2019年11月19日

川中島繚乱 歩き巫女艶闘伝 「最強の男たちに、くノ一集団・歩き巫女に為す術は!?」

大杉ゆきひろ「川中島繚乱 歩き巫女艶闘伝」 大杉ゆきひろ氏の戦国時代の武田のくノ一集団をヒロインにしたマンガ「川中島繚乱 歩き巫女艶闘伝」【AA】が18日に発売になり、裏表紙は『戦国史上類を見ない激戦・“川中島”。最強の男たちを前に、九尾たち“歩き巫女”に為す術は…!?大反響“川中島艶霧”編!』だった。
-

大杉ゆきひろの戦国時代・くノ一漫画「川中島繚乱 歩き巫女艶闘伝」
大杉ゆきひろ氏のコミックス「川中島繚乱 歩き巫女艶闘伝」【AA】発売
「今川義元、北条氏康、山本勘助、戦国の怪物、蠢く!!」

「武田の歩き巫女共よ」
「汝等が往く場所は一つ…、それは地獄の業火の中よ…!!
武田の“歩き巫女”共よ…!」

「武田流房中術、波乳挟美」
「(二つの女体で波状の快感を与う――…、
武田流房中術“波乳挟美”、快楽のまま果て尽…)」

「口技・手技・そして交合の快楽を再現」
「(淫薬をしみこませた“淫紐”を操り、口技・手技・そして交合の快楽を再現…
これぞ武田流房中術…紗碓手繰縭――!)」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
特典:ペーパー
メロンブックス秋葉原1号店

戦国時代の武田のくノ一集団をヒロインにした、大杉ゆきひろ氏が週刊漫画ゴラクで連載されているコミックス「川中島繚乱 歩き巫女艶闘伝」【AA】が18日に発売になった。

「川中島繚乱 歩き巫女艶闘伝」【AA】は、「歩き巫女九尾」1巻2巻「戸石城炎情」「川中島快艶」に続く、房中術を駆使する武田家のくノ一集団“歩き巫女”と、その一人・九尾らを描かれたシリーズの5作目で、9話分のエピソードと、描き下ろし「艶姿情慾絵巻」(房中術イラストなど)を収録(もくじ)。

オビ謳い文句は『十年に及ぶ“川中島の戦い”開始!』、『今川義元、北条氏康、山本勘助、戦国の怪物、蠢く!』、『九尾たちの美麗なる艶闘!』で、裏表紙は『戦国史上類を見ない激戦・“川中島”。武田信玄と上杉謙信の激闘の背景には、“海道一の弓取り”今川義元、“相模の獅子”北条氏康という存在が!最強の男たちを前に、九尾たち“歩き巫女”に為す術は…!?大反響“川中島艶霧”編!』だった。

1553年、九尾たち“歩き巫女”と、真田幸隆指揮する武田軍に敗北した事をきっかけに、勢力を弱めた北信濃の雄・村上義清は、武田に対抗すべく、越後の長尾景虎(上杉謙信)を頼る。“義”によって動いた景虎は、武田軍の待つ北信濃へ進軍。両軍激突の場は“川中島”!!幾度も激突する事となる武田信玄と上杉謙信の、“川中島の戦い”がここに開幕!!山本勘助、今川義元、北条氏康と、時代の主役たちが続々登場する、“歩き巫女”九尾たちの物語、運命の第五弾!裏表紙

なお、「川中島繚乱 歩き巫女艶闘伝」【AA】のコミックス情報は『“歩き巫女”九尾たちの物語、第五弾!!歩き巫女と真田の連携に敗北した村上義清は、長尾景虎(上杉謙信)に救援を求める。義によって動く若き戦人の参戦により、戦況は一気に甲斐の武田対越後の長尾という国同士のものに!!今川義元、北条氏康という巨人たちも登場し、舞台は川中島へ!』になってる。

「川中島繚乱 歩き巫女艶闘伝」コミックス情報 / 大杉ゆきひろ氏のTwitter

「(今川義元の攻め…、これまでの“男”共とはまるで違う…!)」

「一人の女の“闇”も祓えずして何が国主か!そなたが抱えし“闇”――…この今川義元が打ち祓ってくれようぞ」

「(我が舞いしは“誘淫の舞”――
己が裸身をさらし、相手の視線を囚え、舞にて暗示をかける)」

「“走快精天”!枯れ尽くすまで果て続けるが良い――!」
「(その大きさ、まさに“王”たる器――)」
「(三国同盟締結により、両者の戦いはさらに激しさを増していくのである――!)」
「武田流房中術…“淫麗分身(みだれぶんしん)”――!」
「まさに“戦世”さまさまよォッ!!」
「(なんという強烈な“戦気”!あの村上義清に勝るとも劣らぬ…)」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit