2019年02月10日

カルロ・ゼン&品佳直 売国機関1巻 「喜べ豚共!これが戦争だ!」

マンガ「売国機関」1巻 原作:カルロ・ゼン氏&漫画:品佳直氏のコミックス「売国機関」1巻【AA】が9日に発売になった。裏表紙は『戦争が終わった国家を舞台に、特務機関「オペラ座」の暗闘が始まる。任務はすべての脅威から“勝ち取った平和”を死守すること』で、折込チラシは『喜べ豚共!これが戦争だ!』などなど。
-

原作:カルロ・ゼン氏&漫画:品佳直氏のコミックス「売国機関」1巻
原作:カルロ・ゼン氏&漫画:品佳直氏のコミックス「売国機関」1巻【AA】発売
「思想(イデオロギー)なぞ関係ない。ただ、愛国あるのみ」

「(軍務省法務局 公衆衛生課独立大隊 通称“オペラ座”。…或いは、憎しみを込めて人々はささやく。“売国機関”と)」
「(軍務省法務局 公衆衛生課独立大隊 通称“オペラ座”。
…或いは、憎しみを込めて人々はささやく。“売国機関”と)」

「これは強制された平和である!憎き敵国との安保条約を受け入れて、何が自由か!?売国奴どもめ!恥を知れ!共和国に自由を!独立を!」
「これは強制された平和である!憎き敵国との安保条約を受け入れて、何が自由か!?売国奴どもめ!恥を知れ!共和国に自由を!独立を!」

独立大隊“オペラ座”隊長 ヨランダ・ロフスキ少佐「満員御礼…ね。まったく、実に不思議だわ。調印式は議会でやるのよ?」
独立大隊“オペラ座”隊長 ヨランダ・ロフスキ少佐
「満員御礼…ね。まったく、実に不思議だわ。調印式は議会でやるのよ?」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード

原作:カルロ・ゼン氏&漫画:品佳直氏が、くらげバンチで連載されているコミックス「売国機関」1巻【AA】が、9日に発売になった。

『売国機関』は、連載開始時のコミックナタリーによると『戦争を終えたばかりの国を題材にした本作。2つの国に挟まれ緩衝国の役割を担っていたチュファルテク合同共和国には、自国の頭越しに終戦し、平和が“強制”されたことに不満を持っている民が大勢いた。そんな民に対して、勝ち取った平和をすべての脅威から死守する特務機関が立ち上がり…。相反する愛国者同士の暗闘が描かれていく』というお話。

今回発売になったコミックス「売国機関」1巻【AA】には、第1話〜第6話と原作:カルロ・ゼン氏の各話解説を収録し、発売日のアキバにはとら秋葉原店Aに特設コーナー販促POPもあり、オビ謳い文句は『思想(イデオロギー)なぞ関係ない。ただ、愛国あるのみ。「幼女戦記」のカルロ・ゼン最新作!』で、折込チラシは『喜べ豚共!これが戦争だ!』などなど。

チュファルテク合同共和国――。戦争が終わった国家を舞台に、ヨランダ・ロフスキ少佐率いる特務機関「オペラ座」の暗闘が始まる。その任務は、すべての脅威から“勝ち取った平和”を死守すること。これは、血と鉄で刻む“戦後を抱きしめる”物語 裏表紙

「売国機関」1巻【AA】の感想には、yuukikazawaさん『大戦後、敗退した国を舞台にした血と謀略の物語。題名通りの尖った作品。悪い人と言うか、コワレた人しかいない』、叫骨さん『いいよコレ!カルロ・ゼン節全開で、「ああ、ついにこういうの描いたか」って感じ』、もぶヤキチキンさん『暗い世界観だが読んでいて引き込まれる感じが面白い』、naisさん『デグさんが可愛く見える少佐の壊れっぷり。感情のON-OFFがはっきりしてて素敵』などがある。

なお、原作:カルロ・ゼン氏あとがきで『ヨランダには強烈な一本の筋を持たせて「独自の理念・価値観」の言動にさせてきました。ただ、「売国機関」という漫画においてそれこそが「唯一の正義・正解」としては描写しないように努めたいです』などを書かれている。

「売国機関」1巻コミックス情報 / 連載ページ

「では、開始。開演ですよ」

「どうした、喜べ豚共!これが戦争だ!」

「血溜まりに浸れる感謝はどうした!? 平和のために喜んで死ね!」

「祖国に身を捧げた勇者を罵って愛国者気取り?」
「おめでとう豚野郎、一呼吸ごとに世界へ感謝できる」
「豚の役割は泣き叫ぶこと、恐怖をまき散らす楽器よ」
「喜べ、私の自慰に付き合わせてやるぞ。同志とやらを死体にして並べてやる」
「さて、“救出作戦”だ。せいぜい派手にやりたまえ」
「イデオロギーなど糞くらえ」



【関連記事】
カルロ・ゼン原作 テロール教授の怪しい授業1巻 「あなたたちはテロリスト予備軍です」
幼女戦記スピンオフ 幼女戦記食堂1巻 「ターニャと軍人たちの帝国グルメ譚♥」
アニメ幼女戦記1巻発売 「異世界に幼女転生。デグさんの悪い顔見ると癒やされます」
幼女戦記コミカライズ1巻 「冷徹リーマンの転生先は"異世界"最前線。その身は幼女」
戦争モノ小説 幼女戦記1 「サラリーマンが幼女になって大暴れ!」
カルロ・ゼンのニュース - アキバBlog

SMOKE&WATER〜マルキ・ド・サドの孫娘〜2巻 「サディストたちの極限バトル!」
SMOKE&WATER~マルキ・ド・サドの孫娘~1巻 「サディスト集結の殺し合いパーティー!」
品佳直のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
新潮社 / くらげバンチ / 編集部ブログ / Twitter
「売国機関」1巻コミックス情報 / 書店特典情報
くらげバンチ「売国機関」連載ページ / ニコニコ静画
「売国機関」コミックス1巻発売記念PV - YouTube
コミックス1巻発売記念フェア開催!直筆色紙を1名様にプレゼント!
原作:カルロ・ゼン氏のブログ「フォート・カフェイン」 / Twitter
売国機関1 本日発売日!
漫画:品佳直氏のTumblr「FANDRIM」 / Twitter / pixiv
漫画「売国機関」第一巻2/9発売(pixiv)
売国機関コミックス1巻本日発売です!よろしくおねがいします〜
カバーもとてもかっこよくして頂きました
「売国機関」コミックス第一巻の書店特典一覧です!
カルロ・ゼン - Wikipedia
「売国機関」1巻発売記念フェア - 書泉/神保町・秋葉原
先生が原作のコミックは当たりが多くて嬉しいです。読者としても書店員としてもw

「売国機関」1巻発売、品佳直×カルロ・ゼン×内田真礼の直筆色紙が当たる
カルロ・ゼン原作「売国機関」PVに内田真礼が出演、冷酷な少佐に声当てる
カルロ・ゼンが原作、愛国者同士の暗闘描く新連載「売国機関」(連載開始時)

【感想リンク】
うるさいネットイナゴを殴って黙らせるようなスカッと感、ある種のハードボイルドの類型
題名通りの尖った作品。悪い人と言うかコワレた人しかいない
カルロ・ゼン節全開で、「ああ、ついにこういうの描いたか」って感じ
暗い世界観だが読んでいて引き込まれる感じが面白い
各キャラの考え方や駆け引きが堪らなく良い。読み終わったら色々と考えさせられる
デグさんが可愛く見える少佐の壊れっぷり。感情のON-OFFがはっきりしてて素敵
カルロゼン先生も品先生も素晴らしい。女性が美しく格好の良い作品は本当に良い
開幕からフルスロットルというか本気で殴りかかってきて最高
好みのタイプの悪い顔を、これでもかってくらい堪能できて幸せ
世の中は割り切れない、それを痛感できる。こんな漫画を待っていたんだ
凄惨かつ苛烈だけどやっぱり面白いな
ヨランダ少佐を見て愛国心とは何かが分からなくなった…
主人公が突き抜けてて楽しいですw
売国機関1 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit