2019年11月14日

女子高生とホテル 娘の友達2巻 「温かく優しく包む彼女から、心と身体が離れられない」

萩原あさ美「娘の友達」2巻 萩原あさ美氏のコミックス「娘の友達」2巻【AA】が13日に発売になった。オビ謳い文句は『この沼は、深くて、清い』で、とらAのPOPは『娘との友達との親密な秘密の日々、娘の父が知る彼女の事情、静かになお沈む禁断の沼!温かく優しく包む彼女から、心と身体が離れられない――』が付いてた。
-

萩原あさ美の漫画「娘の友達」2巻
萩原あさ美氏のコミックス「娘の友達」2巻【AA】発売
とらA「温かく優しく包む彼女から、心と身体が離れられない」

「ダ…ダメだよ、そんな…」
アラフォーサラリーマン・市川晃介と、娘の友達・如月古都
「ダ…ダメだよ、そんな…」

「(19時に帰るって伝えたまま連絡してなかった…)」
会社をさぼって、女子高生・如月古都と夜の漫画喫茶

「いい匂い…」
「はぁはぁ いい匂い…」
ゲーマーズ本店
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード

萩原あさ美氏がコミックDAYSで連載されているコミックス「娘の友達」2巻【AA】が13日に発売になった。

『娘の友達』は、1巻発売時のコミックナタリーによると『妻を亡くし、娘と2人で生活を送るサラリーマン・市川晃介を描く物語。家庭では父親として、会社では課長として、理想的な自分を演じながら生きてきた晃介は、裏通りの喫茶店で少女・古都と出会う。不登校の娘・美也の友達である古都と接するうち、晃介は自分が彼女に癒されていることに気付くが…』で始まったお話。

今回発売になった「娘の友達」2巻【AA】には第8話〜第17話を収録し、オビ謳い文句は『この沼は、深くて、清い』、裏表紙は『抜け出せるだろうか。抜け出すべきなのだろうか。娘の友達という名の沼から』になっていて、とら秋葉原店AのPOPは『温かく優しく包む彼女から、心と身体が離れられない――。娘との友達との親密な秘密の日々、娘の父が知る彼女の事情、静かになお沈む禁断の沼!』が付いてた。

夜の漫画喫茶で、隣にいるのは、娘の友達・如月古都。いけないことだと知りながら、心は弾んでいた。自分の心に忠実に生きる。誰にも言えない秘密の関係は、そんな大切なことも教えてくれている気がした。不登校を続ける娘とも、前よりも本音で向き合えるようになった。もしも娘が秘密を知ってしまったら、人生はどうなってしまうんだろう―― コミックス情報

なお、「娘の友達」2巻【AA】の感想には、AQMさん『インモラルな話題作で問題作ですが、真似したくないながらどこか羨ましく、下衆な野次馬根性も含めてちょっと目が離せない』、あくづさん『お父さんがタイトル通りの方向にやらかしかけてるだけでなく、娘の方もなかなかの切れ者だと判明して、この先の修羅場が楽しみすぎる』、依澄さん『古都の思惑が垣間見えた気がするけど、まだまだ底の見えない怖さみたいなのがある』などがある。

「娘の友達」2巻コミックス情報(試し読みあり) / 連載ページ

サラリーマンが女子高生と水族館 「…恋人繋ぎ」

「晃介さん…私のこと…好きですか…?」

昼間からホテル 「良い子と悪い子、晃介さんには私は、どっちに見えますか?」

「(年甲斐もなく俺は…)」
「お父さんは結局家族より仕事の方が大事なんでしょ」
「“本当の自分の気持ち”をちゃんと伝えられてなかったと思う…」
「これじゃあ絆創膏の意味ないですよ」
「何か悩んでるなら、俺が…俺が力になるから!」
「キス…2回目ですね」
「…っ」


【関連記事】
ミドルエイジ・ミーツ・ガール 娘の友達1巻 「甘い蜂蜜のような沼に落ちていく」

バイバイ人類4巻 「"奴ら"化。ぼっち系女子が抗する日常崩壊系パニックホラー」
萩原あさ美オリジナル同人誌 「クラスの地味メガネ娘はハメ撮り強要する隠れ巨乳痴女」
バイバイ人類3巻 「セーラー服に機関銃!!? メンヘラ女子高生が謎の生命体に挑む!」
バイバイ人類2巻 「サバイバル術豊富ぼっち女子高生vs人間に成りすます謎の生命体」
バイバイ人類1巻 テルミットも簡易爆弾も閃光弾も自作できるぼっち系JKがヒロイン
萩原あさ美のニュース - アキバBlog

あおいさんは16歳年下 「年の差16歳。美女に告白したら、小学生でした」
ふぁざ婚1巻 「おじさん大好き乙女♥ 煩悩オタク女子&母性バブみ女子」
レンタルビデオ店が舞台 水曜日のシネマ1巻 「映画鑑賞のおもしろさと初めての恋」
海咲ライラック1巻 「歳の差ラブコメ!赤面する海ちゃん(15)可愛くてたまらないっ」
恋は雨上がりのように1巻 「女子高生が冴えない店長に片思いする恋愛叙情譜!」
おじさんとマシュマロ 「おじさんはマシュマロが大好き。OLはおじさんの事が大好き」
緑のルーペ こいのことば 「女子中学生とエロ漫画家、互いに貪り溺れ寄り添って」
叔父と姪 相姦の赤い河岸1巻 「他人には言えない禁断の関係」
板場広志「年ノ差20/40」 20歳アイドル社員を嫁にした40歳オッサン主任
一緒に暮らすための約束をいくつか(1) 「女子中学生と30代の独身男の同居生活」
これは恋のはなし(1) 「31歳×10歳 歳の差ラブストーリー」

【関連リンク】
講談社 / コミックDAYS / Twitter
「娘の友達」2巻コミックス情報(試し読みあり) / 連載ページ
抜け出せるだろうか、娘の友達という名の沼から
萩原あさ美氏のTumblr / Twitter / pixiv
見本誌が届いていた〜
娘の友達に惚れてしまったサラリーマンの話 1/12

萩原あさ美インタビュー 「自分の反省の気持ちと、わからない相手を知りたいという欲求」
真面目に生きてきたサラリーマンが娘の友達に惹かれていく(1巻発売時)

【感想リンク】
真似したくないながらどこか羨ましく
この先の修羅場が楽しみすぎる
まだまだ底の見えない怖さみたいなのがある
これはヤバイ道を入り込んでしまったのではないか
第1巻では小悪魔ちゃんと思っていましたが、第2巻を読了すると…
読んでいる間ずっとぞわぞわっとする感じがよい…
ドキドキしすぎてやばい。やばいとしか言えない(語彙力)
可愛さと色気があるんだけど、この作品はそこに「怖さ」も
冒頭の電話かかってきたときとか下着脱ぐシーンとかのねっとりした間が良い
古都ちゃんの仕草ひとつひとつにゾワゾワしちゃうw
思った以上にドロドロしてた


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit