2018年11月19日

サークルきろめーとる 爆乳ギャルと海Hしてえ!! 「爆乳パイ◯リ、ホテル着いたら即ハメ」

サークルきろめーとる 「爆乳ギャルと海Hしてえ!!」 サークルきろめーとる(きろめ氏)のオリジナル同人誌『爆乳ギャルと海Hしてえ!!』がメロン秋葉原1号店&2号店に18日に再入荷した。援交で知り合った爆乳のJK・サーヤちゃんと海デートでのお話で、メロン通販の紹介は『爆乳パイ◯リ、ホテルに着いたら即ハメ♪』などになってる。
-

サークルきろめーとる(きろめ氏)のオリジナル同人誌「爆乳ギャルと海Hしてえ!!」再入荷
サークルきろめーとるのオリジナル同人誌 「爆乳ギャルと海Hしてえ!!」再入荷

爆乳のJK・サーヤちゃん、海でパイ◯リ搾精 「あはっ、めっちゃでてるしっ♥」
爆乳のJK・サーヤちゃん、海でパイ◯リ搾精 「あはっ、めっちゃでてるしっ♥」

「まず一発目、出ます!!」 「イ゙ッあ゙ッ、はへあああ♥」 ビクッビクッ
「まず一発目、出ます!!」 「イ゙ッあ゙ッ、はへあああ♥」 ビクッビクッ

サークルきろめーとる(きろめ氏)が2018年夏コミで頒布されたオリジナル同人誌『爆乳ギャルと海Hしてえ!!』が、メロンブックス秋葉原1号店&2号店に18日に再入荷した(とらのあなへの委託もあるみたい)。

同人誌『爆乳ギャルと海Hしてえ!!』の、サークルさんのコメントは『乳のデカいツインテJ○と海でデート中にパコってしまいます。おっぱい成分多め』とのことで(登場人物)、主人公が援交で知り合った爆乳のJK・サーヤちゃんと海デートし、岩陰でパイ◯リフ◯ラ搾精してもらい、ホテルでヤリまくりなお話。

セフレのサーヤちゃんとのデートで良い所を見せるはずが、エッチに誘われてしまう主人公☆人気の無い場所に移動して爆乳パイ◯リ、ホテルに着いたら我慢出来ず即ハメしちゃいます♪ おま○この奥を突くたびに甘い声を漏らし、トロけた顔を浮かべながらヨガる彼女に大興奮!ツインテ美少女との濃厚エッチに視線は釘付け、実用性抜群の1冊を心行くまでご堪能下さい メロンブックス通販

同人誌『爆乳ギャルと海Hしてえ!!』の感想には、A・エリスさん『蕩けるサーヤちゃんのエロ顔や、110cm超えの爆乳たまらない』、PPPP.パイマックスさん『今回も余裕な態度からの凄まじい逆転っぷりを見せてくれました。乳吸いで滅茶苦茶感じてしまう女の子エロいですよね』、TeK@さん『余裕ぶってたサーヤちゃんは目にハートまで浮かべる始末…すばらしい!』などがあった。

なお、サークルきろめーとるのきろめ氏は、前書きで『この本はオリジナルの看板娘本となっております。一応続きモノとなってはいますが、その辺はたぶん大丈夫です』などを書かれている。

サークルきろめーとる / メロンブックス通販「爆乳ギャルと海Hしてえ!!」

「おっぱい♥ いっぱい使って扱いてあげてもいいよ?」
「おりゃ♥ どーよ、お
待ちかねのおっぱいは♥」
「(押し広げてくる、ちょっと
やばいかも…)お゙♥」ドチュ♥
「(ち◯ぽ大好きになってる…♥ 精◯欲しがってる…♥)」
「そんなこと言われたら止まりませんよっ!」「ん゙うぅうう♥」
「きて♥ 私の子宮、せー◯でぱんぱんにして♥」


【関連記事】
家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました2 「もう一回…ヤろ♪」
強制援交2〜黒ギャルJKをカネで抱きたい!〜 「中年の夢叶うハートフルレ◯プ」
家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました 「ドスケベ過ぎるギャル」
強制援交〜黒ギャルJKをカネで抱きたい!〜 「強制愛撫でよがりだすJKはエロい!」
サークル秋葉魔王 「ラブホ特別性指導 センセーとガチパコとかまぢヨユーだし♪」
サークルRip@Lip 「迷娘、拾いました。」 薬を盛られたギャルがおっさんとキメセク
ギャルのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
サークルきろめーとる きろめ氏のTwitter / pixiv / FANBOX / Pawoo
水着のうちの子とあまあまに絡み合ったりいちゃいちゃすけべします!(pixiv)
メロンブックス通販「爆乳ギャルと海Hしてえ!!」 / メロン限定版
とらのあな通販「爆乳ギャルと海Hしてえ!!」
爆乳ギャルと海Hしてえ!! - FANZA同人

【感想リンク】
乳吸いで滅茶苦茶感じてしまう女の子エロいですよね...最高ですよね...
絵からも伝わるその重量感!はちきれんばかりの爆乳
はみ出さんばかりの黒い水着を着てる表紙エッッッッ!
「肉食系のくせに攻められると滅法弱い」というギャップ萌え
深く読む(?)ほど肉感の良さみを感じ取れるスルメ本
おっぱいの暴力的な内容で大変シコい
おっぱいのゆびの食い込み描写めっちゃ良いですね
勃起していくサーヤちゃんの乳首が大好物
爆乳ギャルとのあれやこれ


この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit