2019年01月02日

ゴブリンスレイヤー本 ゴブリンロードが勝った日 「がっつり凌辱。完膚無きバッドエンド」

サークルOVing「ゴブリンロードが勝った日」 サークルOVingのゴブリンスレイヤー同人誌『ゴブリンロードが勝った日』が、とらメロンに1日に入荷した。アニメ最終話で敗北するifモノで、サークルさんのコメントは『メスたちは小鬼の孕み袋にされていく』で、ヒロアキさんの感想は『内容はがっつり凌辱モノ。完膚無きまでのバッドエンド。最高』とのこと。
-

サークルOVingのゴブリンスレイヤー同人誌「ゴブリンロードが勝った日」
サークルOVing(おぶい氏)の冬コミ新刊・ゴブリンスレイヤー同人誌
「ゴブリンロードが勝った日」入荷

「そんな…なんでゴブリンが…戦ってくれたみんなは…?村の人たちは…!?」
アニメ最終話で負けたifモノ。ゴブリン達が村に襲撃
「そんな…なんでゴブリンが…戦ってくれたみんなは…?村の人たちは…!?」

「(ゴブ…リン…そうだ…私捕まっちゃったんだ…)」
「(ゴブ…リン…そうだ…私捕まっちゃったんだ…)」
「残りのメスもようやく目覚めたか」

「先に他の孕み袋で少し遊ばせてもらっていたよ。そのせいですでに壊れてしまった奴もいるがな…」
「先に他の孕み袋で少し遊ばせてもらっていたよ。
すでに壊れてしまった奴もいるがな…穴が使えるならどうでもいいが」

サークルOVing(おぶい氏)の冬コミ新刊・ゴブリンスレイヤー同人誌『ゴブリンロードが勝った日』が、とらのあなメロンブックスに1日に入荷した。

今回入荷した同人誌『ゴブリンロードが勝った日』は、サークルさんのコメントによると『ファンブルが発生しゴブリンロードが勝利を収めた世界線、メスたちは小鬼の孕み袋にされていく』という、アニメ最終話でゴブリンスレイヤー達がゴブリンロードに負けたifモノのお話で、首輪をはめられたり、女神官は四肢を斬り落とされダルマにされ、ゴブリンに捕らえられた女性キャラたちが、孕み袋としてゴブリンレ◯プされるお話。

襲われた村で牛飼娘が小鬼たちに犯される!群がる小鬼に組み伏せられ、身体中を蹂躙される。抵抗も出来ず、ただただ慰み者にされる日々が始まる…無理やり犯され、苦悶の表情を浮かべる女の子に興奮する人におすすめの一冊です とらのあな通販

なお、同人誌『ゴブリンロードが勝った日』の感想には、ヒロアキさん『内容はがっつり凌辱モノ。女神官、妖精弓手、女騎士、魔女、女戦士、牛飼娘の6人がひたすらゴブリンに慰み者にされる。容赦のなさが凄い完膚無きまでのバッドエンド。最高』、しおさん『がっつりとした凌辱本で最後まで救いようのないBADENDコース一直線』などがあり、漫画家:あんこまん氏は『俺が想像した理想がここにある!素晴らしいリョナ!』などをツイートされている

サークルOVing・おぶい氏のTwitter / とらのあな通販 / メロン通販

「ようやく捕らえた孕み袋が
揃ったというわけだ」
「好きなだけ犯せ!
孕ませろ!」
「おぼッ♥ ぶおエッ」
「ひッ♥ イッ…ひッ♥」
「子鬼英雄のち◯ぽ…
無…ギッヒイイィッ♥」
「また…熱いのが
ナカにぃ…」
「この無様な人族のメスの
姿はいつ見ても愉快だ」



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit