2019年07月09日

山珠彩貴 / へちもん〜信楽陶芸日記〜 「JK陶芸家と異国のお嬢様。師弟愛が尊い♥」

山珠彩貴「へちもん〜信楽陶芸日記〜」 山珠彩貴氏のコミックス「へちもん〜信楽陶芸日記〜」【AA】が8日に発売になった。とらAのPOPは『JK陶芸家に弟子入りし毎日を楽しく奮闘する、個性的な陶芸女子との成長物語♥』で、オビ謳い文句は『JK陶芸家と異国のお嬢様が、泥まみれになって…教えたり教えられたり…。師弟愛が尊い♥』になってた。
-

山珠彩貴の漫画「へちもん〜信楽陶芸日記〜」
山珠彩貴氏のコミックス「へちもん〜信楽陶芸日記〜」【AA】発売
「JK陶芸家と異国のお嬢様が、泥まみれになって…教えたり教えられたり…」

女子高生陶芸家・椿
女子高生陶芸家・椿

「見事な焼締めですね。もしかして、瑞峰先生の作品ですか?」
「見事な焼締めですね。もしかして、瑞峰先生の作品ですか?」
「おじいちゃん、知っとるの?」

「飾らない無骨とも言える形でありながら機能美を損なわない成形と焼締めによる素朴さが相まってとても高い芸術性を出してますよね」
イギリス人の信楽焼フェチお嬢様・リリー
「飾らない無骨とも言える形でありながら機能美を損なわない成形と焼締めによる素朴さが相まってとても高い芸術性を出してますよね。信楽の特徴とも言える素地の火色も美しく見る場所によって景色が変わり一日中見ていても飽きませんし焼締め特有のザラザラした手触りが愛着を更に増します」
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

山珠彩貴氏が月刊キスカで連載されていたコミックス「へちもん〜信楽陶芸日記〜」【AA】が、8日に発売になった。

『へちもん〜信楽陶芸日記〜』は、コミックナタリーによると『焼き物に魅せられたイギリス人のお嬢様・リリーが、陶芸家に弟子入りすべく滋賀の信楽にやって来たことから始まる物語。憧れの陶芸家はすでに亡くなっていたが、その孫・椿の作品に惹かれたリリーは住み込みで陶芸を教わることに。信楽の高校は陶芸に力を入れており、授業で器を作ったり土マニアの女子高生に出会ったり、焼き物に夢中な少女たちの青春模様を描く』というお話。

コミックス「へちもん〜信楽陶芸日記〜」【AA】には、第1話「異国のへちもん」〜最終第11話「いつかまた」を収録し、とら秋葉原店AのPOPは『とある信楽焼陶芸家に憧れて来日の、異国お嬢様が形成する友情と青春――。DNAを継ぐJK陶芸家に弟子入りし、毎日を楽しく奮闘する、個性的な陶芸女子との成長物語♥』で、オビ謳い文句は『JK陶芸家と異国のお嬢様が、泥まみれになって…教えたり教えられたり…。師弟愛が尊い♥』になってた。

舞台は焼き物の町、滋賀県の信楽。信楽焼に魅せられ日本に来たイギリスのお嬢様が、縁あって女子高生陶芸家に弟子入り志願。全ては、憧れの陶芸家になるために―― 裏表紙

「へちもん〜信楽陶芸日記〜」【AA】の感想には、兎来栄寿さん『百合の香漂う優しい世界で異文化交流と陶芸にまつわる雑知識が詰まった良い作品』、jiro00さん『絵がきれい…中身も面白いです』、ibaranikaさん『1巻完結なのはもったいないけど、そのぶんよくまとまってると思う。師弟百合もいいものだわ』などがある。

なお、作者:山珠彩貴氏は後書きで『やきものが好きです。中でも信楽焼は、やきものを好きになるきっかけでした。作家さんの顔が見える器を使うのは、とても贅沢なことのように思います。そんな作家さんにスポットを当てた漫画を描きたくて、この作品になりました。少しでも、やきものにご興味を持っていただけたら幸いです』などを書かれている。

「へちもん〜信楽陶芸日記〜」コミックス情報

「イギリスから来ました、リリー・スペンサーです。
約束通り、瑞峰先生の弟子になりに来ました!」

「うちに来なくてもよかったんじゃ…」
「とんでもない。現場でしか習えない事は多いですよ」

「楽しくて仕方ないって顔するんよね。土を触るのが本当に好きなんやろなあって」

「いい子やとは思う…このまま友達でおれたらって」
「焼き物の町で、歴史と技術を学んでいってください」
「信楽はね!大昔、琵琶湖の底やってん」
「土は、陶芸家の命」
「わあ… これが、三船先生の登り窯…」
「それでも私は、あなたの弟子になりました」


【関連記事】
かみさま、おこさま、きつねさま! 「陶芸家とおこさま妖狐のもふもふ本」

童貞カヤッカーカケル1巻 「(童貞)ロマンチストvsドビッチ!! 今、川がアツい!」
アリソンは履いてない1巻 「ゲームから飛び出した美少女、バグで常にノーパン(笑)」
放課後少女バウト1巻 「10代の格闘女子が殴る!蹴る!シメる!格闘青春物語!」
闇女―ヤミ・カノ― 1巻 「憑依能力で知る裏の顔。次々と暴かれる女たちの闇」
萩尾ノブト / いたこのこ 「イタコな女子大生に憑依されてエッチに乱れる!」
月刊キスカのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
竹書房 / 月刊キスカ / Twitter
「へちもん〜信楽陶芸日記〜」コミックス情報
陶芸に青春をかけた少女たちのスクールライフ in 信楽!
信楽焼に魅せられ日本に来たイギリスのお嬢様が、女子高生陶芸家に弟子入り志願
山珠彩貴氏のTwitter
「へちもん〜信楽陶芸日記〜」信楽の陶芸ガールズを描く、焼き物青春ストーリー

信楽焼 - Wikipedia
信楽町観光協会ホームページ「ほっとする信楽」
日本のやきもの/信楽焼
焼き物一覧|陶器・磁器の違いと産地別の特徴まとめ
信楽焼(歴史・特徴)|日本の代表的やきもの産地を紹介

【感想リンク】
美少女しか出てこないガールミーツガールな女子高生×陶芸もの
題材そのものが侘び寂びの世界でもあって、読後感は上々
百合の香漂う優しい世界で異文化交流と陶芸にまつわる雑知識が詰まった良い作品
よくまとまってると思う。師弟百合もいいものだわ
絵がきれい…中身も面白いです


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit