2019年11月09日

恋するふくらはぎ2巻 「キスの仕方を知らない童貞。純愛の仕方を忘れた元ビッチ」

吉谷光平「恋するふくらはぎ」2巻 吉谷光平氏のコミックス「恋するふくらはぎ」2巻【AA】が8日に発売になった。1巻発売時のコミックナタリーによると『童貞サラリーマンの見栄晴彦と、元ビッチのOL・表うららの関係を描いたオフィスラブコメ』で、2巻の裏表紙は『キスの仕方を知らない男。純愛の仕方を忘れた女』になってた。
-

吉谷光平の漫画「恋するふくらはぎ」2巻
吉谷光平氏のコミックス「恋するふくらはぎ」2巻【AA】発売
「僕たちは、こっそり背伸びをする。不器用系モジモジオフィスラブコメディ!」

「(髪とか服が変じゃないか、すごく気になる。わたし恋しちゃってんなぁ〜ッ!)」
JC時代からヤリまくりで経験豊富、25歳の元ビッチ・表うらら
「(髪とか服が変じゃないか、すごく気になる。わたし恋しちゃってんなぁ〜ッ!)」

「わたくし表うらら(25)、初めてセ◯クスする前に付き合いました…!」
「初めてセ◯クスする前に付き合いました…!
今日はその記念すべき初デートなのです!」

「ハイ、何でしょうか」「見栄さん!?」
27歳インテリ童貞・見栄晴彦、職質される
「ハイ、何でしょうか」 「見栄さん!?」
ゲーマーズ本店
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原1号店

吉谷光平氏が日刊月チャンで連載されているコミックス「恋するふくらはぎ」2巻【AA】が8日に発売になった。

『恋するふくらはぎ』は、1巻発売時のコミックナタリーによると『童貞サラリーマンの見栄晴彦と、元ビッチのOL・表うららの関係を描いたオフィスラブコメディ。徹底した合理主義の晴彦と、かつては男性からセフレ扱いされることも多かったうらら。両思いの2人が、モジモジしながら徐々に距離を縮めていくさまが見どころ』というお話(2巻巻頭あらすじ)。

今回発売になった「恋するふくらはぎ」2巻【AA】には第10話〜第17話と、二人が付き合う10年前を描いたおまけマンガを収録(もくじ)し、オビ謳い文句は『僕たちは、こっそり背伸びをする。不器用系モジモジオフィスラブコメディ!』で、裏表紙は『キスの仕方を知らない男。純愛の仕方を忘れた女』になってた。

それなりに経験豊富な表うらら(元ビッチ)と正式に付き合い始めた、徹底的に合理主義者な見栄晴彦(童貞)。恋愛の順序を理解しようと奮闘するもKY発言を連発して、周囲を困惑させまくり!? コミックス情報

なお、とら秋葉原店AのPOPは『その不器用すぎる直球が、2人の恋の世界を変える!見栄の堂々たる恋のKYに別のドキドキ…対極な2人に訪れる、初めてのデートと“ガチ”告白♥』が付いていて、作者:吉谷光平氏は、カバー折り返しで『こんな恋愛、疲れるので僕は絶対したくないなぁと思いながら楽しく描いています。これからも二人の恋を見守ってください!』などを書かれている。

「恋するふくらはぎ」2巻コミックス情報 / 日刊月チャン連載ページ

「セクハラってどういうことですか見栄さん…」
「そのような行為をした覚えはありませんが…」

「やはり付き合うと性行為に及ぶモノなのでしょうか?」

「見栄さんらしくておもしろかったんで」 「…そうですか」

「実は僕…童貞なんです」
「(バカ真面目なトコがすっごい好きなんだよな〜)」
「“セ◯クスしましょう!”とでも言えばいいのか!?」
「ナンパが多い通りで、逆ナンしてたね…」
「表さん。僕とセ◯クスして下さい」
「(な…何言ってんの、この童貞!?)」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit