ…!?)」


【関連記事】
忍物語 「100%趣味で書かれた大学編!<物語>シリーズモンスターシーズン開幕!」
西尾維新 / 結物語 「警察官になった暦。町を離れた、ひたぎと翼。三人が選ぶ道」
西尾維新 / 業物語 「鉄血にして熱血にして冷血の吸血鬼誕生の瞬間が語られる」
西尾維新 / 愚物語 「予想以上に愚か者揃いでびっくり 確かにこいつらは愚か者です」
続・終物語 「驚きは少なかったけど最後のガハラさんとアララギ君の会話は良かった!」
西尾維新/終物語 (下) 「約10年間、本当に感慨深いし魅力溢れる物語だった」
終物語(中) 発売 「セカンドシーズンの最初の猫物語(白)の裏の話」
終物語(上)  「阿良々木暦、おっぱいに釣られる!」
暦物語 「面白すぎてヤバい ひたぎさんの毒舌はたまりませんな!」
憑物語 「方向性と決定的なワードが出たけど、後2冊かー」
恋物語 「よくも騙したなああ!やってくれたな西尾維新!」
鬼物語 「一気に読み終えた。号泣。まじで」
囮物語 「なでこフルコース!お待たせしました!」
花物語発売 「アキバは花物語の山が!」
傾物語 「2011年も怪異!怪異!怪異!」
猫物語(白) 「これが新たなバケモノだ」
猫物語(黒)「阿良々木くんの変態紳士っぷりが全開すぎ」画像:ゲマ本店は2日で完売
西尾維新のニュース - アキバBlog / 物語シリーズのニュース - アキバBlog

大暮維人×舞城王太郎 バイオーグ・トリニティ2巻 「面白かった・・絵すごかった・・」
バイオーグ・トリニティ1巻 「大暮維人×舞城王太郎、なんて危険な組み合わせ」
エア・ギア13巻限定版 発売、ピンキーストリート初の男性キャラ付
大暮維人氏のNAKED STAR発売「H度 ★★★★★ エロいぜっ」
天上天下12初回特典版のアキバでの在庫は潤沢 過剰かも?
大暮維人氏、2354日振りに「NAKID STAR」で成人コミック界に復活
大暮維人のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
講談社 / 週刊少年マガジン / Twitter
「化物語」1巻特装版コミックス情報 / 通常版 / 作品情報
【ひたぎ再臨!】西尾維新×大暮維人『化物語』ファンに話題の特装版、中身は!?
大暮維人 - Wikipedia

<物語>シリーズ特設ページ
〈物語〉シリーズポータルサイト
西尾維新アニメプロジェクト / Twitter
西尾維新オフィシャルサイト / Twitter
〈物語〉シリーズ - Wikipedia
西尾維新 - Wikipedia
VOFAN - Wikipedia

化物語:コミカライズ第1巻が早くも重版 売り切れ店続出
西尾維新×大暮維人「化物語」1巻、特装版は原作オマージュの講談社BOX仕様
「化物語」コミカライズ1巻特装版に西尾維新書き下ろし「ひたぎディッシュ」など
「化物語」コミカライズは大暮維人が担当!マンガ家当てクイズの正解発表
西尾維新×大暮維人「化物語」コミカライズが週マガで始動、真島ヒロの寄稿も
西尾維新「化物語」コミカライズ決定!3月に週刊少年マガジンで始動

【感想リンク】
13年目のコミカライズ「化物語」1巻。とても素晴らしい
台詞の多さにストレスを感じさせない大胆な構成が読み易さ
凝った作画は世界観に非常にマッチする。エロさも十分、時々入るボケやツッコミも良い
とにかくすごいです。原作、アニメと知っていますけど、コミカライズも間違いなく「化物語」
大暮維人さんが書く阿良々木くんは、見ていておもしろいし賑やか
普段はクールなひたぎが抱える、闇が深すぎる「オモイ」


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit