2019年02月26日

特売ですよ!!信長様 「織田信長がいるのはここ、“スーパー本能寺”だけ!」

羽鳥まりえ 「特売ですよ!!信長様」 羽鳥まりえ氏のコミックス「特売ですよ!!信長様」【AA】が25日に発売になった。裏表紙は『織田信長×スーパーマーケット』、『戦国武将を変えたのは、人々の暮らしの要、スーパーだった…!?』で、オビ謳い文句は『織田信長がいるのはここ、「スーパー本能寺」だけ!』などだった。
-

羽鳥まりえの漫画「特売ですよ!!信長様」
羽鳥まりえ氏のコミックス「特売ですよ!!信長様」【AA】発売
「織田信長がいるのはここ、“スーパー本能寺”だけ!」

「織田信長。本能寺の変によって最期を迎えたかに思われた彼だが、その遺体は今も見つかっておらず――…、――そう、信長は今も…」
「織田信長。本能寺の変によって最期を迎えたかに思われた彼だが、その遺体は今も見つかっておらず――…、――そう、信長は今も…」

「うぉぉぉ静まれ、つーか貴様ら、豆腐ひとつに血走りすぎィィィ」
「うぉぉぉ静まれ、つーか貴様ら、豆腐ひとつに血走りすぎィィィ」

「もー、おじさん、ダメでしょっ」
「もー、おじさん、ダメでしょっ」
COMIC ZIN秋葉原店
ゲーマーズ本店
アニメイト秋葉原

羽鳥まりえ氏がヤングキング・ヤングキングBULLで連載されていた(連載継続?)コミックス「特売ですよ!!信長様」【AA】が、25日に発売になった。

『特売ですよ!!信長様』は、コミックナタリーによると『本能寺の変によって最期を迎えたとされる織田信長が、現代にタイムスリップし、スーパーマーケットで働くことになる「特売ですよ!!信長様」。信長はレジスターやロールポリ袋といった現代の文明アイテムに驚いたり、特売に押し寄せる主婦たちとの“戦”に立ち向かったり、スーパーのさまざまな仕事に体当たりで挑む』というお話みたい。

今回発売になった「特売ですよ!!信長様」【AA】には第1話から第9話を収録し、裏表紙は『織田信長×スーパーマーケット』、『戦国武将を変えたのは、人々の暮らしの要、スーパーだった…!?』で、オビ謳い文句は『信長さん、レジお願いしまーす』、『織田信長がいるのはここ、「スーパー本能寺」だけ!』だった。

誰もが知る偉人・織田信長。本能寺の変によって最期を迎えたとされたこの歴史的人物が実は難を逃れ現代にタイムスリップ、あてもなく見知らぬ時代を彷徨う信長に手を差し伸べたのは、スーパーマーケットの店長だった…!平和な日常にも戦いは溢れている!?スーパー大合戦ギャグ! 裏表紙

なお、「特売ですよ!!信長様」【AA】のコミックス情報は『本能寺の変によって最期を迎えたかに見えた織田信長はなんと…現代のスーパーマーケットで働いていた!?かつては天下統一しかけた武将が、スーパーの最新機器やセールに群がるおばさん達に大苦戦!?武将inスーパーマーケットギャグ!』になってる。

「特売ですよ!!信長様」コミックス情報 / 羽鳥まりえ氏のTwitter

「(一度は栄華を極めたわしがなぜ、このようなところで小姓のような働きを)」

「今みたいにやってみて」
「(え…なにこの箱、ピッ!シャッ!てめんどい計算一瞬でやってくれちゃうわけ?)」

「最近ずーっと人手不足でみんな大変だし…、安売りチラシの求人欄じゃ小さすぎて人目に留まらないでしょ」

食品用ラップフィルム
「(巻物、だ…と…!?)」
「ここ(スーパー)が居場所でしょ、おじさん!」
「枠に留まらず、型を破ることにためらいを持つな」
「納豆が完売!?発注数間違えたかな」
「おじさん…っ、すごいよほら…見てぇ…っ」
「任せよ、こういう時こそわしの出番ぞ」




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit