2019年10月02日

キューナナハチヨン1巻 「北海道×神社×書店のSF(すこしふしぎ)漫画」

ヤマモトマナブ「キューナナハチヨン」1巻 ヤマモトマナブ氏の北海道の本屋さんを舞台にした書店員マンガ「キューナナハチヨン」1巻【AA】が1日に発売になった。裏表紙は『北海道在住で現役《書店員》漫画家が描く、少し不思議な本屋さんコミック!』で、ヤマモトマナブ氏の発売告知は『北海道×神社×書店のSF(すこしふしぎ)漫画!』とのこと。
-

ヤマモトマナブの漫画「キューナナハチヨン」1巻
ヤマモトマナブ氏のコミックス「キューナナハチヨン」1巻【AA】発売
オビが手書きPOP風 「神様があなたにぴったりの本をお捜しいたします――」

「そう、ここは神社の中の本屋さんだ」
(右)中河泰弥:神社の中にある書店でバイトを始めた主人公
「そう、ここは神社の中の本屋さんだ」

「受かったー!絶対落ちたと思った!」
書店のアルバイト面接に受かった主人公
「受かったー!絶対落ちたと思った!店長の目は不採用だったもんなー!」

「滅!」 「む゛っ」
「滅!」 「む゛っ」 ズド
「罰当たり!神様に怒られてどうにかなれ!」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド

ヤマモトマナブ氏がヤングキングアワーズで連載されている、北海道の本屋さんを舞台にした書店員マンガ「キューナナハチヨン」1巻【AA】が、1日に発売になった。

『キューナナハチヨン』は、コミックナタリーによると『書店を舞台に描くちょっと不思議な青春コメディ。物語はお調子者の男子大学生・中河泰弥が、神社の境内にある書店でアルバイトを始めたこと動き出す。神様の存在などまったく信じていない泰弥だったが、その店ではバイト初日から不思議なことが次々と起きて…』で始まる、北海道・文教堂札幌ルーシー店の現役書店員の作者さんが描かれる書店マンガで、今回発売になった「キューナナハチヨン」1巻【AA】には、本編のほか、おまけ4コマも収録。

書店の手書きPOP風オビは、青森県八戸市の木村書店のPOP担当さんが描かれた『神様があなたにぴったりの本をお捜しいたします――。北海道在住の現役書店員マンガ家が贈る、SF(すこしふしぎ)な書店マンガ!』など、とら秋葉原店AのPOPは『北の大地の神社内書店で起きる、神様による解決へのお導き!新人書店員の青年と来客の間での“不思議”が魅せる、本で繋ぐ奇蹟と本格書店マンガ!』で、ヤマモトマナブ氏の発売告知は『北海道×神社×書店のSF(すこしふしぎ)漫画!お仕事コメディのような、群像劇のような、自分でも形容し難い面白い作品に仕上がっています』とのこと。

北海道朝日河市の神社の中にある本屋さん・朝日河神社書店で、大学入学と共にアルバイトを始めた中河泰弥(18)。彼が働き始めると、その書店では不思議な現象が次々に発生。泰弥と、その書店に本を探しに来る人にだけ限定で…。北海道在住で現役《書店員》漫画家が描く、少し不思議な本屋さんコミックの第1巻! 裏表紙

「キューナナハチヨン」1巻【AA】の感想には、E.M.D.2ndさん『お客さん的には「良かった」になるけど、それを探す泰弥の事は二の次って言うのが泰弥にとっては大変だろなぁ』、いわどんさん『「978-4」なんてタイトル書店員ホイホイすぎる。そんなことされたら買わざるを得ないじゃないか!』、アズキさん『シュリンクしてる本から特典だけ神様に抜かれるの、オイやめろシュリンクフィルムがもったいないしいちいち剥がして掛け直すの大変なんやぞ!って思った(書店員目線)』などがある。

なお、作者:ヤマモトマナブ氏は、カバー折り返しで『生粋の北海道民です。漫画を描く傍ら、書店バイトもしています。そんな作者の経験と“好き”が詰まったキューナナハチヨン、どうぞよろしくお願いします!』などを、巻末のモデル紹介&謝辞では『(北海道護国神社)北海道「旭川」市にある、朝日河神社のモデルにさせていただいた神社です。神社名以外ほぼそのまんま。聖地巡礼できます』などを書かれている。

「キューナナハチヨン」1巻コミックス情報 / ヤマモトマナブ氏のTwitter

「いらっしゃいませーっポイントカードお持ちでしょうか」
「お次のお客様、大変お待たせいたしました!」 「カバーはお付けしますか?」

書店バイト初日「(ここは戦場だ)」
「とりあえず、私と一緒にレジ入って練習しよっか!」

「神様に感謝するなら、挨拶はきちんとするべきですよ。
ここは、神様のおうちなんですから」

「“さぶ”だろ!山本周五郎!」
「実力派覆面アイドルユニット!中でも断トツの歌唱力を誇るMOMOじゃないかー!」
「出たっ!神様!?神社の神様なの!?」
「書店らしい応援の仕方って何だろうって考えてさ」
「伝票と箱に入ってる本が合ってるか1冊ずつ点検!」
「ちょっと変な店員さんに、いきなり本を薦められてさ」


【関連記事】
ぶっきんぐ!!1巻 「中小書店の実情がリアルすぎると書店員たちが共感!」
放課後の本屋さん 「小4女児の本屋さん。置いてある本はすべてエロ本!」
きらりブックス迷走中!1巻 「世間知らずなお嬢様がカオスなオタク系書店でアルバイト」
高橋しん/あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話 「全書店員熱望!」
重版出来!1巻 「編集者から書店員までのチーム戦!!! 出版業界騒然の胸熱ドラマ!!」
本屋のほんネ!1巻 「ホントに大丈夫か?この本屋w」
暴れん坊本屋さん・完全版 「本屋さんの汗と涙がぎっしり詰まった完全版!!」
水あさと デンキ街の本屋さん(1) 「デンキ街のディープで楽しい本屋の毎日」
ほぼ日常 腐女子書店員の4コマ 「あるあるすぎて噴いたw」
エロ本屋さんの女子小学生 「私のおウチはHON屋さん」
書店員のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
少年画報社 / ヤングキングアワーズ / Twitter
「キューナナハチヨン」1巻コミックス情報(試し読みあり)
ヤマモトマナブ氏のTwitter / pixiv
北海道×神社×書店のSF(すこしふしぎ)漫画!
書店購入特典一覧です!「そこの書店コスプレ」をしたキャラを描いています
ヤマモトが勤務している「文教堂札幌ルーシー店」では、おまけも付けて販売します
書店員のみなさま、ポストカード大のPOPを作ったので宜しければご活用ください
神様がちょっかい出してくる本屋さんの話 1/11
キューナナハチヨン1巻情報まとめ / Twitter
書泉:「キューナナハチヨン」1巻発売記念フェア
八戸市木村書店:コミックスの帯を描かせていただきました!
八戸市木村書店:現役書店員さんだけあって、書店内のポップや陳列がとてもリアル

著者は現役書店員、"神がおわす本屋"が舞台の書店コメディ「キューナナハチヨン」

【感想リンク】
お客さん的には「良かった」けど、泰弥の事は二の次って言うのが大変だろなぁ
北海道舞台の書店バイトもの。神様を絡めたところが巧い
「978-4」なんてタイトル書店員ホイホイすぎる
シュリンクしてる本から特典だけ抜かれるの、オイやめろ!って思った(書店員目線)


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit