2019年09月11日

妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル 「妖の姫君と体術無双の少年。大正伝奇浪漫!」

ライトノベル「妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル」 電撃文庫9月新刊、著:渡瀬草一郎氏&イラスト:こぞう氏のライトノベル「妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル」【AA】が10日に発売になった。書籍情報は『人と妖の縁を紡ぐ大正伝奇ロマン』で、オビ謳い文句は『妖の姫君と体術無双の少年が織り成す大正伝奇浪漫!異色の異世界ファンタジー!』。
-

著者:渡瀬草一郎&イラスト:こぞう「妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル」
渡瀬草一郎氏のライトノベル「妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル」【AA】発売
「妖の姫君と体術無双の少年が織り成す、大正伝奇浪漫!」

少年・椚 雪緒
主人公の少年・椚 雪緒(左)
「雪緒の隣では、真白い肌の見知らぬ美姫が素っ裸で安らかな寝息をたてていた」

「気づけば背中にはその柔らかな肢体が密着している」
「あやとりを学びはじめて、どれほどの時間が過ぎたのか─。
気づけば背中にはその柔らかな肢体が密着している」

「雪緒は襖を蹴倒して廊下へ飛び出した」
「雪緒は襖を蹴倒して廊下へ飛び出した。
通路の左右を固めていた花魁達がたちまち反応する。“やはり動いたか!”」
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原1号店
特典:SSリーフレット
とらのあな秋葉原店A
特典:しおり

電撃文庫9月新刊、著:渡瀬草一郎氏&イラスト:こぞう氏のライトノベル「妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル」【AA】が10日に発売になった。

「妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル」【AA】は大正時代の横浜を舞台にし、書籍情報が『大正十三年、春。少年、椚雪緒は、上京した先の夜鳴川邸にて美しき白蛇に出会う。彼女は父である八頭八尾の大蛇、「十六夜」の決めた縁談から逃れるため、妖相手に商売をする「化猫堂」へ助力を求めに来たと云う。関東大震災後の横浜を舞台に、人と妖の縁を紡ぐ大正伝奇ロマン』になってる。

また、折込チラシは『美しき妖姫がため、少年は幽夜へ─。妖の蠢く伝奇ロマン』で、発売日のアキバでは、販促POP『実力派作家が贈る異色のライトファンタジー!』があり、オビ謳い文句は『妖の姫君と体術無双の少年が織り成す、大正伝奇浪漫!』だった。

大正十三年、春。少年、椚雪緒は、美しき白蛇に出会う。彼女は縁談から逃れるため、「化猫堂」へ助力を求めに来たと云う。化猫堂の店主、夜鳴川夜霧と猫のミタマ様に連れられて、雪緒は妖達の住まう「常夜之町」へ乗り込むが、そこは人の世の常識が通じぬ異境だった――! 裏表紙

なお、「妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル」【AA】の感想には、真白優樹さん『どこか古めかしくも懐かしく温かい浪漫のある物語であり、魅力ある人間や妖怪達が物語を織りなす、一言では言えぬ面白さ』、金魚さん『あやかしものが好きな人は満足できると思う』、安中榛名さん『さすがベテラン渡瀬先生。おもしろいわ』などがある。

「妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル」書籍情報(試し読み有り)

「君はなんというか─大物感があるね」
「姫様にお味方したいと思っています」
「体術指南役、及び末の姫君の近侍を務める凍鹿と申す」
「胸元がきつくて締まらぬ」
「猿轡のせいで聞き取りにくいが、何者だと問われている」
「お嫌でなければ…やり方をお教えできますので…」


【関連記事】
SAOオルタナティブ クローバーズ・リグレット「和風VRMMOで繰り広げられる外伝的物語」
渡瀬草一郎のニュース - アキバBlog

電撃文庫 俺妹あやせif(上) 「俺の妹シリーズ復活!新垣あやせルートをノベライズ!」
周藤蓮&ニリツ 吸血鬼に天国はない 「非合法の運び屋と、天涯孤独の吸血鬼」
淫らで緋色なノロイの女王 「残虐にして淫靡。全てのヤンデレ萌えに絶望を♥」
異世界帰りの俺(チートスキル保持)、ジャンル違いな超常バトルに巻き込まれたけれどワンパンで片付けて無事青春をおくりたい 「異世界転生者がワンパンで助けまくる」
モンスター娘ハンター 「全てのモン娘を娶りきれ!“モン娘”ハーレムファンタジー!」
幼なじみが絶対に負けないラブコメ 「幼馴染による幼馴染の為の初恋リベンジラブコメ」
賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探求 「ヤバい変態共が、群れでやってくる」
俺を好きなのはお前だけかよ11巻 「西木蔦に嵐(ラブコメ)が吹き荒れる!?」
三角の距離は限りないゼロ3巻 「僕と二重人格の彼女たちが紡ぐ、三角関係恋物語」
電撃文庫のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
アスキー・メディアワークス / 電撃文庫 / ブログ / Twitter
「妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル」書籍情報
妖の姫君と体術無双の少年が織り成す、大正伝奇ロマン!
著者:渡瀬草一郎氏のTwitter
渡瀬草一郎 - Wikipedia
イラスト:こぞう氏のブログ / Twitter / pixiv

【感想リンク】
面白かった! 大正×妖怪×○○という伝奇ロマン
冷静沈着というか、天然でズレた感じの主人公なんだけど、文句なく強い
豪胆とも冷静沈着ともまた違う落ち着きと圧倒的な強さ
雪緒くんイイなあ、これはイイ主人公だなあ
雪緒少年を始めとした魅力ある人間や妖怪達
あやかしものが好きな人は満足できると思う
さすがベテラン渡瀬先生。おもしろいわ
まだ半分くらいしか読んでないけど蜂月が圧倒的に推せる
ミタマ様万歳。 椿と糸締様は雪緒の攻略頑張って欲しい


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit