2019年05月11日

【コラム】 令和の次の元号までは、“駱駝”の名前を後世に残したい。「俺を好きなのはお前だけかよ」11巻インタビュー

駱駝「俺を好きなのはお前だけかよ」11巻 TVアニメが発表になった「俺を好きなのはお前だけかよ」(電撃文庫)の11巻が5月10日に発売!今回はアニメの放映時期も大発表!新情報にプラスして、皆さんから募集した質問にNG無しで駱駝先生が全回答!もちろん最新11巻の見どころもたっぷり伺ってます。(取材:かーずSP
-

■TVアニメ「俺好き」、2019年10月から放映開始!

※文中、敬称略

───『俺を好きなのはお前だけかよ』TVアニメ、放送時期が決まりましたね。

駱駝先生(以下、駱駝):はい、11巻の帯で発表になりました。2019年10月より、放映予定です!

著:駱駝&イラスト:ブリキの「俺を好きなのはお前だけかよ」11巻
著:駱駝&イラスト:ブリキの「俺を好きなのはお前だけかよ」11巻
「2019年10月よりTVアニメ放送開始!」

───今回はTwitterで、皆さんから駱駝先生への質問をお寄せいただきました。随所に質問を差し込みながら進めていきます。まず最初に、「『俺好き』アニメ化おめでとうございます!いつも楽しく読ませてもらっています。アニメ化決定したとのことで、小説何巻ぐらいまでやる予定ですか?」、もうひとつ似た質問で、「ズバリ、アニメではどの話まで描かれるのでしょうか!?!?」というのも頂きました。

駱駝:4月に発売された「電撃文庫MAGAZINE 2019年5月号」の『俺好き』特集ページに、とある人物が掲載されています。なのでそこまではアニメで描くのかと、『俺好き』が好きな人ならわかっていただけると思います!

───脚本会議で、アニメスタッフとのバチバチした争いはないんですか? 原作へのリスペクトがないぞゴルァ!みたいな。

駱駝:イメージの共有ができているので、そういうのはなかったですね。行われていたのは主に、「ここ、こっちの方が盛り上がらない?」といった、より面白い方を選ぶためのディスカッションです。原作へのリスペクトは、特に感じていないですけど。

一同:(笑)

駱駝:いやいやっ!「アニメとして面白くしたい」と私も考えているので、原作をリスペクトし過ぎてしまうのは逆に困るんです。むしろ気にせず好き放題に作ってほしいので、このスタンスがベストじゃないかと思っています。私から「ここはこうしたいです」って提案する前に、「もう分かってますから大丈夫です」くらいの勢いで、プロデューサーさんや監督さんが『俺好き』を読み込んでいただいているのが伝わってきますので。

「俺を好きなのはお前だけかよ」の著者:駱駝

───よくラノベ原作で映像化された時に、部屋の間取りとか、建物の構造が新鮮に感じるのですが。

駱駝:原作者でも良くあります、「へー、ここってこうなっていたんだ」って(笑)。ああいうのって誰が決めているんですかね?

三木一馬(担当編集。以下、三木):制作進行や監督が原作を読んで解釈をして、美術設定の人がそれを絵に起こしてくれますね。ジョーロ君の家はきっと中流階級だろうとか、原作を読みながら想像してくれた結果ですね。

駱駝:どうでしょうね、ジョーロ君のお父さんは双葉商事に勤めている係長だから。

三木:それ『クレヨンしんちゃん』でしょ!

■「ジャンプ+」の番外編小説、とある仕掛けを
用意していたが……

───3月のAnimeJapan 2019にて、パンジーの「私のお願い」が公開されました。

駱駝:はい、書き下ろしました。パンジーの一人称なんですけど、戸松遥さんがセリフとモノローグで、微妙に喋り方を変えてくれているんですよ。モノローグだけ聴くと、ちょっとパンジーっぽくない印象を受けるかもしれません。けどセリフを聴くと、しっかりパンジーになっています。細かく演じていただけて嬉しくなりました。

───「少年ジャンプ+」でも書き下ろしの番外編小説を月イチで公開しています。

駱駝:最近、その番外編小説で悔しかったことがあるんですよ。4月7日公開の番外編小説24で、狙ったんです。

───何をですか?

駱駝:『ジョジョの奇妙な冒険』をテレビで観ながら、SSが配信される週にドッピオが来ると予想して、ドッピオネタを仕込んだんですよ。

番外編小説24のドッピオネタ

駱駝:でもドッピオ、この翌週だったんですよ。

───WANABEEEEEE!!

駱駝:そう、「スパイス・ガール」しか出てこなくて!2ヶ月前から仕込んで、ジャンプ的にタイムリーなネタを狙ったのに……「この短編は1回ずらしてくれ」って頼めばよかったと後悔しました!

───『ジョジョ』見てる人以外置いてきぼりですが、そんな『ジョジョ』の質問もいただいてます。「『ジョジョ』では何部が好きですか。推しのキャラは誰ですか?」

駱駝:好きなのは第5部で、推しはギアッチョです。ホワイトアルバム戦でミスタの「真の『覚悟』はここからだッ!」ってところが気に入っていて、そこで一役買ったギアッチョが好きです。大統領とか『ジョジョ』のラスボスって前向きな人が多いんですけど、4部と5部はけっこう後ろ向き。第5部のラスボスなんて究極のヒッキーですからね(笑)。

───「少年ジャンプ+」のコミック版はいかがですか?

伊島ユウのコミック版「俺を好きなのはお前だけかよ」3巻
漫画:伊島ユウ コミック版「俺を好きなのはお前だけかよ」3巻

三木:今、連載は原作の3巻部分です。マンガは原作を丁寧になぞっていて、分かりにくいところを上手くまとめてくれているんですよ。文字を読むのはちょっと億劫だという人は、マンガを読んでから小説を読むとビジョンが広くなるので、よろしいかと思いますよ。

───マンガ→小説の順番で『俺好き』を楽しむのもありってことですね。

三木:全然ありです。昔、角川映画のキャッチコピーで「読んでから見るか 見てから読むか」ってありましたけども。「マンガを読んでから小説を読むか、小説を読んでからマンガを読むか」、どちらでも好きな方でぜひ!

■「全てのラブコメを過去にする」は自信の現れ

───次の質問です、「全てのラブコメを過去にする」というコピーをどう思いますか?

駱駝:初見では、「あれ? なんかすごくハードル上げてきているな!」って思いました。

───もうひとつ、「作品自体はとても面白く大好きなのですが、帯で全てのラブコメを過去にする的な言葉で出版された時、プレッシャーとかありましたか?」

駱駝:プレッシャーはあまりなかったです。いつのまにか出版されていたので、「……出ちゃった」みたいな。

───女の子の「来ちゃった♥」みたいなノリ!

駱駝とストレートエッジ三木

三木:ラーメン屋が「うちのラーメンは不味いんですけど、食べてもらっていいですか?」と言いますか?「全てのラーメンよりうまい!トンコツから家系まで全てのラーメンを過去にする」って言いますよね?それぐらいの意気込みと自信の現れです!

■令和の次の元号までは、「駱駝」の名前を後世に残したい

───次に「なぜ、ラノベを書こうと思ったんですか?」というストレートな質問が届いてます。

駱駝:理由はたくさんあります。一つは、自分が作ったものをアニメ化したかったから。それでアニメ化に一番早いのはマンガかと思ったんですけど、いかんせん私、画力が壊滅的にありません。さらに『バクマン。』を読んでいたら、マンガって大変そうだなと思って諦めました。

───くじけ方が浅い!

駱駝:マンガしんどいなって。私、就職活動でアニメ制作会社も受けているんですよ、落ちましたけど。そもそもアニメ制作会社では、自分が作りたいアニメを作る最高権限は、簡単には持てないだろうと考えて、模索したらライトノベルがあったので、よし書いてみるか!と決心しました。

───それでデビュー作がアニメ化されるわけですから、有言実行の意志の強さを感じます。

駱駝:あとは自分が死んだ時に、生きてきた証を残したかったから、という理由もあります。

───自分が死んだ後、作家として名前が残るということですか?

駱駝:そうです、本として名前が残るじゃないですか。そのうち絶版になっても電子書籍ではしばらく残りますし。自分が死んで20年くらい、令和が終わった次の元号まで、ネットや書籍情報に載っていればいいです。

───後世に名前を残したいという割には、「駱駝」って一般的な動物の名前ですけど……?

駱駝:ペンネームは3文字くらいがいいのと、漢字だと初見で読めなくて、逆に覚えてもらえるんじゃないかと思って。はじめに「何て読むんだよ? これ」って調べて、「ラクダって、こういう漢字書くんだ」って覚えてもらえたらいいなあと思って決めました。

■プロ作家デビュー、レーベルにこだわって投稿するのは
茨の道なのか

───次の質問です、「ラノベ作家を目指す、アマなのです。私には出版するならこのレーベルがいいというものがあるのです。それにこだわり過ぎるのは茨の道ですかね」

駱駝:まず「茨の道ですか?」という質問に対しては「YES」です。だって5つのレーベルに応募するのと、1つのレーベルしか応募しないんだったら、合格率が違いますから。そういう意味で茨の道ではあるんですけど、先に茨になるか、後で茨になるかの違いじゃないですかね。

───と、いいますと?

駱駝:レーベルにこだわりがある人だったら、自分の入りたくないレーベルに入っちゃうと、もし上手くいかなかった時「やっぱりこのレーベルにしたのが間違いだった」と考えてしまう可能性があるので、後で茨の道になりかねない。

───最初に妥協しても、後からそこが引っかかることもあると。

駱駝:「スッキリして、気持ちよく書きたい」だったら、レーベルにこだわっている人は、1つに絞って応募していいと思いますよ。逆に今「茨の道だから他のレーベルも受けた方がいい」ってアドバイスに従った結果、「あの時、駱駝に言われて他レーベルに行ったら悲惨な目に遭った」って言われても嫌だし(笑)。私は全くこだわりなく、色々なレーベルを受けていました。だから、人によりけりだと思います。

■作家の共通項は「他人を楽しませるトークができる人」

───さらに作家志望者のアドバイスです。「もしよければマジなアドバイスお願いします。私は小説家になりたいと思い、最近は自分の好きを徹底的に表現することが大切だと思っているのですが、それをすると、一作品創るのにそれなりの時間がかかっています。公募に出す上では、入魂の一作を投げつけるのがいいのか、はたまた、もっといいやり方がいいのかアドバイスお願いします。」

駱駝:前半の問い(入魂の一作を投げつけるのがいい)については「YES」です。だんだん技術が上がっていくと思いますし、自分の好きと選考委員さんの好きが重なった時に通ると思います。無論そこには運もありますけれど。

三木:僕も「YES」で、まずは好きなものを書ききるべきです。なぜなら書き終わった後、「完」ってつけた時にめっちゃ気持ちいいから。その気持ちを忘れないようにしていたら、だんだん数がこなせるようになります。

ストレートエッジの三木一馬

───消化不良の未完を増やすよりは、ひとつずつ完結させることが大事ですか。

三木:そうです。短くても、例えば電撃小説大賞なら短編を受け付けていますから、それでまず挑戦してみるとか。書き切るという経験を繰り返さないとレベルが上がらないんですよ。RPGの戦闘でも、モンスターから途中で逃げちゃうと経験値が入らないでしょ?倒し切ってこそ、経験値が入ってレベルアップできますから。

───「他にもっといいやり方がありますか」という問いについては。

駱駝:『もっといいやり方』ではなく、『これができると有利』という話になってしまいますが、人を楽しませられる話し方の技術を磨くと、面白い本が書けると思います。コミュニケーション能力とはちょっと違って、人を楽しませる話が出来る人。作家さんの話ってマジで面白いんです。他人を楽しませようって意思で話しているからかなって類推してます。

───興味深い視点です。

駱駝:意識的にやっているかやっていないかは分かりませんが、少なくとも私が出会った作家さんは、皆さん話が面白い。なので、自分の『好き』を自分だけじゃなくて、他の人も楽しめるよう意識して書いてみてはいかがでしょう?方法論は、本人に合った方法があると思うのでご自身で模索して下さい。

───実用的なアドバイスですね。次、「駱駝先生はもう経済的にはしっかりとお金持ちなんですか?」

駱駝:同年代の平均年収と比較すると、ちょっぴりいい感じです。『今』は。

■後悔のない人生を過ごすため、ラノベ作家になるのは
アリかナシか

───次です、「ラノベ作家になって、毎日は充実していますか?私は将来、後悔のない人生を過ごしたくて、ラノベ作家になりたいと思っています。あと、やっぱり結婚はしにくい職業なのでしょうか?」

駱駝:イラストを見てワクワクしたり、打ち合わせで編集さんとあれこれと試行錯誤したり、先輩や同期の作家さんと会って色んな話を聞けたりと、私は毎日とても充実しています。

───充実してない人もいるんでしょうか?

駱駝:います。売上が芳しくなかったり、編集さんと相性が悪かったりと理由は様々ですが。なので、ラノベ作家になって充実するかしないかは、その人次第ではないかと。

───「後悔のない人生を過ごしたくて、ラノベ作家になりたい」にはなんと答えますか。

駱駝:『俺好きなのはお前だけかよ』3巻を読んでください。3巻に書いてあります。

───ジョーロがバイトする話ですね。

駱駝:バイトの先輩の金本さんが、その話をしています。興味があったら『俺好き』3巻の208ページから読んで下さい。

■「ラノベ作家って、結婚しにくい職業なの?」
ある意味YES

───「やっぱり結婚はしにくい職業なのでしょうか?」という部分に関しては。

駱駝:これも人によります。ラノベ作家さんで、結婚している人も大勢いますので。最近はFacebookとかでも婚活システムみたいなのとかありますし、結婚したい人は頑張れば結婚できると思いますよ。別にラノベ作家が結婚しにくい職業じゃなくて、結婚が第一じゃない人達が集まっているイメージがあります。

三木:性格的に?

駱駝:自分がそうだから、勝手にそう思っているだけなんですが。私、一人の時間がバリ大好きなんですよ。自分だけがいる空間、時間がめちゃくちゃ好きです。

───一人で時間を過ごすことが好きな性格が、小説家業には多いと。

駱駝:自分がそういう性格なので推測に過ぎませんが。私はパーソナルスペースをすごく大事にするタイプです。「結婚するとそこを侵されるのか、だったら友達ぐらいがちょうどいいよな」って考えて、同じ意見で結婚しない人はいると思います。

───次の質問なんですけど「好きなフットボールクラブ、選手は?」

駱駝:東京ベルディのラモス選手。というかラモス選手とカズ選手ぐらいしか、あまり知らないです(笑)。

───次に「駱駝先生のTwitterを三木さんがフォローしていないのは何か意図があるんでしょうか?」

三木:Twitterやってたの!?俺、マジで知らなかった。リプライ送ってくれないと分かんないよ!

駱駝:まあ稼働してなくて、ほとんど呟いてないので(笑)。一週間前に「ソシャゲでいい成績出した」以外はほぼ何も呟いていないので、三木さんが知らないだけですね。

───検索したら「駱駝」ってハンドルネームの人がたくさん出てきますけど、どれも違うっぽいです。

駱駝:わからないと思います。何だか作家さんでTwitterやってる人沢山いるし、一応作っておくかという軽い気持ちで作っただけなので。結果、ほぼ放置状態ですが。

───スマホゲームのスクリーンショットをアップするだけですか?

駱駝:今後もなにか呟きたくなったら、呟くかもですね。だからこの質問の人、よく知ってるなって驚いた(笑)。今回の駱駝賞をあげます。

───ちなみに何のゲームですか?

駱駝:セガの『コトダマン』です。Twitterにスクショを載せたのは、それを現時点(2019/4/1時点)で達成できた人がほとんどいなかったからです。

───やり込み方がすさまじい! 『コトダマン』の文字を使う要素が、語彙力など作家としての部分に生きていたりは?

駱駝:全然生きていないです(笑)。でもこれで『コトダマン』の公式さんから見つけてもらって、「俺好き」とコラボする淡い期待を持ってます。以前、新モンスター討伐ランキングでソロ6位に入りましたからね。そのご褒美も込みで、カルボナーラ(コトダマンでのプレイヤー名)は『コトダマン』コラボ待ってます!

※ここからは、少しだけ『俺好き』最新11巻のネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。

■11巻表紙のパンジー、歴史に名高い文豪に挑戦!?

───11巻の表紙は、本編で出てきたパンジーの決めポーズですか。

駱駝:こんな大々的に表紙を飾ることになるとは思いませんでした。ホースの目の前にパンジーが現れるところで「せっかくだからポーズを取ってたら面白いんじゃない?」って編集さんから提案を受けたのがきっかけです。格好いいポーズ……芥川龍之介でいこう!って書いたら、そのまま芥川龍之介ポーズが表紙になっちゃったという(笑)。

───カラー口絵もブリキ先生の破壊力が炸裂してます。

ブリキ先生による11巻のカラー口絵

駱駝:「コスモスのエプロン」がよく見ると絶妙にエロい!ハートの胸の部分がちゃんと空いているんですよ。細かい芸をするなあと思いました。今回もたくさんキャラが描いてあって、ブリキさんすげえ!あと撫子の鼻水が好きです(笑)。

───10巻の口絵カラーで誕生したパインが、今回コスプレしてましたが……インパクト大きすぎです。

10巻カラー口絵のパイン

駱駝:この10巻の口絵ラフが届いたときに、ブリキ先生から「こんな化物描いてしまったんですがいいですか?」と聞かれて、「これは面白いもん描いてきた!」って私が気に入って、本編に登場させました。 満を持して11巻の挿絵でも登場していて、描き込みが激しいです。

───ぜひ11巻を読んで驚いてほしいですね。アニメで動いているところも見てみたいような……。

駱駝:パインの声優は若本規夫さんでお願いします!

■文化祭の思い出「楽しかったけど心を病みました」

───11巻は文化祭が舞台ですが、駱駝先生が個人的に抱いている文化祭のイメージは?

駱駝:リア充の祭典(即答)。

(一同笑)

駱駝:私のクラスはクラスメイト全員が参加して、ドミノを作ったんです。最後は全校放送で「ドミノ倒しまーす!」ってスタートさせました。クラスのリア充からサブカル系まで一致団結して並べて、達成できたときは気持ちよかった思い出があります。

───リア充の感じがしますね。

駱駝:ドミノって見せるのは楽しいんですが、当時はみんな病みまして……。何回も途中で倒れるんですよ。倒れては直し、倒れては直しを繰り返すんです。

───賽の河原みたいな。

駱駝:準備期間中は夢に出てきて、ドミノを倒して「ハッ!」と目が覚めたり。それくらいクラスみんな病んでました。

■11巻では、ジョーロとホースの仲直りをさせたかった

───喫茶店のホースとジョーロの腹芸で会話するところがカラー口絵になっています。

11巻カラー口絵のホース(葉月保雄)とジョーロ(如月雨露)

駱駝:はい、ちょっとスザクとルルーシュっぽいイメージを意識してます(笑)。

───ホースとの仲直りは、前々から決めていたんでしょうか?

駱駝:そうですね。ホースは物語における非常に重要な役割を担う存在なので、ジョーロとホースの関係修復はいつか必ずやると決めていました。

───今回、つきみのキャラ立ちが強烈です、こんな子だったのかと新鮮な印象を受けます。

つきみ/草見月(くさみ ルナ)

駱駝:いままでつきみは全く掘り下げていませんでしたので、活躍させたいと思っていました。それまでは綾波レイの上辺だけすくったみたいなイメージでしたが。

───もっとオブラートに包んでください(笑)。

駱駝:あえて今まではつきみのキャラを立てず、出すときにしっかり出そうと。チェリーもドジキャラとして明確にしたのは7巻からですし。

───今回、チェリーのドジっ子が深刻化していましたが……。

駱駝:前からああいう子でしたよ、あれがホースの日常です。

チェリー/桜原桃(さくらばら もも)
■「A子さん」から大昇格!3巻のサザンカにおける、
物語の多重構造

───サザンカがようやくヒロインの土俵に乗りました。この展開はシリーズ当初から考えていたのでしょうか?

右:サザンカ/真山亜茶花(まやま あさか)

駱駝:1巻から登場していた「A子さん」をヒロインにしたいという三木さんの提案から始まりました。最初サザンカはジョーロの周りをウロチョロしていて、土俵にあがりません。3巻から少しづつ土俵に上がってきて、正式なヒロインに昇格するところまでを描きたかった。なので2学期はサザンカの出番を増やしたんです。

三木:3巻はツバキのエピソードが本筋なんですが、よく読んでいくと、別軸でもう一つの物語が動いている演出を入れてます。A子=サザンカのお父さんのエピソードが並行していて、ラストで謎が解かれるって構成ですね。ツバキ編と思わせておいて、気付かないところでジョーロがもうひとつのイベントを消化していた。そんなWエピローグができると面白いと思って提案したんです。A子を裏ヒロインの扱いで登場させる、至ってロジカルな、インテリジェンスに富んだ手法です(ろくろを回すポーズで)。

駱駝:カタカナ言葉が増えましたね、さすが社長。

───次の12巻の予定は?

駱駝:11巻ラストに「次は修学旅行だ!」と書かれています。そこで「科学と魔術」が「交差する」、確か修学旅行先は立川でしたっけ?

三木:僕はゲームの中に入って二度と出られなくなると思います。

駱駝:そこでジョーロは素早さを重点的に鍛えていたら、システムから二刀流というスキルをもらったり。ジョーロは能力を持ってないんですが、敵のスキルをすべて無効化する右手の異能が発動するんじゃなかったかな。

三木:撃つと分解する銃を持っていて、のちに灼熱のハロウィンと呼ばれるようになります。あとジョーロの妹が、引きこもりの覆面イラストレーターとして登場します。

駱駝:最終的には丸いロボットに乗って戦うことになる予定。

三木:『ヘヴィーオブジェクト』か。一瞬シローアマダのボールかと思った(笑)。

───電撃文庫のタイトル、いくつ出てきたでしょう?というおフザケはここまでにして、二人からメッセージをお願いします。

三木:二桁の大台を越えて、11巻まできました。デビュー作がここまで続くのはありがたいと感じています。これも真剣な悪ふざけを読者の方々が面白いと感じてくださったおかげです。これからも真面目にバカなことをやっていきますので、ぜひ最後まで見届けていただけると嬉しいです。最後まで読んでよかった、価値があったと思ってもらえるように頑張ります。『俺を好きなのはお前だけかよ』の天王山であるTVアニメも秋から放送されますので、アニメもお楽しみに!

駱駝:今回は読者さんから色んな質問をいただいて楽しかったです、質問してくださった皆さん、ありがとうございます!『俺好き』も3年かけて、ようやく2学期まで来ました。10巻のときに「『とらドラ!』の最終巻と同じになっちゃった」と思いました。なので12巻が出るときには「『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』と同じ冊数だよ」と思う予定です。その時は『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』を見て、安心して、これからも頑張って書いていこうと思います。

───『俺好き』は何巻まで続ける予定ですか?

駱駝:『とある魔術の禁書目録禁書目録(インデックス)』くらいですかね?

三木:通巻50巻近くありますよ。『俺好き』は12巻くらいまで続けたいかな。

駱駝:目標が低い!って次で終わるの確定!?2019年10月よりTVアニメ放送開始です、よろしくお願いいたします!

───本日はありがとうございました。



【関連記事】
俺を好きなのはお前だけかよ10巻 「秋のビッグイベント開催中止!? どうするジョーロ!」
俺を好きなのはお前だけかよ9巻 「ついに始まったか、美少女たちの"俺"争奪戦が」
俺を好きなのはお前だけかよ8巻 「きらめく汗と甘酸っぱい青春と切なく胸に来る展開」
俺を好きなのはお前だけかよ7巻 「おっぱいタッチしたサザンカとチェリーとの二股」
俺を好きなのはお前だけかよ6巻 「イベント満載!波瀾万丈な夏休みが始まる!」
俺を好きなのはお前だけかよ5巻「やられた見事にやられました。この伏線回収は見事」
俺を好きなのはお前だけかよ4巻 「高校生活一番の勝負に挑む」
俺を好きなのはお前だけかよ3巻 「大胆でパッツンな波乱の転校生!!」
俺を好きなのはお前だけかよ2巻 「面白すぎる!今回も最後の展開が神懸かってた」
ラノベ 俺を好きなのはお前だけかよ 「一癖も二癖もあるキャラが織りなす物語」

コミカライズ 俺を好きなのはお前だけかよ3巻 「いったい恋の何角関係…?」
俺を好きなのはお前だけかよ2巻 「ねじれた五角関係、これがラブコメの最前線!」
コミカライズ 俺を好きなのはお前だけかよ1巻「私、貴方をストーキングしているもの」

アニメ化決定!「俺を好きなのはお前だけかよ」最速インタビュー! 10巻情報も!
俺を好きなのはお前だけかよ9巻、発売記念!駱駝先生インタビュー!
俺を好きなのはお前だけかよ8巻、発売記念インタビュー!
俺を好きなのはお前だけかよ7巻、発売記念インタビュー!
「俺を好きなのはお前だけかよ」6巻発売記念!駱駝先生インタビュー!
「俺を好きなのはお前だけかよ」5巻発売記念!駱駝先生インタビュー
「俺を好きなのはお前だけかよ」4巻発売記念、駱駝先生インタビュー!
「俺を好きなのはお前だけかよ」3巻発売記念!駱駝先生インタビュー
「俺を好きなのはお前だけかよ」書きおろし新作ショートストーリー
電撃小説大賞受賞作「俺を好きなのはお前だけかよ」 駱駝先生ロングインタビュー
俺を好きなのはお前だけかよのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
アスキー・メディアワークス / 電撃文庫 / Twitter
「俺を好きなのはお前だけかよ」11巻書籍情報 / 特設ページ(試し読みあり)
イラスト:ブリキ氏のホームページ「ブリキの砦」
ブリキ (イラストレーター) - Wikipedia

TVアニメ「俺を好きなのはお前だけかよ」公式サイト / Twitter
「俺を好きなのはお前だけかよ」TVアニメ化告知PV - YouTube
・駱駝書き下ろし短編「私のお願い」朗読/三色院菫子(CV.戸松遥) - YouTube

集英社 / 少年ジャンプ+ / Twitter
コミカライズ版「俺を好きなのはお前だけかよ」連載ページ
伊島ユウ氏のTwitter / pixiv / pixivFANBOX


この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit