2018年07月06日

友美イチロウ 號鉄のジョニー1巻 「弾ける脳髄。血飛沫バイオレンス開幕!」

友美イチロウ「號鉄のジョニー」1巻 友美イチロウ氏のコミックス「號鉄のジョニー」1巻【AA】が5日に発売になった。コミックス情報は『1948年、復興真っ最中の日本に現れた號鉄の男・ジョニー。失ったものを求め、果てしない地獄道を血飛沫あげながら突き進む』で、裏表紙は『唸るチェーンソー、弾ける脳髄。血飛沫バイオレンス開幕!』。
-

友美イチロウ氏のコミックス「號鉄のジョニー」1巻
友美イチロウ氏のコミックス「號鉄のジョニー」1巻【AA】発売
「地の果てまで追い詰めて、徹底的に殺す」

「(1948年。敗戦から3年、この国は――私たちは、すべてを失っていた。その男は――混濁した世の中を、掻き乱すように現れた)」
「(1948年。敗戦から3年、この国は――私たちは、すべてを失っていた。
その男は――混濁した世の中を、掻き乱すように現れた)」

「なんてデケぇ…」 「アメリカの軍人かい?」 「いや、あんな軍服見たことねぇ」
「なんてデケぇ…」 「アメリカの軍人かい?」 「いや、あんな軍服見たことねぇ」

「何人が死んでもかまわねぇ!止めろぉおお!」 「うおおおお!」ギャイイイン!!
「何人が死んでもかまわねぇ!止めろぉおお!」 「うおおおお!」
ギャイイイン!!
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店
特典:8P小冊子
メロンブックス秋葉原1号店

友美イチロウ氏がリイドカフェで連載されているコミックス「號鉄のジョニー」1巻【AA】が、5日に発売になった。

『號鉄のジョニー』は、コミックナタリーによると『復興真っ只中である1948年の日本を舞台に、四肢がすべて武器でできた巨躯の男・ジョニーが、ある“探しもの”を求めて旅をする』というお話で、マフィア梶田氏の紹介では『物語の舞台は1948年の日本。明らかに異質な技術で全身兵器と化した「ジョニー」という大男が巻き起こす殺戮の嵐。誤解を恐れずに表現するならば,「はだしのゲン」×「ベルセルク」といった雰囲気です。ギャグでもセクシーでもない,なんとまぁガチンコのバイオレンス・アクション』とのこと。

今回発売になった「號鉄のジョニー」1巻【AA】には第1話〜第5話を収録し、友美イチロウ氏の告知によると『ネットの連載では血が赤いのですが、紙書籍版がモノクロ、電子書籍版は赤+黒でのご提供になります』とのこと。店頭の販促POPは『戦後をブッた切れ!』、オビ謳い文句は『地の果てまで追い詰めて、徹底的に殺す。一九四八年、戦後混乱期の日本を舞台に繰り広げられる肉弾活劇!』で、裏表紙は『唸るチェーンソー、弾ける脳髄。血飛沫バイオレンス開幕!』だった。

ちなみに、コミックZIN秋葉原店の売り場に付いてたパネルは、友美イチロウ氏自身が制作され、お店に持ち込まれたもので、ZIN特典のおまけ冊子も友美イチロウ氏の自腹みたい。 ‏
焼け跡に唸るチェーンソー!1948年、復興真っ最中の日本に現れた號鉄の男・ジョニー。失ったものを求め、果てしない地獄道を血飛沫あげながら突き進むブラッディ・バイオレンス巨編 コミックス情報

なお、「號鉄のジョニー」1巻【AA】の連載時の感想には、そう かもさん『巨体強面+ギミックの数々がカッコよすぎるだろ…古き良きな感じのある旅の仲間も、会話にテンポ出てていいな』、ジュンスズキさん『最初の見開きで、圧倒的な本物感出てますよね。外連味たっぷりで、線が醸す空気感が戦後ヤミ市に異常にフィットしてる』、ヘタレインコム、さん『薄い本と「みーたん」でしか知らなかったので色々衝撃。でもバトルも人情もしっかりと伝わる良作』などがあった。

「號鉄のジョニー」1巻コミックス情報 / 友美イチロウ氏のブログ

ドン

「義手に義足に義眼だとぉ…!?なんなんだおめェは〜!?」
「俺は悪魔の子だ。人じゃない」

「あァ!あァあァあァあァ〜ッ! ぱうゥ」 バカン!

「ぎゃあああああ!」
ババババババ
「あいにく、
俺には心がなくてね」
「飛行機屋やってたんだが、
こんなもん見たこたぁねぇ」
「うおおおっ!」
グオッ!
「!? や…やめろォ!」
ズガ!バリバリバリ
「俺が記憶を殺した。残った
少ない記憶が父親の記憶だ」


【関連記事】
友美イチロウの巨乳人妻ドロ沼W不倫劇モノ 「極悪妻・花奈30歳」 人妻中射し
友美イチロウ おいしい三姉妹3巻 「巨乳&グルメなラブコメディ完結!」
友美イチロウ おいしい三姉妹2巻「爆乳x美乳x爆乳三姉妹。ナカにキて」
居酒屋ラブコメ おいしい三姉妹1巻 「爆乳×美乳×爆乳三姉妹!」※合体あり
友美イチロウ/性欲。「3組の不倫カップルの訳ありの性交に興奮させられました」
「エロまんが編集者Aki」 巨乳エロマンガ編集者が作家さんや同僚とズッコンバッコン
毒舌幼女型爆弾 にゅーたん(1) 「精神を失った日本人に価値があるか!」
潤愛彼女 「巨乳の伝道師、友美イチロウの純愛エロストーリー作品集」
友美イチロウ/みーたん最終巻 「相変わらず、いろんな意味で酷い(褒」
友美イチロウ:みーたん2巻発売 「まちがって買え!(笑)」
友美イチロウ:みーたん1巻 「ついに単行本化」
友美イチロウのニュース - アキバBlog

カレー同人誌 「秋葉原カレー店PLUCK MEN店長が教える本格インドカレーの作り方」

【関連リンク】
リイド社 / リイドカフェ / Twitter
「號鉄のジョニー」1巻コミックス情報 / 連載ページ
果てしない地獄道を血飛沫あげながら突き進む、ブラッディ・バイオレンス巨編
友美イチロウ氏のホームページ「A-office」 / ブログ / Twitter
「號鉄のジョニー」第一巻が7/5に発売されます!(紙・電子共に)
「號鉄のジョニー」単行本1巻発売中です!戦後に現れた謎の男ジョニー!
COMIC ZINさんで"のみ"特典が付いて来ます!サイドストーリー8P書き下ろし!
男同士がぐっちゃんぐっちゃんの絡みをする漫画です
チヨコは、今から20数年前に別の漫画のキャラで描いたものです

友美イチロウが描く血みどろアクション、武器でできた体を持つ男の名はジョニー
全身兵器と化した「ジョニー」という大男が巻き起こす殺戮の嵐

【感想リンク】
鋼鉄の四肢で描く復讐劇。その男の名は、ジョニー!
巨体強面+ギミックの数々がカッコよすぎるだろ…(以下、連載時感想)
外連味たっぷりで線が醸す空気感が、戦後ヤミ市に異常にフィットしてる
色々衝撃。でもバトルも人情もしっかりと伝わる良作
面白い理由は蛇原のキャラの良さだと思う。悪役が良いからジョニーがかっこいい
面白かったー。カラーの使い方がよかった。webだとあんな演出もできるんだな
グロいけど、やっぱりかっけぇ
すごくいい…。主人公はもちろん敵もすばらしい…
めっちゃ面白い。戦後闇市系アーティフィシャルヴァイオレンス


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit