2018年07月07日

フェンリル姉さんと僕1巻 「ヤンデレ姉が愛を囁く!魔獣系バトルファンタジー!」

阿崎桃子「フェンリル姉さんと僕」1巻 阿崎桃子氏のコミックス「フェンリル姉さんと僕」1巻【AA】が6日に発売になった。とら秋葉原店AのPOPは『憧れの先輩への告白を機に、自身の日常を驚愕させる!死と崩壊が出会い一変する』で、オビ謳い文句は『ヤンデレ姉が愛を囁く!魔獣系バトルファンタジー!』だった。
-

阿崎桃子「フェンリル姉さんと僕」1巻
阿崎桃子氏のコミックス「フェンリル姉さんと僕」1巻【AA】発売
「ヤンデレ姉が愛を囁く!魔獣系バトルファンタジー!」

「容姿端麗頭脳明晰、心優しく控えめで、密かに憧れる男子は多くいれども誰一人として成就させた者はいない高嶺の花」
北見冬花先輩 「容姿端麗頭脳明晰、心優しく控えめで、密かに憧れる男子は
多くいれども誰一人として成就させた者はいない高嶺の花」

「汝…神に仇成す者か?」「…先…輩…?」
「汝…神に仇成す者か?」 「…先…輩…?」

「終焉の魔獣、フェンリル!」「今世は人間の世界で平穏に過ごしてみたんだけどなぁ」
「終焉の魔獣、フェンリル!
今世は人間の世界で平穏に過ごしてみたんだけどなぁ」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード

阿崎桃子氏が別冊少年チャンピオンで連載されているコミックス「フェンリル姉さんと僕」1巻【AA】が6日に発売になった。

『フェンリル姉さんと僕』は、コミックナタリーによると『勝負事が嫌いで、他人を避けて日常を過ごしていた中学2年・灰島陽介を主人公とする“魔獣系バトルファンタジー”。陽介は憧れの先輩・北見冬花を遠くから眺めることだけが生きがいだったが、ある日の放課後、冬花に告白したのち怪物に襲われる。さらにその事件が一段落したあと、陽介は冬花から「私の…っ 愛しい弟!」「今度こそ姉さんと一緒に姉さんを滅ぼそう」と言われ混乱し…』で始まるお話。

とら秋葉原店AのPOPは『憧れの先輩への告白を機に、自身の日常を驚愕させる!死と崩壊が出会い一変する、禁断の姉弟魔獣ファンタジー!』が付いていて、「フェンリル姉さんと僕」1巻【AA】の、裏表紙は『僕の姉は世界を滅ぼす狼だった――』、オビ謳い文句は『姉にバレたら殺される!禁断の姉弟関係!ヤンデレ姉が愛を囁く!魔獣系バトルファンタジー!』になってた。

勝負事が嫌いで、他人を避けて日常を過ごしていた中学2年・灰島陽介。陽介が密かに憧れていた先輩・北見冬花に告白したことにより、彼の日常は一変する…!姉×狼、魔獣系バトルファンタジー! コミックス情報

なお、コミックス「フェンリル姉さんと僕」1巻【AA】について、作者:阿崎桃子氏新刊告知では『おねショタじゃないんだよ…ブラコンシスコンなんだよ…でも解釈は人それぞれなので皆さん各々の性癖で楽しんで頂けたら幸いです。ちなみに私は「姉」と負傷する美少女が性癖です』などをツイートされている

「フェンリル姉さんと僕」1巻コミックス情報 / 第1話試し読み

「私の…っ愛しい弟…ああヨルムンガンド!
今度こそ姉さんと一緒に世界を滅ぼそう!」

「もし本当にあなたが弟を装ったただの人間だったら…
思いつく限り最も残酷な方法で、殺す」

「(やっぱり恐ろしい怪物だ。人間だってバレたら、容赦なく殺しにくる!)」

「(悪夢のような現実、
襲いかかる謎の怪物)」
「神が最も恐れる脅威…
それが私たち」
「あなたは
どうなりたい?」
「く…われ…た?」
「くくく……」
「消えるなら存在ごと
消してあげるよ」
「二人っきりの時は“姉さん”って呼んでいいんだよ♥」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit