2019年02月05日

るろうに剣心 北海道編2巻 「るろ剣オールスター。従来のファンには感慨深すぎる」

和月伸宏「るろうに剣心 ─明治剣客浪漫譚・北海道編─」2巻 和月伸宏氏のコミックス「るろうに剣心 ─明治剣客浪漫譚・北海道編─」2巻【AA】が4日に発売になった。オビ謳い文句は『剣心一家、函館到着。新たな浪漫譚の舞台は東京から北海道へ…!』で、tasseさんの感想『るろ剣オールスターという感じ』『従来のファンには感慨深すぎる』などがある。
-

著者:和月伸宏 ストーリー協力:黒碕薫「るろうに剣心 ─明治剣客浪漫譚・北海道編─」2巻
コミックス「るろうに剣心 ─明治剣客浪漫譚・北海道編─」2巻【AA】発売
「剣心一家、函館到着。新たな浪漫譚の舞台は東京から北海道へ…!」

「友…か。頼れる者なら何人か居るが、友となると――」
「友…か。頼れる者なら何人か居るが、友となると――」

「赤い髪、短身痩躯、何よりその左頬の十字傷!てめえッ人斬り抜刀斎か!」
「赤い髪、短身痩躯、何よりその左頬の十字傷!てめえッ人斬り抜刀斎か!」

「俺は喧嘩屋の相楽左之助。そこに居る緋村剣心の一番の親友(ダチ)だ」
「俺は喧嘩屋の相楽左之助。そこに居る緋村剣心の一番の親友(ダチ)だ」
メロンブックス秋葉原1号店
ゲーマーズ本店
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

和月伸宏氏がジャンプSQ.で連載されているコミックス「るろうに剣心 ─明治剣客浪漫譚・北海道編─」2巻【AA】(ストーリー協力:黒碕薫氏)が、4日に発売になった。

『るろうに剣心 ─明治剣客浪漫譚・北海道編─』は、1巻発売時のコミックナタリーによると『アニメ化、実写映画化などさまざまなメディア展開が行われた、和月の代表作「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」の続編』で、コミックス2巻の巻頭あらすじは『伝説の人斬り・抜刀斎こと緋村剣心が不殺を誓い、流浪人として東京に流れ着いて五年。妻・薫、息子・剣路ともに暮らす神谷道場に新しい門下生が入る。〜剣心と薫は越路郎を探すため、写真が撮影された北海道・函館に向かう』で始まった、北海道を舞台にしたお話。

今回発売になった「るろうに剣心 ─明治剣客浪漫譚・北海道編─」2巻【AA】のオビ謳い文句は『剣心一家、函館到着。新たな浪漫譚の舞台は東京から北海道へ…!』、新刊折込は『薫の父・越路郎を捜しに函館へ向かう剣心一行。抜刀斎の“怨敵”や、剣心のかつての仲間が現れる!』で、販促ポスターは『心強い戦友(なかま)と共に、物語は動き出す――』になってた。

戦死したと思われていた薫の父・越路郎は生きていた!?越路郎を探すため剣心一家と明日郎・阿爛・旭の六人は北海道・函館に向かう。かつて戦地だった函館は、今はもう平穏を取り戻したかに見えたが、異変は函館山で起きていた!北の大地で、友と思いがけない再会を果たした剣心は、再び闘いの中へ身を投じることに…! 裏表紙

なお、「るろうに剣心 ─明治剣客浪漫譚・北海道編─」2巻【AA】の感想には、tasseさん『るろ剣オールスターという感じで、これまでのキャラクターやエピソードと深く関連した新章なので、従来のファンには感慨深すぎる』、アニメな日々、漫画な月日さん『北海道の広さを活かした壮大な仕掛けです。こういった展開は埒外も埒外。いや〜滾るわ』、わたーさん『派手な戦闘こそ少ないものの、剣客兵器たちの目的が明かされたので次巻以降の展開にワクワクが止まらない』などがある。

「るろうに剣心 ─明治剣客浪漫譚・北海道編─」2巻コミックス情報 / 作品情報

「この出ベソのところが函館山で、ボク等は今そのふもとに居ます」
「北海道広過ぎ!」

「表情もこんな柔和じゃなかった。だが間違いない、鬼の副長…土方だ」

「斎藤一の刀――…」「!?!」「あれ程の男に、何があった!?」

「我らが怨敵、人斬り抜刀斎をブッ殺――」
「左之助ー!?」
「おう嬢ちゃん久し振り!」
「願わくば本当の再会をさせてあげたい」
「オイオイ、スゲー猛者来ちゃったよ!」
「お主達劍客兵器は何者で、何が目的でござる?」
「“次鋒”は!劍客兵器、樺戸襲撃隊!」


【関連記事】
るろうに剣心 北海道編1巻 「十八年の時を経て"不殺の流浪人"の新章開幕!」
るろうに剣心−特筆版−上巻 「懐かしの名作が、映画化を期に復活」
和月伸宏:エンバーミング1巻発売 「蝶サイコォー!」
和月伸宏のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
集英社 / ジャンプSQ. / Twitter
「るろうに剣心 ─明治剣客浪漫譚・北海道編─」2巻コミックス情報 / 作品情報
第2巻の書影と見本誌が届きました!2枚目の写真は一部店頭に並ぶ販売台です
ストーリー協力:黒碕薫氏のオフィシャルブログ「少年魂×乙女心」 / Twitter
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- - Wikipedia
るろうに剣心 (るろうにけんしん)とは【ピクシブ百科事典】
和月伸宏 - Wikipedia
黒碕薫 - Wikipedia
剣心をはじめとしたおなじみのキャラクターの活躍を描いていく(1巻発売時)
「るろうに剣心」18年ぶりの続編「北海道編」が満を持してSQ.で始動(連載開始時)

【感想リンク】
劍客兵器が北海道各地に点在してるからこそ、「オールスター」が映えますね
あの戦いから続く物語であることを感じられるのはとてもうれしい
土地柄、新選組なども絡んできて、今までで一番「時代劇」してる感じがします
新選組ファンである自分は、この作品に斎藤一が出ていることが何より楽しい
時代背景との絡みもふんだんで、正直、非常に楽しい
どうしても仲間が必要そうな展開だが、次なる展開が楽しみ
懐かしいキャラも出てきて面白い
今後前作のキャラが続々出てきそうで熱い
敵の目的もわかってきたりで、ワクワクが止まらないね
どんどんワクワクさせる展開になってきてるよなあ
名前だけも含めて新旧いろんな登場人物が
ついに洋装版土方さんが拝めたの嬉しい
歴代キャラを集めても不思議ではなく、新キャラも映える
るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 2巻 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit