2019年08月11日

周藤蓮&ニリツ 吸血鬼に天国はない 「非合法の運び屋と、天涯孤独の吸血鬼」

周藤蓮「吸血鬼に天国はない」 電撃文庫8月新刊、著:周藤蓮氏&イラスト:ニリツ氏のライトノベル「吸血鬼に天国はない」【AA】が10日に発売になった。折込チラシは『運び屋の気まぐれと、吸血鬼の嘘。だけど、それは確かに恋だった』で、オビ謳い文句は『非合法の運び屋と、天涯孤独の吸血鬼の共棲を描くファンタジーロマンス』だった。
-

著:周藤蓮&イラスト:ニリツのライトノベル「吸血鬼に天国はない」
著:周藤蓮氏&イラスト:ニリツ氏のラノベ「吸血鬼に天国はない」【AA】発売
「非合法の運び屋と、天涯孤独の吸血鬼の共棲を描くファンタジーロマンス」

「どこまで行きます?それと、いつまでに行きます?」
非合法の運び屋:シーモア・ロード
「どこまで行きます?それと、いつまでに行きます?」

「でも、運転手さんは悪い人じゃないですよね?」
“運び荷”としてシーモアが預かった少女:ルーミー・スパイク(左)
「でも、運転手さんは悪い人じゃないですよね?」

「そういう吸血鬼が、私です」
「人の血を吸う。太陽に弱い。霧になれる。コウモリに化ける。十字架が嫌い。心臓に杭を打たれると滅びる。ニンニクを好まない。そういう吸血鬼が、私です」

電撃文庫8月新刊、著:周藤蓮氏&イラスト:ニリツ氏のライトノベル「吸血鬼に天国はない」【AA】が、10日に発売になった。

「吸血鬼に天国はない」【AA】は、特設ページのあらすじによると『人気作「賭博師は祈らない」の著者&イラストレーターのタッグでおくる新作ファンタジーロマンス』、『運び荷は、マフィアが追う吸血鬼の少女。届け先は、彼女が安全に暮らせる場所。命懸けの逃走劇がかけ離れた二人の絆を育んでいく。秘密を孕んだ空っぽの恋。けれど彼らには、そんなちっぽけな幸福で十分だった』というお話。

発売日のアキバでは、販促POP『恋に落ちたのは、非合法の運び屋と天涯孤独な吸血鬼。その涙と笑みの意味は――。彼女との出会いから、その結末まで、見届けた先で、きっと愛おしさが溢れ出す』や、販売台『人気作「賭博師は祈らない」の著者&イラストコンビでおくる新作ファンタジーロマンス』などがあり、折込チラシは『運び屋の気まぐれと、吸血鬼の嘘。だけど、それは確かに恋だった』で、オビ謳い文句は『恋と怪物。切なく、愛おしい、その想い』、『非合法の運び屋と、天涯孤独の吸血鬼。二人の共棲を描くファンタジーロマンス』だった。

大戦と禁酒法によって旧来の道徳が崩れ去ったその時代。非合法の運び屋シーモア・ロードのもとにある日持ち込まれた荷物は、人の血を吸って生きる正真正銘の怪物――吸血鬼の少女であった。
仕事上のトラブルから始まった吸血鬼ルーミー・スパイクとの慣れない同居生活。荒んだ街での問題だらけの運び屋業。そして、彼女を付け狙うマフィアの影。嘘と秘密を孕んだ空っぽの恋。けれど彼らには、そんなちっぽけな幸福で十分だった。人と人ならざる者との恋の果てに、血に汚れた選択が待ち受けているとしても カバー折り返し

「吸血鬼に天国はない」【AA】の感想には、真白優樹さん『お互いがお互いしかいない、救えぬ世界に寄り添う愛が儚くも優しい』、ふぉんたさん『ルーミーちゃんの、化け物なりの優しさが心にグッときた』、御用人クロニクルver.2さん『口調変わるとことか痺れた!主人公の変化とかまた凄い良き。ニリツさんの絵も良き』、kanadaiさん『大傑作でした』などがある。

なお、著者:周藤蓮氏あとがきで『本作はジャンルでいうと「歴史風味ファンタジー」です。特定の時代感や空気感が強く意識されておりますが、作品の都合上、考証については大きく嘘を吐いている点が多々あります。ドルとかセントとかランチア・ラムダとか黙示録の四騎士とかいってる異世界、くらいの認識で楽しんでいただけると丁度いい距離感なような気がします』などを書かれている。

「吸血鬼に天国はない」書籍情報 / 著:周藤蓮氏のTwitter

「あの、窓、開けてもいいですか?」「ええ、もちろん」
「えっ、わ!すごい可愛い子!えっと、どなたですか?」
「おはようございます。いい夢が見られましたか?」
「“男の仕事は一人でするもの”とか恥ずかしいことをいってませんでしたっけ」
「あの、シーモアさん。……一緒に寝てくれませんか?」
「生きているのが素敵なら、あなたはまず、あなたの命を守らなきゃ」


【関連記事】
賭博師は祈らない5巻 「帝都の運命を賭けた全面対決。シリーズ本編完結」
賭博師は祈らない4巻 「シリーズ最高にスリリングで、ライトでヘヴィーで胸熱な展開」
賭博師は祈らない3巻 「かなりずっしり来るし容赦のなさが最高に突っ走ってる」
ラノベ 賭博師は祈らない 「奴隷少女と孤独な賭博師。二人の痛ましく愛おしい生活」
周藤蓮のニュース - アキバBlog

GA文庫大賞受賞 処刑少女の生きる道 「不死身少女との、宿命と運命の殺し旅!」
ニリツ初画集 Antinomie 「キュートさとクールさが衝突した、無二のかわいさ」
MF文庫J 人形剣士は絶ち切れない 「人形の少女リネット。彼女は人形か?人間か?」
ビューティフル・ソウル 「怪物に侵食された完全絶望の世界。人間として生き闘う物語!」
正しいセカイの終わらせ方 「世界の終末に現れた男は果たして悪魔か、救世主か? 」
ラノベ ダンまち外伝ファミリアクロニクルepisodeリュー 「新シリーズここに始動!」
ヱヴァQアスカ同人誌 姫は本日も可愛い 「強気な態度と裏腹にヨガリ狂いトロ顔全開」
「女の子が○○○○飲んでる姿って、エロスを感じるよネ!」
ニリツのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
KADOKAWA アスキー・メディアワークス / 電撃文庫 / 編集部ブログ / Twitter
「吸血鬼に天国はない」書籍情報(試し読みあり) / 特設ページ
運び屋の気まぐれと、吸血鬼の嘘。だけど、それは確かに恋だった
書店用の販売台サンプルが編集部に届きましたので見本誌と一緒に撮影しました
各専門店様での購入特典【描き下ろしSS入りリーフレット】が4種あります!
アニメイト購入特典SS/「吸血鬼の食性に関する一考察」
メロンブックス購入特典SS/「地に足のついた買い物」
とらのあな購入特典SS/「今はもうない懐かしき日々」
ゲーマーズ購入特典SS/「シャワータイムを君と」
著:周藤蓮氏のTwitter
吸血鬼の少女にまつわる因縁と恋の物語を是非!
店舗特典情報は以下の通りです!
イラスト:ニリツ氏のTumblr / Twitter / pixiv / pixivFANBOX
「賭博師は祈らない」の周藤先生との新シリーズです。気合全力、是非に
ニリツ - Wikipedia

【感想リンク】
美しい少女,ルーミー・スパイク.彼女は正真正銘の吸血鬼だった
私が、中盤以降の展開にどれだけ驚愕したか察してほしい
ファンタジー?某時代の某国に吸血鬼を取り入れたラブロマンス
ボーイミーツガールやロマンスという枠では収まらない人生の物語だった
お互いがお互いしかいない、救えぬ世界に寄り添う愛が儚くも優しい
ぶつかりあった本音の先にあった結末がとても自分好みでした
ルーミーちゃんの、化け物なりの優しさが心にグッときた
口調変わるとことか痺れた!主人公の変化とかまた凄い良き。ニリツさんの絵も良き
大傑作でした。少なくともこれほどのあらすじ詐欺はみたことがない
読み進めていって、あれなんか違うぞ、となってからは…終わりまでが早かった
面白かったから続きも買っていきたい
素敵すぎる。禁酒法下のシカゴで自動車を「棺桶」に見立てた運び屋バディもの
開始1ページ目で「周藤先生の新作に間違いないな」と確信できる作家性ほんとすごい
数ページほど読み始めて「あっこれは周藤先生」ってなるやつ
吸血鬼に天国はない 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit