2019年09月09日

鋳物工房写真集 滴る金属2 「炎の形や流れる金属などを鋳物職人が撮影」

サークル鈴の音「鋳物工房写真集 滴る金属2」 サークル鈴の音の鋳物写真同人誌『鋳物工房写真集 滴る金属2』がメロン秋葉原2号店に8日?に入荷し、サークルさんのコメントは『ニッチな鋳物業の写真集第2弾。肉眼では見ることの出来ない炎の形や流れる金属などを鋳物職人が撮影。前巻と同じように鋳物のトピックも多めに書き下ろしました』とのこと。
-

サークル鈴の音の鋳物写真同人誌「鋳物工房写真集 滴る金属2」
サークル鈴の音 同人誌「鋳物工房写真集 滴る金属2」

「鋳物とは 砂や粘土で作った鋳型(いがた)に溶けた金属を流し込むことで作る製法のこと」
鋳物とは 「砂や粘土で作った鋳型(いがた)に溶けた金属を流し込むことで作る製法のこと、またその製品そのものを指すこともあります」

「シャッタースピードを遅くすれば金属の軌道が描けます」
「高温のものが光を発生するということは、シャッタースピードを遅くすれば金属の軌道が描けます。このページはその様な方法で撮影した写真になります」

サークル鈴の音(柏木照之氏)の夏コミで頒布された、鋳物師の視点で撮影された鋳物写真同人誌『鋳物工房写真集 滴る金属2』が、メロン秋葉原2号店に8日?に入荷した。

柏木照之氏は、小田原で鋳物業をされ風鈴や鈴などを作られている鋳物職人さんで、同人誌『滴る金属2』のサークルさんのコメントは『ニッチな鋳物業の写真集第2弾。肉眼では見ることの出来ない炎の形や流れる金属などを鋳物職人が撮影。写真集ですが前巻と同じように読み物として鋳物のトピックも多めに書き下ろしました』とのこと。

収録内容は、鋳砂を木型に込める鋳型(生型)の製作過程の様子や、青銅の一種・砂張の鋳物、ろくろでの加工の様子、溶けた金属を流し込む様子、炉の耐熱レンガ張替えの様子といった写真や解説を収録していて、こぱさんの感想では『前作に増して、炎が綺麗で滴る金属のその流形が美しいです。鋳物ができるまでの金属の変化の様が解る、良本』とツイートされていた。

砂や粘土で作った「鋳型(いがた)」に溶けた金属を流し込むことで作る製法のこと、またその製品そのものを指すこともあります。
鋳物のはじまりは諸説ありますが、紀元前4000年頃とされています。炊事などで薪を燃やし火を使っていた際に、偶然付近にあった銅鉱石から溶銅が流れ出たのを発見し、くり抜いた岩にこの溶けた金属を流し込む事で成形したことが、鋳物の起源と言われています。
巻頭「鋳物とは」より

なお、サークル鈴の音の柏木照之氏は『滴る金属2』の後書きで、『前巻を発行した時は続刊を作る事などあまり深く考えていませんでした。〜色々な方のお声が今回2冊目を作るモチベーションになりました。本当にありがとうございます』、『もし、この写真集で鋳物という分野に興味を持って頂ければ、また小田原の鋳物を手にとって頂ければ嬉しく思います』などを書かれている。

柏木照之氏のTwitter / メロンブックス通販「滴る金属2」

「耐火・耐熱性のある砂と粘土・水などを混ぜて作った“鋳砂(いずな)”」
砂張「銅と錫の合金である青銅の一種」
色温度「溶けた金属も、温度によって異なる色を発生」
轆轤(ろくろ)加工「物体を回転させ、刃物を当てることで削り出します」
炉修繕「使っていくとだんだんと傷んできます」
「左下の写真は新しいレンガと使い終わったレンガを並べたものです」


【関連記事】
鋳物工房写真集 滴る金属 「溶けた金属、燃え上がる炎、鋳砂をふるう様子」

都内の有名店などのハンバーグだけの同人誌 「おいしいハンバーグの写真集Vol.1」
「探していた、強い筋肉がここにある」 筋肉資料写真同人誌 筋肉ピクチャーズ
男乳首写真集同人誌 みんな大好き!男乳首 「全ページカラーでポエム付きww」
美少女フィギュアの写真集同人誌 「LCA Figure Photograph Vol.01」
旅行記+写真集同人誌 たびログ2 「世界には僕らの知らない景色がまだまだ沢山」
電柱の写真と解説をした電柱同人誌 THE DENCHU
同人写真集 REMINDERS(リマインダーズ) 「名もなき“ニッポン風景遺産”写真集」
ロケット打ち上げ写真集同人誌「Fall into Space!」 H-IIシリーズとスペースシャトル
記憶の中にあるゲーセンの写真集同人誌 「JOYSTICK GAMERS!」
ネコ写真集同人誌“しまねこ” 「南の島で現実逃避。猫のように自由に」
廃墟写真同人誌「廃墟萌え集まれ〜!」「資料としても最的o(゚∀゚*)廃墟カッコイイ!」
写真集のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
柏木美術鋳物研究所 / Twitter
柏木照之氏のTwitter / Facebook
夏コミ新刊「滴る金属2」を書店様で委託して頂けることになりました
無事新刊を頒布することが出来ました
肉眼では見ることの出来ない炎の形や流れる金属などを鋳物職人が撮影
メロンブックス通販「滴る金属2」
COMIC ZIN通販「滴る金属2」

1作目:炎の揺らめきと溶けた金属 職人自ら撮影した鋳物製造の写真集
小田原市 小田原デジタルアーカイブ 技人vol.6 鋳物師・柏木照之
ジャパンメイドネットワーク:鋳物職人 柏木照之(pdf)
ODAWARA WIND CHIME 柏木照之氏作 小田原鋳物風鈴 松虫 - YouTube
鋳物 - Wikipedia
鋳物とは?|鋳物ってなんだろう? | 新東工業株式会社
鋳造 - Wikipedia

前作に増して、炎が綺麗で滴る金属のその流形が美しいです


この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit