2019年07月10日

クマ撃ちの女1巻 「狙うは日本最強エゾヒグマ!狩猟女子の命がけの狩猟劇!」

安島薮太「クマ撃ちの女」1巻 安島薮太氏のコミックス「クマ撃ちの女」1巻【AA】が9日に発売になった。女性兼業猟師・小坂チアキと、駆け出しライター・伊藤カズキなどが登場し、裏表紙は『撃って、捌いて…そして食う!』で、オビ謳い文句は『狙うは“日本最強生物”エゾヒグマ!狩猟女子が繰り広げる命がけの狩猟劇!』だった。
-

安島薮太の漫画「クマ撃ちの女」1巻
安島薮太氏のコミックス「クマ撃ちの女」1巻【AA】発売
「狙うは“日本最強生物”エゾヒグマ!」

〈相手に気付かれず、いかに近づくかが重要〉
〈ヒグマ猟は他の狩猟と同様、相手に気付かれず、いかに近づくかが重要〉

「(やっと…ヒグマを撃てる!)」
兼業猟師の女性・小坂チアキ「(やっと…ヒグマを撃てる!)」

「(もし撃ち損じたら?)」
「(もし撃ち損じたら?)」ドッ ドッ ドッ ドッ
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

安島薮太氏がくらげバンチで連載されているコミックス「クマ撃ちの女」1巻【AA】が9日に発売になった。

『クマ撃ちの女』は、コミックナタリーによると『本作に登場するのは、兼業猟師の女性・小坂チアキと、彼女を密着取材する駆け出しライターの伊藤カズキ。チアキは昨年1頭のヒグマを仕留めた狩りガールとして話題になったが、本人によるとそれはマグレだと言う。ヒグマ猟ができるのは実質年に2カ月程という短い期間の中、絶対にヒグマを撃ちたいと命をかけるチアキの姿が描かれる』というお話。

今回発売になった「クマ撃ちの女」1巻【AA】には第1話〜第8話を収録し、裏表紙は『撃って、捌いて…そして食う!命がけの狩猟ドラマ!』で、オビ謳い文句は『狙うは“日本最強生物”エゾヒグマ!狩猟女子が繰り広げる命がけの狩猟劇!』になっていて、販促POPもエゾヒグマ

小坂チアキ、職業・兼業猟師。彼女が狙うのは、“日本最強生物”エゾヒグマ…!北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇! コミックス情報

なお、コミックス「クマ撃ちの女」1巻【AA】の感想には、きおさん『緊張や恐怖と常に隣り合わせな空気感が凄く伝わってきて、ルポの地の文の冷静さとの絶妙なバランスで狩猟の世界に引き込まれる』、BARANさん『チアキさんが教えてくれる雑学?は都会っ子には新鮮です』、小説家・栗原ちひろ氏『明るく始まるけど、かなりハードボイルド寄りだと思う。ハードさと生活、お仕事ものの融合なのがいい。各話の間の短文コラムも痺れる』などがある。

「クマ撃ちの女」1巻コミックス情報 / 特典情報 / 連載ページ

「私はヒグマを撃ちたくて撃ちたくて、たまらないんです」

「やってみますか、同行取材!」「え…よろしいんですか?」

「軽い気持ちならやめたほうがいいよ、死ぬよ!
アノ娘はいつ死んでもおかしくないよ」

〈いつコチラが襲われるかわからない〉
「(ヒグマ…!)」
〈激しく怒り、極度の興奮状態になっていた〉
「(最低でも3発、出来ればフルの6発…!)」
「(よし!まだ動かない…!落ち着いて…)」
ドバア


【関連記事】
極主夫道3巻 「元最凶ヤクザ、専業主夫になって初めてのパートタイム!」
マンガに編集って必要ですか?1巻「生々しいマンガの現在。中年漫画家とキラキラ女子」
部長が堕ちるマンガ「堅物部長が腐女子部下に堕とされた、めくるめくオタクの世界」
海島千本短編集 プリズムの咲く庭 「美麗な筆致で紡がれる色とりどりな十編!」
カルロ・ゼン&品佳直 売国機関1巻 「喜べ豚共!これが戦争だ!」
くらげバンチのニュース - アキバBlog

女子高生x罠猟マンガ 罠ガール2巻 「農作物を守るため今日もクールに害獣捕獲!」
罠猟コミック 罠ガール1巻 「JK×罠猟、ガチでやってます!」
ゴールデンカムイ7巻「冒険、歴史浪漫、狩猟グルメ全部入りッ!和風闇鍋ウエスタン!」
ゴールデンカムイ5巻 「冒険×歴史×狩猟。猟師の魂が勃起する!」

【関連リンク】
新潮社 / くらげバンチ / 編集部ブログ / Twitter
「クマ撃ちの女」1巻コミックス情報 / 特典情報 / 連載ページ
安島薮太氏のTwitter
狩猟女子漫画「クマ撃ちの女」1/5
1巻発売中です!紙もあります!電子書籍もあります!
編集部が販促物を作ってくれました!小冊子と、「クマ撃ちの女」を置く台!
ヒグマを撃ちたくてたまらない、命かける女性猟師描く「クマ撃ちの女」1巻

【感想リンク】
執念と情熱でヒグマを追う女性狩猟者の話。根っこは結構重い
ルポの地の文の冷静さとの絶妙なバランスで狩猟の世界に引き込まれる
語尾が気になるけどヒロインもいいキャラしてますぅ
チアキさんが教えてくれる雑学?は都会っ子には新鮮
明るく始まるけど、かなりハードボイルド寄り


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit