2019年10月21日

甲鉄城のカバネリ同人誌 うなと雪見温泉 「海門決戦後、温泉いちゃらぶえっち」

サークルtcnc「うなと雪見温泉 いこむめイチャイチャ一泊二日の旅」 サークルtcnc(芹澤ナエ氏)のCOMIC CITY SPARK 14合わせ新刊・甲鉄城のカバネリ同人誌『うなと雪見温泉 いこむめイチャイチャ一泊二日の旅』がとら秋葉原店Aに入荷していて、サークルさんの新刊告知では『海門後のできあがった「いこむめ」が温泉入りながらいちゃらぶえっちする本です』とのこと。
-

サークルtcncの甲鉄城のカバネリ同人誌「うなと雪見温泉 いこむめイチャイチャ一泊二日の旅」
サークルtcncのCOMIC CITY SPARK 14合わせ新刊・甲鉄城のカバネリ同人誌
「うなと雪見温泉 いこむめイチャイチャ一泊二日の旅」

付き合い始めた生駒と無名
海門決戦後の付きあっている生駒と無名 「…♥ 生駒…」

「あんたってさ、ほんと私にベタ惚れよね」
温泉宿で、一緒に露天風呂
「あんたってさ、ほんと私にベタ惚れよね」

「イっていいよ、ん♥ んうっ」
露天風呂で生駒のを咥えて飲む無名 「イっていいよ、ん♥ んうっ」
びゅっ びゅくっ

サークルtcnc(芹澤ナエ氏)のCOMIC CITY SPARK 14合わせ新刊・甲鉄城のカバネリ同人誌『うなと雪見温泉 いこむめイチャイチャ一泊二日の旅』が、とらのあな秋葉原店Aに入荷してる(メロンへの委託もあるみたい)。

「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」は、TVアニメ「甲鉄城のカバネリ」その後を描いた2019年5月公開の劇場版で、まんたんウェブによると『カバネたちとのし烈な戦いをくぐり抜けた生駒たちは、カバネと人の新たな攻防の地で、日本海に面する廃坑駅「海門(うなと)」にたどり着く。“乙女”な無名の表情が多く描かれているのが印象的。切ない顔や恥じらう表情など、可愛らしい描写が満載』という作品。

とらのあなに入荷した同人誌『うなと雪見温泉 いこむめイチャイチャ一泊二日の旅』は、サークルさんの新刊告知が『タイトル通り海門後のできあがった「いこむめ」が温泉入りながらいちゃらぶえっちする本』とのことで、生駒と無名が付き合い始めたお祝いに菖蒲から温泉旅行を贈られ、旅館の露天風呂で無名が生駒のを咥えたり、部屋に移っていちゃらぶセクロス中射しおねだりしてる。

なお、サークルtcncの芹澤ナエ氏は後書きでは『いこむめに温泉2人旅でいちゃいちゃしてもらいました。今まで散々血みどろのバトルを繰り広げてきた2人なので、しばし喧騒を忘れてのんびりまったりしてほしいです』などを書かれ、衣さんの感想は『ものすごいえっちなのはもちろん、エンダァァァ〜ってなる』などをツイートされている。

サークルtcnc / とら通販「うなと雪見温泉 いこむめイチャイチャ一泊二日の旅」

「温泉なんて久しぶり」
「すごいおっきいね」
「無名、何してるんだよ!」
「無理なんか…っ、してないもん、あっ、ふぁっ…あっ」
「ひゃうっっ!?なに、抜いちゃやだ…っ」
「無名のおま◯こ、俺のしっかり飲み込んでてかわいいよ」
「一緒にイキたい、私の中でイって…っ」


【関連記事】
甲鉄城のカバネリ同人誌 緊縛嬢のAYAME 「菖蒲様を羞恥と快楽の坩堝に堕とす!」
甲鉄城のカバネリ無名同人誌 「美馬に騙された無名が、お薬という名の精◯おねだり」
甲鉄城のカバネリ同人誌 「甲鉄城のネトラレ 催眠煙草で性感地獄」
Marked-girls Vol.10 「新種のカバネ"タネヅケ"に、無名ちゃん快楽堕ち♥」
淫欲城のカバネリ 「撃退する方法はオーガズムに導く」
無名ちゃんの筆おろし 「エッチ時の無名がメチャエロ可愛い」
無名ノ夢ノ名 「年不相応なほどの色気を放つ無名ちゃん!」
いまのところ店頭初 甲鉄城のカバネリ同人誌"わきまん" 「無名ちゃんの腋をヤる!」
甲鉄城のカバネリのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
サークルtcnc / 芹澤ナエ氏のTwitter / 商業用Twitter / pixiv
海門後のできあがったいこむめが温泉入りながらいちゃらぶえっちする本です(pixiv)
とらのあな通販「うなと雪見温泉 いこむめイチャイチャ一泊二日の旅」
メロンブックス通販「うなと雪見温泉 いこむめイチャイチャ一泊二日の旅」

「甲鉄城のカバネリ」公式サイト / Twitter
「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」咲かせや咲かせPV / 本PV2 / 本PV
甲鉄城のカバネリ - Wikipedia / ニコニコ大百科 / ピクシブ百科事典
生駒とは【ピクシブ百科事典】
無名とは【ピクシブ百科事典】
注目映画紹介:「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」荒木哲郎監督のテレビアニメの劇場版

【感想リンク】
ものすごいえっちなのはもちろんだけど、エンダァァァァァ〜〜ってなるから


この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit