2020年01月10日

森迫清春 第九身体1巻 「第九身体を有する漂流移民で構成された軍事組織ヌーマ」

森迫清春「第九身体」1巻 森迫清春氏のコミックス「第九身体」1巻【AA】が9日に発売になった。裏表紙は『西暦2232年。活動拡大を企図する国際テロ組織。政府は脅威に対抗すべく軍事組織と接触する』で、第1巻記念PVの告知は『第九身体を有する、漂流移民で構成された軍事組織ヌーマ。生を呑み込む、変革の軌跡』になってる。
-

森迫清春の漫画「第九身体」1巻
森迫清春氏のコミックス「第九身体」1巻【AA】発売
「国際テロ組織メガスダボvs.軍事組織ヌーマ」

「あーア〜、日本のみんなア〜」
「(西暦2232年、シタデル東京)」 「あーア〜、日本のみんなア〜」

「敵の総数78!囲まれてます!」
「敵の総数78!囲まれてます!」
「本当にまっすぐか?本当に、まっすぐでいいのか?」

「月天、エリア内の敵を一掃しました!」
「月天、エリア内の敵を一掃しました!」 「てか、散らかしたって感じか…」
ゲーマーズ本店
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店

森迫清春氏が月刊コミックバンチで連載されているコミックス「第九身体」1巻【AA】が、9日に発売になった。

『第九身体』は、コミックナタリーによると『本作の舞台は、西暦2232年のシタデル東京。国際テロ組織・メガスダボの勢力に危機を感じ、政府は漂流移民で構成された軍事組織・ヌーマに接触する。ヌーマに所属する1人の少女は、衛星(ステラ)を操って“第九身体”になることこそがメガスダボに対抗できる唯一の手段だと言い…』で始まるお話。

今回発売になったコミックス「第九身体」1巻【AA】には第1話〜第5話と描き下ろし設定資料を収録し、オビ謳い文句は『国際テロ組織メガスダボvs.軍事組織ヌーマ』、コミックス情報は『権利と尊厳を問う、移民漂流戦記』で、第1巻記念PVの告知は『第九身体を有する、漂流移民で構成された軍事組織ヌーマ。生を呑み込む、変革の軌跡』になってる。

西暦2232年、シタデル東京。パワードスーツを纏い、活動拡大を企図する国際テロ組織・メガスダボ。事態を重く見た政府は迫る脅威に対抗すべく、漂流移民で構成された軍事組織・ヌーマと接触する。中でも[衛星(ステラ)]を操るヒライズの戦闘形態・第九身体に、心を奪われて――
裏表紙

なお、「第九身体」1巻【AA】のAmazonカスタマーさんの感想(Amazonレビュー)は『人間自身が変身するっていうのが新しかったし、バトルが面白い。難民問題やテロといった社会問題も組み込まれていて、今後の展開も楽しみ』などで、装丁デザインされたエンドウサトミ氏発売告知では『近未来東京を舞台に繰り広げられる、権利と尊厳を問う、移民漂流戦記!激しい戦闘シーンを描いた臨場感溢れるこのイラストが目印です!』などをツイートされている。

「第九身体」1巻コミックス情報 / コミックバンチweb掲載ページ

「不確定粒子の無限のエネルギー、
その力を全人類に解放し共有することが、我々メガスダボの目的である」

「我が組織(ヌーマ)が、メガスダボを殲滅しまス」

「補習は地獄で受けな、メガスダボ」

「第九身体になれるのは、あの2人だけです」
「漂流移民15万人分の消費エネルギーをまかなえます」
「ヌーマ戦士たチ!幸運ヲ」
「ホッホー!」ドオオオ
「あんたが変身出来るまで、全員で食い止める!」
「(こいつが…第九身体!)」




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit