2019年08月02日

LINE文庫エッジ創刊 デュアル・クリード 「異世界に召喚された英雄たちによる、国盗り合戦開幕!」

著:津田彷徨&イラスト:ジョンディーのライトノベル「デュアル・クリード」 LINE文庫エッジが創刊し、津田彷徨氏のライトノベル「デュアル・クリード」【AA】がアキバでは1日に発売になった。オビ謳い文句は『英雄が異世界に召喚!?己の信条を賭け「知略」と「力」をぶつけ合え!!』で、書籍情報は『異世界に召喚された英雄たちによる、国盗り合戦開幕!』になってる。
-

津田彷徨のLINE文庫エッジ「デュアル・クリード」
津田彷徨氏のライトノベル「デュアル・クリード」【AA】発売
「英雄が異世界に召喚!?己の信条を賭け知略と力をぶつけ合え!」

「デュアル・クリード」の登場人物
登場人物 主人公・亮(右ページ中央)や
前田慶次、柳生十兵衛、ナポレオンなどなど

「これでも私はうら若き乙女なので」
「これでも私はうら若き乙女なので、羞恥心というものをそれなりに有しているのです」

「伏龍は八陣において全てを見通す!」
「女神ディオネの名の下に…伏龍は…伏龍は八陣において全てを見通す!」
アニメイト秋葉原本館
特典:リーフレット
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
フェア特典:しおり

ライトノベルレーベル「LINE文庫エッジ」が創刊し、津田彷徨氏のライトノベル「デュアル・クリード」【AA】(イラスト:ジョンディー氏)がアキバでは1日に発売になった(公式発売日は5日)。

『LINEノベル』は、創刊プレスリリースによると『自由に小説の投稿ができることはもちろん、様々なカテゴリの人気作品を読むことができる、既存の出版社の枠組みを越えた新しい小説プラットフォーム』『多数の人気小説家による「LINEノベル」だけの書き下ろし作品の提供が決定しております』を謳い、文芸レーベル「LINE文庫」と、ライトノベルレーベル「LINE文庫エッジ」が同時創刊。

今回発売になった「デュアル・クリード」【AA】は異世界の大陸を舞台にし、販促POPは『偉人たち異世界に召喚!英雄大戦開幕!()』、『名だたる偉人たちが異世界に見参!()』で、オビ謳い文句は『英雄が異世界に召喚!?己の信条を賭け「知略」と「力」をぶつけ合え!!』、書籍情報は『異世界に召喚された英雄たちによる、国盗り合戦開幕!』になってる。

塾へ向かう途中突然意識を失った亮は、女神に導かれ見たことのない異世界へと召喚される。彼は気付くと内乱真っ只中のクロノス王国にいた。二つに割れた王国に再び平穏を取り戻すため、亮は、現代から来た少女・皐月と共に戦乱の渦に巻き込まれていく。
だが、周辺諸国も“英雄”たちを召喚していた――。二人は、前田慶次、ナポレオン、松永久秀、柳生十兵衛、水戸光圀といった来訪者たちと相まみえることになる――。戦略×戦略!己の信条を賭けた英雄大戦が今幕を開ける! 裏表紙

なお、作者:津田彷徨氏後書きで『この作品はある意味において異世界における主観的な歴史書なのです。そんな異世界ファンタジー戦記としてのマスターピースをと思い作り上げた歴史書、ぜひ楽しんで頂けましたならば幸いです』などを書かれている。

「デュアル・クリード」書籍情報 / 津田彷徨氏のTwitter

「ここが未知の異世界となれば、まず行うべきは検証」
「女神ディオネの名の下に、傾奇者は天に通ず」
「何れにせよ柳生十兵衛、流石と評するべきだろう」
「格さんや、この旅の目的はなんでしたかな?」
「名残惜しいですか?」
「完全掌握するとなると、頭がはち切れそうになるな」


【関連記事】
魔導ハッカー>>暴け、魔法の脆弱性を 「チートで自由に魔法をハックせよ!」
ウィッチクラフトアカデミア 「逢空万太が贈る、ウィッチレースバトル!」
LINE文庫エッジのニュース - アキバBlog

小説新レーベル"電撃の新文芸"創刊 「次のおもしろい、ここにあります」
KADOKAWA小説文庫新レーベル NOVEL0(ノベルゼロ)創刊 「大人になった男たちへ」
集英社「ダッシュエックス文庫」創刊。秋葉原駅広告や発売当日のアキバの様子
ぽにきゃんBOOKSラノベ創刊「ランス・アンド・マスクス」 著:子安秀明、イラスト:茨乃
オーバーラップ文庫が秋葉原で創刊記念イベント ISコスプレイヤーと公式痛車
ヒーロー文庫新創刊 理想のヒモ生活 「会社の奴隷から爆乳女王のヒモへ!!?」
講談社ラノベ文庫創刊 彼女がフラグをおられたら 「コレ、なんてハーレム?」
スーパーダッシュ&ゴー!創刊 「ライトノベルをコミックで!イキオイ重視の新雑誌です」
スマッシュ文庫創刊 「おしえて!マーメイド」と「試験にでる竜<ドラゴン>退治」

コミカライズ アラフォー賢者の異世界生活日記2巻 「最強のおっさん出没中」
コミカライズ アラフォー賢者の異世界生活日記1巻 「おっさんが美少女のカテキョに!」
ジョンディーのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
【あれから一年】『LINEノベル』の失敗と敗因分析+これからの取り組み
LINEノベル終了。サービス開始から1年で 「今後の事業方針などを踏まえた結果」
LINEノベル、サービス終了のお知らせ(2020/07)
LINE / LINEノベル / LINE文庫エッジ / Twitter
「デュアル・クリード」書籍情報
津田彷徨が語るWEB小説投稿サイトを巡る環境
「LINEノベル」の新レーベル「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」8月5日に創刊決定
三木一馬 統括編集長!ラノベレーベル「LINE文庫エッジ」が創刊!
「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」創刊!単行本の発売も決定
津田彷徨氏のTwitter / 「小説家になろう」マイページ
こう……ちょっとした謎解き的な要素を入れています
イラスト:ジョンディー氏のホームページ / Twitter / pixiv

小説アプリ「LINEノベル」利用者増えず1年で終了(2020/08)
LINE文庫創刊ラインナップを全部を読んだ雑感
LINE文庫の中の人に話を聞きにいってきました!
LINEノベルの新レーベル「LINE文庫エッジ」&「LINE文庫」が2019年8月5日創刊へ
LINE文庫エッジの創刊ラインナップが発表されてました
LINEノベルの登場で「小説」はどう変わる?編集者が語る「あたらしい出版のカタチ」
小説投稿サービス「LINEノベル」がスタート 出版社を選べる"スタ誕"的システムを導入
出版社の枠組み越えた「LINEノベル」誕生 賞金300万円『令和小説大賞』も
小説プラットフォーム「LINEノベル」提供開始 出版社9社が参画
統括編集長に三木一馬氏を迎え新レーベル「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」も創刊
"読むほど無料"の小説サービス「LINEノベル」--出版9社が垣根を越えて才能発掘
LINE:小説、ラノベ新サービス「LINEノベル」提供 統括編集長に「SAO」の三木一馬
小説が無料で読める「LINEノベル」開始 投稿小説の受け付けも

【感想リンク】
戦いのスケールが桁違い過ぎる。歴史上の偉人の夢のコラボレーション
主人公は最後の方まで名前だけで、姓はあきらかにされない。バレてるようなものだけど(笑)
過去の英雄たちを召喚しての戦記もの!テンションの上がる作品でした!
今時な設定と、異世界国盗り物語的な展開は面白かった



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit