2019年08月10日

カルロ・ゼン原作 売国機関2巻 「混沌の街に陰謀の焔。血と鉄で刻む戦後」

「売国機関」2巻 原作:カルロ・ゼン氏&漫画:品佳直氏のコミックス「売国機関」2巻【AA】が9日に発売になった。戦争が終ったばかりの国を舞台にし、オビ謳い文句は『思想(イデオロギー)なぞ関係ない。ただ、義務あるのみ』で、裏表紙は『混沌の街を舞台に、正義と甘い言葉に煽られた陰謀の焔が燃え上がる』などになってた。
-

戦争が終ったばかりの国を舞台にした、原作:カルロ・ゼン&漫画:品佳直の「売国機関」2巻
原作:カルロ・ゼン氏&漫画:品佳直氏のコミックス「売国機関」2巻【AA】発売
「思想(イデオロギー)なぞ関係ない。ただ、義務あるのみ」

「“徐倦覚醒剤”、シルバーと呼ばれていました。“軍用麻薬”です」
「たった一錠全てを解決、奇跡の薬です。疲労、眠気、苦痛や恐怖すらも解消。
“徐倦覚醒剤”、シルバーと呼ばれていました。“軍用麻薬”です」

「東部はどうだったかしら」
「懐かしの東部はどうだったかしら」

「ここまで酷いと剣が錆びてしまわないか心配だわ」
軍務省法務局公衆衛生課独立大隊 通称“オペラ座”隊長 ヨランダ少佐
「東部が豚の資金源ともなる訳ね」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

原作:カルロ・ゼン氏&漫画:品佳直氏が、くらげバンチで連載されているコミックス「売国機関」2巻【AA】が、9日に発売になった。

『売国機関』は戦争が終ったばかりの国を舞台にし、、連載開始時のコミックナタリーによると『2つの国に挟まれ、緩衝国の役割を担っていたチュファルテク合同共和国には、自国の頭越しに終戦し、平和が“強制”されたことに不満を持っている民が大勢いた。そんな民に対して、勝ち取った平和をすべての脅威から死守する特務機関が立ち上がり…。相反する愛国者同士の暗闘が描かれていく』という、軍務省法務局・公衆衛生課独立大隊、通称“オペラ座”隊長のヨランダ少佐を中心にしたお話。

今回発売になったコミックス「売国機関」2巻【AA】には、第7話〜第12話と「特別編」を収録し、販促POPは『平和万歳』、裏表紙は『「共和国」・「連邦」・「王国」。“混沌の街”を舞台に、各々の思惑が交錯する』で、オビ謳い文句は『幼女戦記のカルロ・ゼン最新作!思想(イデオロギー)なぞ関係ない。ただ、義務あるのみ』になってた。

未だ戦争の爪痕が色濃く残る合同共和国東部。混沌の街を舞台に、正義と甘い言葉に煽られた陰謀の焔が燃え上がる。これは、血と鉄で刻む“戦後を耐え忍ぶ”物語 裏表紙

なお、「売国機関」2巻【AA】の感想には、PanzerHundさん『イデオロギー、プロパガンダ、ロビー活動等々、他とは違う切り口のストーリー転回が興味深い』、AQMさん『今巻は、戦禍の舞台となった東部に駐屯する大国の師団による軍製麻薬密売ルートの摘発と世論の操作』、覚醒カレー粉さん『同志カルロ先生の台詞回しのかっこよさに痺れました!』、N_A_T_Oさん『笑顔の絶えない素敵な職場すぎる』、ふぉっくすとろっとさん『とにかく登場人物が怖い。皆、基本的に嘘をついてるからかな…』などがある。

「売国機関」2巻コミックス情報 / 連載ページ

「東部の泥を啜った仲だ、貴官の経歴も彼女から聞いたさ。
思うところはあるだろうが、我々は同じ船に乗っていると思わないかね?」

「ここは共和国なのよ。誰が主人なのか教えてやる」

「全員動くな!武器に手を伸ばせば、撃つ!」

「真っ黒よ。連中、余程後ろめたいことを隠してやがる」
「いい機会だわ、ここは私たちの縄張りだと示してやる」
「まさか。王国人に食わせてやるわ」
「国境警備隊のパトロールが接敵!増援に向かう」
「戦争とは糞以外の何物でもないわ。でもやったことのない屑には甘美なのよ」
「あぁ嫌なこと…共和国の敵なぞ、全員死ねばいいのに」



【関連記事】
カルロ・ゼン&品佳直 売国機関1巻 「喜べ豚共!これが戦争だ!」

カルロ・ゼン原作 テロール教授の怪しい授業1巻 「あなたたちはテロリスト予備軍です」
幼女戦記スピンオフ 幼女戦記食堂1巻 「ターニャと軍人たちの帝国グルメ譚♥」
アニメ幼女戦記1巻発売 「異世界に幼女転生。デグさんの悪い顔見ると癒やされます」
幼女戦記コミカライズ1巻 「冷徹リーマンの転生先は"異世界"最前線。その身は幼女」
戦争モノ小説 幼女戦記1 「サラリーマンが幼女になって大暴れ!」
カルロ・ゼンのニュース - アキバBlog

SMOKE&WATER〜マルキ・ド・サドの孫娘〜2巻 「サディストたちの極限バトル!」
SMOKE&WATER~マルキ・ド・サドの孫娘~1巻 「サディスト集結の殺し合いパーティー!」
品佳直のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
新潮社 / くらげバンチ / 編集部ブログ / Twitter
「売国機関」2巻コミックス情報 / 書店特典情報
くらげバンチ「売国機関」連載ページ / ニコニコ静画
「売国機関」コミックス2巻発売記念PV - YouTube
「売国機関」コミックス2巻発売記念フェア開催!直筆色紙を1名様にプレゼント!
下屋則子さんが演じるPV第2弾も公開中!色紙プレゼント企画もあります!
原作:カルロ・ゼン氏のブログ「フォート・カフェイン」 / Twitter
売国機関第二巻の発売をお知らせします。コース料理「東部」は以下の通りです
漫画:品佳直氏のTumblr「FANDRIM」 / Twitter / pixiv
【お仕事告知】売国機関 第2巻発売のお知らせ(pixiv)
「売国機関」第2巻好評発売中です!どうぞよろしく…!
笑顔たっぷりの描き下ろしおまけ漫画も収録します
売国機関 - Wikipedia
カルロ・ゼン - Wikipedia
「売国機関」PVで陰謀を愛するシスター役に下屋則子、直筆色紙も当たる
カルロ・ゼンが原作、愛国者同士の暗闘描く新連載「売国機関」(連載開始時)

【感想リンク】
他とは違う切り口のストーリー転回が興味深い
彼女のシンパシーは「自ら血を流した者」にのみ働くんだね
同志カルロ先生の台詞回しのかっこよさに痺れました!
笑顔の絶えない素敵な職場すぎる
とにかく登場人物が怖い。皆基本的に嘘をついてるからかな…
シスターかわいい。美少女ハーレムだ
絵も人の表情がいっぱい種類があって神
とても平和のためになるお話でした
カルロゼン氏の作品は、いい意味で笑えないのが多くてすごくいい
カルロ・ゼン先生の書くキャラは突き抜けてるのが多いですね
「売国機関 2」の感想 - ブクログ


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit