2020年01月08日

平庫ワカ マイ・ブロークン・マリコ 「あたしは骨になったマリコと最初で最後の旅に出た」

平庫ワカ「マイ・ブロークン・マリコ」 平庫ワカ氏の初単行本「マイ・ブロークン・マリコ」【AA】がアキバでは7日に発売になった。裏表紙は『柄の悪いOLのシイノは外回り先のニュースを目にする。それは親友マリコの突然の死。親友の死を知ったシイノはある行動を決意する』、オビは『あたしは骨になったマリコと最初で最後の旅に出た』だった。
-

平庫ワカの初単行本「マイ・ブロークン・マリコ」
平庫ワカ氏のコミックス「マイ・ブロークン・マリコ」【AA】発売
「あたしは骨になったマリコと最初で最後の旅に出た」

「26歳の女性が、自宅マンション4階のベランダから転落し」
「――26歳の女性が、自宅マンション4階のベランダから転落し、亡くなっているのが近隣の住民によって発見されました」

「イカガワ マリコという人は、あたしのダチだった」
「あの日死んだ、イカガワ マリコという人は、あたしのダチだった」

「だってあたし達、先週遊んだばっか」
「(いや…だってあたし達、先週遊んだばっか…
何も、そんな、そんな感じじゃなかったし)」
アニメイト秋葉原本館
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

平庫ワカ氏がComicWalker・Comic BRIDGE onlineで連載されていた、初単行本「マイ・ブロークン・マリコ」【AA】が、アキバでは7日に発売になった(公式発売日は8日)。

『マイ・ブロークン・マリコ』は、連載開始時のコミックナタリーによると『物語は26歳の女性が転落死したという、ありふれたニュースから始まる。その女性マリコの友人だったOLシイノは、仕事の外回り中にそのニュースを知り茫然自失する。今からでもマリコのためにできることはないのか、自問していたシイノはある行動を決意する』から始まったお話。

今回発売になった「マイ・ブロークン・マリコ」【AA】には、表題作「マイ・ブロークン・マリコ」を描きおろし含む計4編と、デビュー読み切り作「YISKA-イーサカ-」を収録(もくじ)し、オビ謳い文句は『漫画家・作家・アーティスト・映像作家――各界騒然。更新のたびにトレンド入りした超大型新人衝撃のデビュー作』、『あたしは骨になったマリコと最初で最後の旅に出た』だった。

また、裏表紙は『連載開始直後からトレンド入り。各界を震撼させた衝撃作、単行本化!』で、折込チラシは『柄の悪いOLのシイノは親友の死を知り、ある行動を決意した』になってる。

柄の悪いOLのシイノは外回り先の定食屋でひとつのニュースを目にする。それは、親友、マリコの突然の死を伝えるものだった。親友の死を知ったシイノは、とある行動を決意する――。女同士の魂の結びつきを描く、鮮烈なロマンシス・ストーリー 裏表紙

なお、「マイ・ブロークン・マリコ」【AA】の感想は、小太刀右京さん『天才の仕事としか言いようのないドスゲエ漫画でした。なんだこりゃ』、梅川一期さん『一話目からガシガシ物語は進んでいくのですが。よく言われる"疾走感"とは違い、もう色んなところにガンガンぶつかって、それでもエンジンは停まらないみたいな主人公が手負いの獣みたい』、切腹五郎又は壱号さん『腹の底から沸き上がる感情をストレートに噴出させる主人公のキャラが異様なほど立ってて素晴らしい』などがある。

「マイ・ブロークン・マリコ」コミックス情報

「今度こそあたしが助ける、待ってろマリコ」

「(あの頃、彼女は毎日、毎分、毎秒、いい子でいようと必死だった。いい子でありさえすれば、母親をあの家に繋ぎ止められると信じていたのだ)」

「あたしはマリコの幼馴染みのシイノ トモヨだ。マリコの遺骨はあたしが連れて行く」

「もう怒られっこないわ、だから、行こう、海」
「直接聞けたら楽なんだけどね〜、“マリコはどこ行きたい〜?”」
「あんたはどうだったか知らないけどね、あたしには正直あんたしかいなかった」
「まもなく、まりつき駅――」
「そーだよ、わたしぶっ壊れてるの」
「せめて、一緒に死んでくれって、何で言ってくれなかったんだ…!」


【関連記事】
やがて君になる8巻 「ゆっくりと歩む2人のその先…熱い"好き"で溢れた最終巻?」
きたない君がいちばんかわいい1巻 「嘔吐、血液、拘束、貫通、失禁。特殊性癖満載!」
citrus+1巻 「恋人同士になった柚子と芽衣。恋人としての高校生活を始めたふたり」
ゆりかご 百合な片想いちゃん 「SNSで大人気の百合ラブコメ、書籍化!」
百合短編集 ゆりゆり2巻 「百合作家・なもりの真髄を噛みしめる珠玉の五篇」
ゆめぐりゆりめぐり1巻 「女子高生たちの、一糸まとわぬ放課後温泉めぐりライフ」
隣の部屋から喘ぎ声がするんですけど…1巻 「おとなりさんは百合カップル(セフレ)」
須藤佑実の短編集 包帯少女期間 「幼くて未完成、けれど美しかった彼女たちの記録」
百合のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
KADOKAWA / Comic BRIDGE online / ニコニコ静画 / Twitter
「マイ・ブロークン・マリコ」コミックス情報 / 連載ページ / pixivコミック
刊行に伴いまして、大変多くの方に応援のメッセージをいただきました
平庫ワカ氏のTwitter
「友達の遺骨を奪って走る漫画です。(1話分お試し読みよろしければ)
短い描き下ろしとデビュー作の読切り『Yiska』も詰めてもらいました

「マイ・ブロークン・マリコ」瀬戸麻沙美、市ノ瀬加那らが声をあてた試し読み動画
平庫ワカ「マイ・ブロークン・マリコ」特集 コラム「彼女の魂を埋める場所を探して」
「マイ・ブロークン・マリコ」ガラの悪いOLが、死んだダチのため走り出す(連載開始時)

【感想リンク】
なんすかこの化け物みたいな作品は…いやとにかくすごい
セカイ系の真逆にある残酷な輝き
親友の死から始まる主人公の魂の救済への旅路
彼女の人生は一体何だったのかと考えると胸が苦しくなる
疾走する絶望感 とんでもない新人デビュー作!
友人の父から遺骨を奪い、そして二人、というか一人と一骨での逃避行
マジで最高なんすよ…2019年に出会ったマンガで一番好き
天才の仕事としか言いようのないドスゲエ漫画でした。なんだこりゃ
やはり最高だった 人間の果てだった
もう色んなところにガンガンぶつかって、それでもエンジンは停まらない
かつてここまで力強さと繊細さを併せ持った百合があっただろうか?
走れ!シイちゃん!進め!シイちゃん!ものすごく悲しい話なんだけど
細部まで描写が素晴らしかった…


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit