2019年09月26日

ざつ旅1巻 「ここではない、どこか。Twitterアンケートで行先が決まる旅マンガ」

石坂ケンタ「ざつ旅-That's Journey-」1巻 石坂ケンタ氏のコミックス「ざつ旅-That's Journey-」1巻【AA】【AA】がアキバでは25日に発売になった。折返しでのコメントによると『主人公である鈴ヶ森さんが実際にツイッターでアンケートを取って、ざつに行った旅を自分が漫画に』とのことで、オビ謳い文句は『ここではない、どこか』になってた。
-

石坂ケンタの旅行漫画「ざつ旅-That's Journey-」1巻
石坂ケンタ氏のコミックス「ざつ旅-That's Journey-」1巻【AA】発売
「ここではない、どこか。そこに私が待っている――」

「(旅にでたい 誰しも一度は思ったことがあるだろう)」
漫画家志望の大学生・鈴ヶ森ちか。
「(“旅にでたい”誰しも一度は思ったことがあるだろう)」

「東京から片道約4時間、8000円+お弁当900円かかった…」
SNSのアンケート機能で旅先を定めて、第1話は会津若松へ。
「会津若松っ。東京から片道約4時間、8000円+お弁当900円かかった…」

「鳥居でかぁ」
羽黒山湯上神社 「鳥居でかぁ」
アニメイト秋葉原本館
特典:複製ミニ色紙
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド

石坂ケンタ氏が電撃マオウで連載されているコミックス「ざつ旅-That's Journey-」1巻【AA】が、アキバでは25日に発売になった(公式発売日は27日)。

連載開始時のコミックナタリーによると『女子が雑な旅に出る様子を描いた旅行マンガ。マンガ賞に入賞するも以降ネームがボツ続きでくじけ気味な女子大生・鈴ヶ森ちかが、気分転換に旅に出ようと決意』で始まるお話で、石坂ケンタ氏のカバー折り返しコメントによると『主人公である鈴ヶ森さんが実際にツイッターでアンケートを取って、ざつに行った旅を自分が漫画にしたものです。毎月27日あたりにアンケートを取ってるらしいから見てみてね』とのこと。

今回発売になった「ざつ旅-That's Journey-」1巻【AA】には第1話「はじめての1225段」〜第4話「そのままのコシで」&おまけを収録(もくじ)し、1巻では会津若松(第1話)、宮城県・松島(第2話)、富山県・黒部(第3話)、香川(第4話)に旅行に行き、本編に登場しなかったオススメスポット紹介もあり、コミックス情報は『ざつな旅だからこそ癒やされる、究極旅コミック!』で、オビ謳い文句は『ここではない、どこか。そこに私が待っている――』になってた。

漫画家志望の大学生・鈴ヶ森ちかは、新人賞を受賞したものの連載を取れずに悩んでいた。そんななか“旅にでたい”と思いたち、軽い気持ちでSNSで旅先候補のアンケートを取ってみたら、思いもよらぬ投票数にあとに引けなくなる。地理も歴史も詳しくないちかだったが、無計画でざつな旅だからこその思いがけない出会いがあり…? 裏表紙

なお、コミックス「ざつ旅-That's Journey-」1巻【AA】のぐやまさんの感想では『ツイッターのアンケート機能で雑に行き先決めて、それをざっくりプランで漫画化するという趣旨も面白いし、現地の描写も「そうそう!旅の醍醐味ってこういうとこだよね!」感に溢れてて良い』などを書かれている。

「ざつ旅-That's Journey-」1巻コミックス情報 / 鈴ヶ森ちかTwitter

第2話では宮城県・松島へ
「会津より遠いのにすんなり着いた気がする…けど片道1万2000円…」

日本三景の1つ、松島 「ふおぉ…なるほどなぁ」

「おいしいっ、宿とれたあとのあなご丼おいしいっ」

「ホントにアンケートで行き先決めてるんだな」
船上の刺身定食
「うまー!」
「おーここが、宇奈月温泉」
「…疲れてませんか?」
「疲れ…るけど、楽しいよ」
「うどん県、香川っ」
「上陸ですっ」
ぶっかけうどん
「ふおぉ、これがあの…!」




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit