2019年06月10日

サークル脳みそ園 アイドルとヲタクの理想の関係 「アイドルミカたんの性癖がやばすぎ」

サークル脳みそ園「アイドルとヲタクの理想の関係」 サークル脳みそ園のオリジナル同人誌『アイドルとヲタクの理想の関係』がメロン秋葉原1号店&2号店に入荷してる。メロン通販の紹介は『とあるドルオタ男の家の隣に、ある日突然推しメンのミカたんが引っ越してきた☆』で、ミッシマシマさんの感想『アイドルミカたんの性癖がやばすぎ』などがある。
-

サークル脳みそ園(脊髄引き抜きの刑)のオリジナル同人誌「アイドルとヲタクの理想の関係」
サークル脳みそ園のオリジナル同人誌「アイドルとヲタクの理想の関係」

メロンブックス秋葉原1号店の「アイドルとヲタクの理想の関係」
メロンブックス秋葉原1号店

「(ミカたん…!?)」 「隣に越してきた真田です」
アイドルのミカ(左)が、ミカ推しのドルオタ男・マサキ(右)の隣に引っ越してきた
「(ミカたん…!?)」 「隣に越してきた真田です」

「ふあっ♥ やっ あ゛♥ だめっ!んっ♥ あっ」
隣に住むミカの部屋から、喘ぎ声が聞こえる
「ふあっ♥ やっ あ゛♥ だめっ!んっ♥ あっ」

「やっぱかわいいな、もっと苦しめたい〜♥」
喘ぎ声を聞いてツイートしたマサキを監視するミカ
「あ〜♥ 死にたくなってるー やっぱかわいいな、もっと苦しめたい〜♥」

サークル脳みそ園(脊髄引き抜きの刑氏)が、コミティア128で頒布されたオリジナル同人誌『アイドルとヲタクの理想の関係』が、メロン秋葉原1号店&2号店に入荷してる。

『アイドルとヲタクの理想の関係』は、サークルさんのコメントが『脊髄引き抜きの刑がTwitter上で発表しているマンガに描き下ろしを加えたもの』とのことで、Twitterブログニコニコ静画などで公開されている同名作品と描き下ろしを収録した約50ページの同人誌で、サークルさんの既刊情報によると『隣の部屋に推しのアイドルが引っ越してきた、夢の展開になるかと思いきや…』で始まるお話。

脊髄引き抜きの刑先生がWEB公開した漫画に、描き下ろしを加えたまとめ本が登場♪ とあるドルオタ男の家の隣に、ある日突然推しメンのミカたんが引っ越してきた☆ 親密な関係になれるかもと思ったけど、彼女の部屋から喘ぎ声が聞こえてきて…!? メロンブックス通販

また、とらのあなへの委託もあるみたいで、とら通販の紹介は『マサキ君は隣人のミカたんからドS極まる行為で嬲られまくり、そんなマサキ君の反応を見てはこれ以上ない愉悦に浸るミカたん。魅惑のアイドル×ファン展開』などになってる。

なお、『アイドルとヲタクの理想の関係』の感想には、支援戦隊パトロンジャーさん『ミカたんの歪んだ恋心がとてもヤバかったです。マサキくんの絶望顔もヤバかった』、水無月卯月さん『同人誌のみの話があるのですが、意外なヒロインの姿が描かれており、更に興味が持てました』、ミッシマシマさん『アイドルミカたんの性癖がやばすぎますが、ここまで愛されるならファンとしては最高の幸せなのでは』などがある。

サークル脳みそ園 / 脊髄引き抜きの刑氏のTwitter

「(プレゼントを持って帰ってきたら本人だ…!)」
「お隣さん、こんばんは〜」
「(かわい〜最高…♥)」
「(ちょろきゃわい〜 はやくいじめたい♥)」
監視カメラ設置「名前呼んでる…かわいい…」
「(昨日ずっと布団に潜ってたから心配したんだよ?)」


【関連記事】
こんな女子をぎゅってしたい!ショートストーリーズ 「抱きしめたい。尊すぎる43作品!」
脊髄引き抜きの刑のニュース - アキバBlog

キミは俺の推しじゃない1巻 「オタク男子高生がハマった、恋のトライアングル!」
ドSだと思っていた担当がドMのドルオタだった話 「ドルオタ編集者のエモい日常」
ドルヲタ漫画 推しが武道館いってくれたら死ぬ1巻 「全ては愛する推しの為に」
アイドルな彼女とヲタクな僕と1巻 「憧れのアイドルに奴隷扱いされる刺激的生活!」
アイドルオタクのニュース - アキバBlog
アイドルのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
サークル脳みそ園 / 脊髄引き抜きの刑氏のTwitter / pixiv / pixivFANBOX
「アイドルとヲタクの理想の関係」シリーズ / pixiv / ニコニコ静画
メロンブックス通販「アイドルとヲタクの理想の関係」
とらのあな通販「アイドルとヲタクの理想の関係」

【感想リンク】
アイドルミカたんの性癖がやばすぎ
ミカたんの歪んだ恋心がとてもヤバかったです。マサキくんの絶望顔もヤバかった
6話のミカたんがめちゃくちゃ可愛かったし、あとマサキくんが幸せそうだった!
意外なヒロインの姿が描かれており、更に興味が持てました
ヤンデレ最高
エグいけど、可愛いミカたん
ミカたんが可愛いし、マサキ君への愛が伝わってくるからいいかな(笑


この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit