2019年09月04日

みかみてれん&えいひ 勇者の君ともう一度ここから 「心を失った少女、腕を失った男」

著:みかみてれん&イラスト:えいひ「勇者の君ともう一度ここから。」 LINE文庫エッジの9月新刊、著:みかみてれん氏&イラスト:えいひ氏のライトノベル「勇者の君ともう一度ここから。」【AA】がアキバでは3日に発売になり、書籍情報は『狂神の呪いを浴び、心を失った少女の傍らに、腕を失った男が寄り添う。今、最高の感動ファンタジーが幕を開ける!』になってる。
-

みかみてれん「勇者の君ともう一度ここから。」
ライトノベル「勇者の君ともう一度ここから。」【AA】発売
「2019年、一番泣けるファンタジー!」

「セラ…記憶がないのか」
「(再会したセラは、もう俺の知っているセラではなかった)セラ…記憶がないのか」

「お前が、好きだ」
「俺は、お前が、好きだ」

「あなたのために、世界を救ってきたよ」
「わたし、約束を、守ったよ――あなたのために、世界を救ってきたよ」
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
特典:SSリーフレット
メロン限定版もあり
ゲーマーズ本店
特典:ブックレット

LINE文庫エッジの9月新刊、著:みかみてれん氏&イラスト:えいひ氏のライトノベル「勇者の君ともう一度ここから。」【AA】が、アキバでは3日に発売になった(公式発売日は5日)。

「勇者の君ともう一度ここから。」【AA】のオビ謳い文句は『2019年、一番泣けるファンタジー!』、裏表紙は『これは救われなかった少女と、諦めかけた青年が幸せを掴むまでの物語――勇者の君ともう一度ここから。今、最高の感動ファンタジーが幕を開ける!』で、アキバお店には販促POP『世界を救うために、自分を無くした彼女。――俺はまた君と生きたいと願った…』や、書店員さんの推薦コメントPOPがあった。

勇者セラフィルナは、己の命と引き換えに狂神を討ち倒し、世界を救った。一方、かつて勇者と共に旅をしていた隻腕の青年ジャンは、片田舎にて後悔の日々を過ごしていた。剣神と呼ばれながら、彼は逃げ出したのだ。たかが腕を切り落とされた程度で。
亡くした腕の代わりに魔神器『ヴルムの真腕』を与えられ、救われなかった少女のために、ジャンは再び立ち上がる。今度は逃げたりしない。最後まで彼女のそばにいるのだと。狂神の呪いを浴び、心を失った少女の傍らに、腕を失った男が寄り添う。未来は優しく、果てなく、幸せになれるのだと信じて 書籍情報

なお、作者:みかみてれん氏「勇者の君ともう一度ここから。」【AA】の後書きで『本作は後悔のお話です』、『自分の犯した罪から逃げず、失望させた人々と向き合い、もう一度信頼を取り戻すための物語です。最愛の少女への想いを裏切ったかつての少年が、これからはなにひとつ裏切らずに栄光を手にしようと、必死にあがく物語です』などを書かれている。

「勇者の君ともう一度ここから。」書籍情報 / みかみてれん氏のTwitter

「怖い顔をしていると、せっかくの美人が台無しだよ」
「愛してる。――結婚しよう」
「喜んで」
「戦いは一瞬だった。一瞬ですべてが終わってしまった」
「剣は黒の軌跡を描く。魔族の首は胴と分かたれた」
「えと、あの……綺麗だよ、セラ」
「すごいな、その魔神器は。それほどのことができたのか」


【関連記事】
ウィッチクラフトアカデミア 「逢空万太が贈る、ウィッチレースバトル!」
魔導ハッカー>>暴け、魔法の脆弱性を 「チートで自由に魔法をハックせよ!」
デュアル・クリード 「異世界に召喚された英雄たちによる、国盗り合戦開幕!」
LINE文庫エッジのニュース - アキバBlog

おとめバレ2巻 「バレバレ男装女子とのスクールライフコメディ、怒涛のラブ展開!」
おとめバレ1巻 「隠しきれないムチムチボディ。ぽんこつ可愛いバレバレ男装女子」
父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ 「運営する側だってデスゲームなんだよ!」
マジメな妹萌えブタが英雄でモテて神対応されるファンタジア「脂肪が魔力。夢の妹天国」
滅びゆく世界を救うために必要な俺以外の主人公の数を求めよ「異世界ヒーローバトル」
みかみてれんのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
LINE / LINEノベル / LINE文庫エッジ / Twitter
「勇者の君ともう一度ここから。」書籍情報 / 店舗特典
みかみてれん氏のTwitter / カクヨムマイページ / 小説家になろうマイページ
久々に心を突き刺すようなファンタジーを書きました!
イラスト:えいひ氏のホームページ / Twitter / pixiv / FANBOX

【感想リンク】
ものすごく心が震えたファンタジーでした!
異世界の勇者をネタにした純愛モノとして楽しめた作品でした
セラフィルナ境遇が悲劇的過ぎて読み手の感情が揺さぶられる展開がありました


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit