2018年07月31日

水上悟志 プラネット・ウィズ1巻 「記憶喪失少年vs7人の超能力ヒーロー!」

水上悟志「プラネット・ウィズ」1巻 水上悟志氏のコミックス「プラネット・ウィズ」1巻【AA】が30日に発売になった。裏表紙は『水上悟志がネーム(脚本原案)を元に、シリーズ構成&キャラクター原案も手掛け、7月より放送しているTVアニメ原作を自ら漫画化』で、とら秋葉原店AのPOPは『記憶喪失少年vs7人の超能力ヒーロー!』が付いてた。
-

水上悟志氏のコミックス「プラネット・ウィズ」1巻
水上悟志氏のコミックス「プラネット・ウィズ」1巻【AA】発売
とら秋葉原店A 「記憶喪失少年vs7人の超能力ヒーロー!」

記憶喪失の少年・黒井宗矢「どうしたの、黒井くん。早く避難しなきゃ…」 「UFOだ!」
記憶喪失の高校生・黒井宗矢
「どうしたの、黒井くん。早く避難しなきゃ…」 「UFOだ!」

「なんだあれは!?でかいぞ!100mはありそうだ!」
「なんだあれは!?でかいぞ!100mはありそうだ!」

「なんでしょう!あれは!? 7人の周囲から、彼らを包むように、巨人…!?光を背負ったきょ…巨人が出現しました!」
「なんでしょう!あれは!? 7人の周囲から、彼らを包むように、巨人…!?
光を背負ったきょ…巨人が出現しました!」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
特典:着せ替えブックカバー

水上悟志氏がヤングキングアワーズで連載されているコミックス「プラネット・ウィズ」1巻【AA】が、30日に発売になった。

漫画『プラネット・ウィズ』は、コミックナタリーによると『TOKYO MXほかにて放送されている同名テレビアニメのコミカライズ。アニメは、水上が脚本原案として描き下ろした1074ページのネームをもとに制作されており、マンガ版はそのネームを連載用に構成し直して連載』、『主人公の黒井宗矢は、ゴスロリ姿の少女・銀子、猫のような姿をした生物・先生と暮らしている記憶喪失の少年。物語はある日、地球が"ネビュラ"の巨大兵器に襲撃されたことから動き出す』で始まるお話。

今回発売になったコミックス「プラネット・ウィズ」1巻【AA】には、第1話「光、七閃」〜第4話「2対1」を収録し、オビ謳い文句は『水上悟志、初アニメ化作品!』で、とら秋葉原店AのPOPは『記憶喪失少年vs7人の超能力ヒーロー!巨大兵器“ネビュラ”が出現する世界での戦いを描く、超壮大サイキックアクション刊行!』が付いてた。

黒井宗矢は、銀子や[先生]と3人で暮らす記憶喪失の少年。。ある日、地球が一斉に[ネビュラ]の巨大兵器に襲撃される。7人の超能力者が念動巨神装光をまとって阻止する様を見ていた宗矢だが、自身もその戦いに巻き込まれて…!?
水上悟志が4年の準備期間を経て描き下ろした1074ページのネーム(脚本原案)を元に、シリーズ構成&キャラクター原案も手掛け、2018年7月より放送しているTVアニメ原作を自ら漫画化。地球を巡り繰り広げられる、壮大なサイキックアクション開幕! 裏表紙

コミックス「プラネット・ウィズ」1巻【AA】の感想には、フラン☆Skinさん『世界観自体も面白いし、キャラクターが1巻から立ちまくりで面白い』、感想温泉はてな亭さん『補完もありつつ、ほぼアニメと同じ!動き?的な迫力も含めて。アニメでみた感動がそのまま、紙面で展開されている印象』、EDGE009さん『アニメとはまた違った、マンガならではのカットで迫力のある絵が楽しめる。アニメで見てても面白い』などがある。

なお、作者:水上悟志氏は、カバー折り返しで『本作品はアニメの企画ありきで作られた漫画です。アニメの脚本原案として描き下ろした1074pのネームを、連載用に手直しして漫画にしました。アニメも漫画もよろしくお願いします』をコメントされている。

「プラネット・ウィズ」1巻コミックス情報 / 水上悟志氏のTwitter

「えーと、お前の力の源?をこちらによこせ」
「!何者だ!? これを渡すわけにはいかない!」

「ドン」

「思い出したぞ、ちくしょう!帰って仲間に伝えろ!
お前ら全員、ブッ倒してやる!」

「記憶喪失のおれを養ってた
のは、こうやって兵隊に
するためだったのか…」
「ネビュラの侵略から人類を
護れるのは、我々…
グランドパラディンだけだ」
「市民の皆様はただちに
避難してください」
「封印派の目的は、地球人達
が、これ以上進化をしない
ように封印することだにゃ」
「お前達の力の源を渡せ」
「仮面の男の子…?まさか
虎居さんを襲った…!?」
「えっ!?」
「タイミングばっちり!
うおりゃああああ!」



【関連記事】
水上悟志短編集 放浪世界 「水上悟志SFの新たなる金字塔"虚無をゆく"を含む5作!」
[画像]:「10歳かあさん」追悼特別寄稿 水上悟志
輪廻転生ファンタジー スピリットサークル3巻 「前世の因果が絡んできて面白い!」
スピリットサークル1巻 「本格的な輪廻転生ファンタジー。予想以上に面白い」
[画像]:ブラコンアンソロジー「Liqueur ―リキュール―」 水上悟志氏「わにあに」
水上悟志のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
少年画報社 / ヤングキングアワーズ / Twitter
「プラネット・ウィズ」1巻コミックス情報(試し読みあり)
TVアニメ放送中のサイキックアクション、早くも第1巻発売!
水上悟志氏のブログ「続・みずかみ小屋」 / Twitter
アニメ用に描いたネームを、マンガ用にちょっと直してますが、基本的に展開は同じ
プラネット・ウィズ - Wikipedia
水上悟志 - Wikipedia
「プラネット・ウィズ」アニメの脚本原案を務めた水上悟志が自ら描くマンガ版1巻

TVアニメ「プラネット・ウィズ」公式サイト / Twitter
TVアニメ「プラネット・ウィズ」番宣CM - YouTube
アニメ質問状:「プラネット・ウィズ」 先生こだわりの「うにゃ」 熱いロボバトルを!
「プラネット・ウィズ」劇中ロボットが可動フィギュアに、BD-BOX全2巻も発売決定
注目アニメ紹介:「プラネット・ウィズ」水上悟志が原作のテレビアニメ
水上悟志、トークイベで「プラネット・ウィズ」は"完璧に完結させた"と自信
「プラネット・ウィズ」阿部敦ら出演声優14名のコメント到着!

【感想リンク】
世界観自体も面白いし、キャラクターが1巻から立ちまくりで面白い
情報と疑問の洪水に巻かれながら「何かとんでもないことが起こっている」感がビンビン
Welcome to 水上悟志ワールド「プラネット・ウィズ」1巻
アニメでみた感動がそのまま、紙面で展開されている印象
本当にアニメのために描いたんだな〜って目に見えて分かって面白い
アニメとはまた違った、マンガならではのカットで迫力のある絵が楽しめる
戦闘シーンなどはこの作者さんらしい迫力のある描き方でいいですね
先生といえば情と熱血で燃えるストーリーが定番ですので、これからの展開が楽しみ
1巻だけでも出し惜しみなくかなりの情報が詰まっていた感じがありましたねぇ
なんかすっごい水上作品読んでるって感じがする
戦闘めちゃくちゃかっこいいしキャラは可愛いし、〜最高に良かった
アニメに負けない(むしろ勝ってるとすら思うところもある)ほどの画面で魅せる
アニメとマンガではおおっとなるポイントに微妙に差が出てくるのは面白い
プラネット・ウィズ 1巻 感想 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit