2019年02月05日

サマータイムレンダ5巻 「明かされる潮と影ウシオの過去。影の核心部へと迫る!」

田中靖規「サマータイムレンダ」5巻 田中靖規氏のコミックス「サマータイムレンダ」5巻【AA】が4日に発売になった。和歌山の離島を舞台にし、人間そっくりな<影>が登場するお話で、5巻のオビ謳い文句は『離島タイムリープサスペンス!』で、裏表紙は『明かされる潮と影ウシオの過去。物語は影の核心部へと迫る!』になってた。
-

田中靖規の漫画「サマータイムレンダ」5巻
田中靖規氏のコミックス「サマータイムレンダ」5巻【AA】発売
「たゆたい近付く“影”の真実!」

「かまへんかまへん!あんたがかばってくれやんかったら、私死んでたし!」
潮と、そっくりな影のウシオ
「かまへんかまへん!あんたがかばってくれやんかったら、私死んでたし!」

「(私はニセモノ…本物とは違う…ニセモノって知ったら、慎平は私のことどう思うやろか…)」
「(私はニセモノ…本物とは違う…
ニセモノって知ったら、慎平は私のことどう思うやろか…)」

「思い出した… 慎平!私…思い出したよ…!」
「思い出した… 慎平!私…思い出したよ…!」
アニメイト秋葉原
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原1号店

田中靖規氏が少年ジャンプ+で連載されているコミックス「サマータイムレンダ」5巻【AA】が、4日に発売になった。

『サマータイムレンダ』は、和歌山県の離島を舞台にし、1巻の裏表紙が『少女の死から全ては始まる。和歌山市の小さな離島「日都ヶ島」を舞台に繰り広げられる緊迫のサスペンス!』だったもので、人間そっくりになる<影>が、人知れずもとの人間を殺し、主人公・慎平も殺されタイムリープして同じ日を繰り返してるお話。

今回発売になったコミックス「サマータイムレンダ」5巻【AA】は、オビ謳い文句が『ジャンプ+で連載中。離島タイムリープサスペンス!たゆたい近付く“影”の真実!』で、裏表紙は『深奥へと迫れ!明かされる潮と影ウシオの過去。物語は影の核心部へと迫る!』になってた。

潮と影の「ウシオ」は、しおりの影を求めタカノス山を探索。山中で菱形医院の旧病棟を見つけるも、その場に現れた影と戦闘に。影のウシオは戦いの中で自らの存在を理解し始める… コミックス情報

なお、作者:田中靖規氏は、「サマータイムレンダ」5巻【AA】発売に合せた、コミスペでのインタビューでは『背景も含めて一人で描いてる』、『ラストは決まっているので、そこに向かって進んでいます。しかし、時々でキャラクターが当初の予定から外れて違うことを喋ったり行動したり、予想を越えることがあります。絶対そっちの方が面白くなると確信を持てるので、当初の予定からはどんどん変わっていきますね』などを語られている

「サマータイムレンダ」5巻コミックス情報 / 連載ページ

「(最優先すべきは影を倒すことやなく、しおりちゃんの命…!)」

「待てと 言うとるやろ」

「痛みとかはないけど… つかまれた後…しおりちゃんの顔が違って見えた…」

「私は…しおりちゃんを守れやんかった…――」
「でも、オレがやるべきやった」
「私は一度コピーした物やったら、何回でも変身できる」
「(赤ちゃんみたいな奴だ…“食事中”…か!?)」
「(駄目だ!この距離で撃つしかないっ!)」
「(データから腕をプリントしたけど、見た目だけ!?)」


【関連記事】
サマータイムレンダ4巻 「変わりゆくループ。明かされ始める真実。進展の4巻!」
サマータイムレンダ3巻 「“影”に鉄槌下す女作家。離島タイムリープ・サスペンス!」
サマータイムレンダ2巻 「夏祭りに<影>集う。隣り合わせの死と青春!」
サマータイムレンダ1巻 「少女の死から全ては始まる。緊迫サスペンス!」
田中靖規のニュース - アキバBlog

ライトノベル 「高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果」
天津向×うかみ クズと天使の二周目生活 「タイムリープで勝ち組人生を目指せ!」
はっぴぃヱンド。1巻 「突然のホラー展開。大切な人たちに殺されるループ」
ありえない青と終わらない春 「私、未来人なの! 40歳の時に高校生やり直しにきたんだ!」
桜の咲く頃、僕は妹と再会する 「わかつきひかる&樋上いたる、感涙必至ライトHノベル」
成家慎一郎/ドロップフレーム1巻 「ハーフ少女との出会い、衝撃的な展開へ!!」
片隅乙女ワンスモア1巻 「突然の再会から始まる純情乙女の御伽な青春タイムリープ!」
タイムリープのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
集英社 / 少年ジャンプ+ / Twitter
「サマータイムレンダ」5巻コミックス情報(試し読みあり)
少年ジャンプ+「サマータイムレンダ」連載ページ / pixivコミック
田中靖規 - Wikipedia
【インタビュー】田中靖規「面白くなる確信があれば、最初の設定にはこだわらない」
怖すぎるし面白すぎるホラーミステリー漫画「サマータイムレンダ」

【感想リンク】
怖すぎて震えながら読んでたあたりが収録されてた…何回読んでも影こわい…
真相を求め探索を始める慎平達。記憶を取り戻したウシオの便利さが際立ちます
サマータイムレンダ 5巻 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit