2019年09月11日

コミカライズ 86エイティシックス2巻 「少女は“涙”と共に。少年は“死”と共に」

原作:安里アサト&漫画:吉原基貴「86―エイティシックス―」2巻 安里アサト氏のライトノベルを吉原基貴氏がコミカライズされている「86―エイティシックス―」2巻【AA】が10日に発売になった。とら秋葉原店AのPOPは『死闘の後に蘇える新事実!』が付いていて、オビ謳い文句は『二人は戦う。少女は“涙”と共に。少年は“死”と共に』になってた。
-

吉原基貴がコミカライズ「86―エイティシックス―」2巻
コミカライズ「86―エイティシックス―」2巻【AA】発売
「二人は戦う。少女は“涙”と共に。少年は“死”と共に」

「任務完了、帰還します」
スピアヘッド戦隊のリモート指揮管制官・レーナ
「”任務完了、帰還します”」 「了解しました。お気をつけて」

「アレが噂の人形好きのお嬢様」
「アレが噂の“人形好き”のお嬢様。豚共の世話をするのが趣味なんだと」

「戦隊各位、本日もお疲れさまでした」
「"お疲れさまです。ハンドラー・ワン"」
スピアヘッド戦隊隊長・シン 「お疲れさまです。ハンドラー・ワン」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:ブックカバー
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

安里アサト氏のライトノベルを吉原基貴氏がコミカライズされ、ヤングガンガンで連載中の「86―エイティシックス―」2巻【AA】(キャラクターデザイン:しらび氏、メカニックデザイン:I-IV氏)が、10日に発売になった。

原作ラノベ『86―エイティシックス―』は、第23回電撃小説大賞で大賞を受賞し、電撃文庫から刊行中の作品で、コミカライズ連載開始時のコミックナタリーによると『サンマグノリア共和国は、ギアーデ帝国の無人兵器・レギオンからの攻撃を受けながらも、自律無人戦闘機械・ジャガーノートを用い戦闘を行っていた。しかしそれは表向きの話で、共和国全85区画の外にある第86区の人々が、“戦死者ゼロ”の激戦地で、“無人機”として戦い続けていた。戦地で仲間たちを率いる少年と、遠方から指揮を執る少女の戦いが描かれていく』で始まったお話(登場人物用語解説)。

今回発売になったコミックス「86―エイティシックス―」2巻【AA】のオビ謳い文句は『二人は戦う。少女は“涙”と共に。少年は“死”と共に』で、コミックス2巻には第7話〜第12話と、原作:安里アサト氏書き下ろし小説「ある初夏の日」を収録(もくじ)し、とら秋葉原店AのPOPは『隊員たちの“一言一言”が、レーナの心に鋭く突き刺さる。植えつけられた差別意識、カイエからのとある忠告…、死闘の後に蘇える新事実!』だった。

要塞群に囲まれた「サンマグノリア共和国」の第一区から指揮を執る軍人レーナ。「エイティシックス」と蔑まれ遥か遠くの最前線で無人兵器レギオンと戦い続ける少年兵・シン。レーナはシン率いるスピアヘッド戦隊を救うために、シンはある宿願のために、互いの姿を見ることもないまま戦っていた。そして、二人の運命が大きく変わる事になる。苛烈な戦場がもたらす“死”によって―― 裏表紙

なお、コミカライズ「86―エイティシックス―」2巻【AA】のnawadeさんの感想は『レーナは彼等との絆を感じ始めていたが、それが幻想であったことが残酷につきつけられる。まさに言葉のナイフともいうべき罵倒が心に突き刺さった』などで、漫画:吉原基貴氏カバー折り返しで『レーナとエイティシックスの絶望の進軍の先に、光があることを願っています』などを書かれている。

「86―エイティシックス―」2巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報

「こんな奥地での戦闘は初めてだ…戦域のデータ無しで大丈夫かよ…?」

「ハンドラー・ワンより戦隊各位、レーダーに敵影を捕捉。
敵主力は近接猟兵型、戦車型の混成部隊、対戦車砲兵型の随伴が――」

「カイエは戦死、キノは第四小隊の援護に回れ」

「駄目だアンジュ。友釣りだ、待ち伏せがいる」
「"状況終了。戦隊各位――お疲れ様でした"」
「あんたみたいな高尚な人間さまとは違う!」
「僕達が望んで戦ってるとでも思ってるのか!?」
「(自分自身の醜さが白系種の差別意識そのもの)」
「共に戦って死んだ全員を俺が行き着くところまで」


【関連記事】
コミカライズ 86―エイティシックス―第1巻 「凄絶なるSFミリタリーアクション」

86 エイティシックスEp.6 「灼熱蠢く山の中で激突する因縁の敵、死線を潜り抜ける戦い」
86―エイティシックス―Ep.5 「新たな地、白い戦場―。極寒の森に潜む敵」
86―エイティシックス―Ep.4 「新たなる力。新たなる仲間。そして――新たなる敵」
86―エイティシックス―Ep.3 「最高過ぎて完全燃焼した。めちゃくちゃ濃密なストーリー」
86―エイティシックス―Ep.2 「1巻を凌ぐほどの仕上がり。緊迫感が更に増して見事」
電撃小説大賞〈大賞〉受賞作 86―エイティシックス― 「帯の煽りに偽りのない傑作」
エイティシックスのニュース - アキバBlog
安里アサトのニュース - アキバBlog

バトルメサイア1巻 格闘ゲームが世界的メジャーになった近未来格ゲーバトル漫画
吉原基貴のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
SQUARE ENIX / マガジン&ブック / ヤングガンガン / Twitter
「86―エイティシックス―」2巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報
YGC「86ーエイティシックスー」2巻9/10(火)発売記念フェア開催!
漫画:吉原基貴氏のホームページ / Twitter / Facebook
本日九月十日同時発売です
吉原基貴 - Wikipedia
無人機として戦う少年と指揮官の少女描く「86」マンガ版がYGで開幕(連載開始時)

電撃文庫「86―エイティシックス―」特設ページ
原作:安里アサト氏のTwitter
キャラクターデザイン:しらび氏のブログ / Twitter / pixiv / FANBOX
メカニックデザイン:I-IV氏のTwitter / pixiv
安里アサト - Wikipedia
しらび - Wikipedia
86-エイティシックス- - Wikipedia

【感想リンク】
まさに言葉のナイフともいうべき罵倒が心に突き刺さった
普通の連載だったら打ち切り心配しちゃうぐらい暗い


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit