2019年03月09日

こんな女子をぎゅってしたい!ショートストーリーズ 「抱きしめたい。尊すぎる43作品!」

「こんな女子をぎゅってしたい! ショートストーリーズ」 電撃ツイッターマガジンのオムニバス短編集「こんな女子をぎゅってしたい! ショートストーリーズ」【AA】がアキバでは8日に発売になった。裏表紙は『豪華作家陣の“ぎゅってしたい女子”がい〜っぱいっ!』で、オビ謳い文句は『ただ、抱きしめたい。思いっきり。尊すぎる短編ストーリー43作品!』になってた。
-

オムニバス短編集「こんな女子をぎゅってしたい! ショートストーリーズ」
「こんな女子をぎゅってしたい! ショートストーリーズ」【AA】発売
「ただ、抱きしめたい。思いっきり――。尊すぎる短編ストーリー43作品!」

脊髄引き抜きの刑氏「積極的だったはずの女子」
脊髄引き抜きの刑 積極的だったはずの女子
「絶対…汗くさいもん… 部活のあとだし…」

大和なでしこ氏「あま〜い女子」
大和なでしこ あま〜い女子 「久保田くん、これ…よかったら食べて」

あやかわりく氏「無意識あまえんぼう女子」
あやかわりく 無意識あまえんぼう女子
「(久しぶりのデートで、彼女は大はしゃぎ。帰りは案の定…)」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店

オムニバス短編集「こんな女子をぎゅってしたい! ショートストーリーズ」【AA】が、アキバでは8日に発売になった(公式発売日は9日)。

『こんな女子をぎゅってしたい!』は、電撃ツイッターマガジンで連載され、連載開始時の告知によると『40名を超える豪華作家陣が、とっておきの“抱きしめたくなる女子”を描く、珠玉のオムニバス短編連載』という作品で、今回発売になった「こんな女子をぎゅってしたい! ショートストーリーズ」【AA】は、表紙イラストがフカヒレ氏、巻頭カラーイラストがIxy氏で、漫画:脊髄引き抜きの刑氏、大和なでしこ氏、あやかわりく氏、川村拓氏、桐原いづみ氏、ヒロイチ氏ら作家さん41名の漫画43編を収録

ゲーマーズ本店の特設コーナーは『思わず“ぎゅっ”と抱きしめたくなるような愛らしい女子が連続する、究極の萌えオムニバスショートコミック集、登場!』などで、裏表紙は『豪華作家陣とっておきの“ぎゅってしたい女子”がい〜っぱいっ!』、オビ謳い文句は『ただ、抱きしめたい。思いっきり――。尊すぎる短編ストーリー43作品!』だった。

ただただ、「ぎゅってしたい」…!そんなさまざまなシチュエーションでの抱きしめたくなる女子が、40本以上にもおよぶショートショートのコミックで連続する!豪華作家陣とっておきの“ぎゅってしたい女子”が、この1冊に大量収録!究極かつ、まったく新しいシチュエーションコミック集です!
コミックス情報

なお、「こんな女子をぎゅってしたい! ショートストーリーズ」【AA】掲載作家さんのあとがきコメントでは、脊髄引き抜きの刑氏『ちょうど描こうと思っていたネタが、しっくりくるテーマだったので助かりました』、大和なでしこ氏『付き合いたてで、ちょっとぎこちないカップルって、「青春してていいなぁ」って思い、マンガにしました』、あやかわりく氏『無意識で甘えてくる相手ってグッときません?』などをコメントされている。

「こんな女子をぎゅってしたい! ショートストーリーズ」コミックス情報

川村拓 地味に積極的な女子
「キスとかできちゃうかもね。相手の子と」 「告白したらですか…!?」

桐原いづみ ツンデレ女子 「…ここなら、してもいいですけど」

ヒロイチ 気まぐれにゃんこ系女子
「はーぬっくぬく〜♪」 「飲み物絶対こぼすなよ」

だーく 「家に帰るとイイことしてくれる女子」
もすこ
「自滅しちゃった女子」
もず
「待ちわびている女子」
阿東里枝 「好きなキャラの髪型にしてきた女子」
もくふう
「はいてない(?)女子」
吉川英朗
「思い直しちゃう女子」
鮭夫 「眼鏡をかけてきた後輩の女子」
ハレノチアメ
「口の悪い女子」
栗原さくら
「一緒にいるときの女子」
【掲載作家さん一覧(敬称略)】もくじ
脊髄引き抜きの刑 / だーく / すずきとと / ゆあま / すえみつぢっか / もすこ / じゃこ / 耳式 / もず / 川村拓 / 阿東里枝 / 赤塚大将 / もくふう / オダワラハコネ / もりちか / あやかわりく / 藤近小梅 / おみなえし / 堀出井靖水 / 笠間三四郎&植杉光 / 大和なでしこ / 吉川英朗 / 紺野賢護 / 藤崎ひかり / 士嬢マコ / 草野ほうき / 桐原いづみ / 鮭夫 / まつだこうた / でゆ山 / 愛内あいる / ハレノチアメ / 倉田理音 / ぐふ / 栗原さくら / ななてる / Ixy / はのみど / 鈴穂ほたる / 未影 / ヒロイチ



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit