2018年06月15日

GA文庫 百神百年大戦 「あわむら赤光最新作、神vs神の天地鳴動バトルファンタジー」

著者:あわむら赤光&イラスト:かかげ ライトノベル「百神百年大戦」 GA文庫6月新刊、著:あわむら赤光氏&イラスト:かかげ氏のライトノベル「百神百年大戦」【AA】がアキバでは13日に出てる GA文庫編集部ブログによると『主要キャラクターが神様なので、デタラメなほどすさまじいスペック同士の戦い』で、オビ謳い文句は『神vs神。天地鳴動バトルファンタジー!』だった。
-

著者:あわむら赤光 イラスト:かかげ「百神百年大戦」
著:あわむら赤光氏&イラスト:かかげ氏のラノベ「百神百年大戦」【AA】発売
「あわむら赤光最新作、天地鳴動バトルファンタジー!」

「百神百年大戦」リクド、ミリアルージュ
リクドー(中央):剣の真名をもつ少年の姿の神
ミリアルージュ(左):没落王家の名ばかり王女様

「がんばって…!一緒に戦うって約束したんだから――」
「がんばって…!一緒に戦うって約束したんだから――」

「お嬢ちゃんには真似できないオトナの味って奴さ」
「お嬢ちゃんには真似できないオトナの味って奴さ」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:ブックカバー
※同時購入特典あり
とらのあな秋葉原店A
※同時購入特典あり
ゲーマーズ本店
※連動購入特典あり

GA文庫6月新刊、著:あわむら赤光氏&イラスト:かかげ氏のライトノベル「百神百年大戦」【AA】が、アキバでは13日に出てる(公式発売日は15日)。

今回発売になった「百神百年大戦」【AA】は、GA文庫編集部ブログの紹介によると『本作の最大の見所は人知を超えた壮大なるスケールのバトル描写。主要キャラクターが神様なので、とにかくデタラメなほどすさまじいスペック同士の戦いになります!』とのことで、編集部コラムの紹介は『不老不滅の肉体に、最古の“剣”の神格を宿す男・リクドー。巫女と出会い、世界中を巻き込む「大戦」に打って出る!』などなど(登場人物紹介)。

また、とら秋葉原店AのPOPは『見た目は少年の、最古神で剣の神――。力の源泉“龍脈”巡る、神の覇権争い、参戦!』が付いていて、裏表紙は『これは智勇以て天地鳴動の大戦に斬り込む、最古の少年神の最新神話』、オビ謳い文句は『神vs神。「聖剣使いの禁呪詠唱」あわむら赤光最新作、天地鳴動バトルファンタジー!』だった。

数多の神々が互いの覇を争い、力の源泉《龍脈》を巡って果てなき大戦を続ける世界、タイクーン。そんな戦乱に関知せず、自堕落に暮らす神がいた。名をリクドー。 少年の姿に“剣”の真名を持つ、最古の神の一柱。若き神々からは「中身、枯れたオッサン」と侮られるも、十大龍脈ヴェステル火山を根城とする彼の、本性を知る古き神々は言った。「あの男こそ最も油断ならぬ腹黒狸」
そして今――リクドーは雌伏の時に別れを告げる!立ちはだかるは軍神ミヒャエル。名だたる神々の殺戮者にして、大陸一つをも支配する宿敵の覇権を、いざ阻止せん! 新刊折込

ライトノベル「百神百年大戦」【AA】の感想には、nawadeさん『安定の面白さを誇るあわむら赤光新シリーズ。龍脈が増える毎に新たな神威を得て、更にヒロイン(巫女)までついてくるという設定が面白いですね』、よっちさん『突きつけられた容赦のない現実に、真の力と想いを秘めるリクドーとツンデレなミリアが立ち向かう展開は流石の安定感』、真白優樹さん『堂に入った心に突き刺さり飛び込む、わくわくが止まらなくなる巻』などがある。

なお、著者:あわむら赤光氏は、あとがきで『「茶目っ気も三枚目なところもあるけど、決めるべき時はバシッと決める、酸いも甘いも噛み分けたような男のお話を書きたい」。「でもあくまでライトノベルらしいお話で、地味にならない、むしろド派手なお話を書きたい」。〜そこで思いついたのが――「少年の姿をした最古の神が、数多の龍脈と巫女を巡って、他の神々と大戦をするお話」という、この作品の根幹をなす設定です』などを書かれている。

「百神百年大戦」書籍情報 / 特典情報

「ほっかむりをして
美貌も髪も隠していた」
「(もっとたっぷり
時間が必要だ!)」
「一緒に最高の
思い出を作ろうぞ」
「ああ、いいぜ?
尻を洗って待ってろよ」
「わんわんわん!」
「あおーん!」
「…さっきの話、
ホント?」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit