2020年01月12日

ひきこまり吸血姫の悶々 「はったりと幸運を頼りに快進撃するコミカルファンタジー!」

著者:小林湖底 イラスト:りいちゅ「ひきこまり吸血姫の悶々」 GA文庫1月新刊、著:小林湖底氏&イラスト:りいちゅ氏のライトノベル「ひきこまり吸血姫の悶々」【AA】が11日に発売になった。引きこもりの吸血鬼・コマリが帝国の将軍に抜擢され、オビは『ダメダメ美少女が大勝利!』で、折込チラシは『はったりと幸運を頼りに快進撃、コミカルファンタジー!』になってた。
-

GA文庫「ひきこまり吸血姫の悶々」
著:小林湖底氏&イラスト:りいちゅ氏のラノベ「ひきこまり吸血姫の悶々」【AA】発売
「自己評価↓最低、他者評価↑最高、ダメダメ美少女が大勝利!」

引きこもりの吸血鬼・コマリ
引きこもりの吸血鬼・コマリ。吸血鬼なのに血が吸えず、魔法が使えない

「行くぞ!」 「ウオオオオオオオオオオ!」 「(どうしてこうなった…?)」
帝国の将軍に大抜擢され、下克上が横行する荒くれ部隊を率いることに
「行くぞ!」 「ウオオオオオオオオオオ!」 「(どうしてこうなった…?)」

「どんな敵でも三秒でずたずたにしてやる!」
「私は最強だからな!どんな敵でも三秒でずたずたにしてやる!」

GA文庫1月新刊、著:小林湖底氏&イラスト:りいちゅ氏のライトノベル「ひきこまり吸血姫の悶々」【AA】が11日に発売になった。

今回発売になった「ひきこまり吸血姫の悶々」【AA】は、第11回GA文庫大賞の優秀賞受賞作で、GA文庫編集部コラムの紹介によると『引きこもりの美少女「コマリ」がある日目覚めると、帝国の将軍に大抜擢されていた!しかも、率いることになるのは帝国でも屈指の「ならず者」が集まる部隊で、前任者は部下の下克上によって惨殺されたという。長期にわたる引きこもりライフを送ってきたコマリに、はたして将軍職は務まるのか!?』というお話。

オビ謳い文句は『「たとえ世界がひっくり返っても、私は引きこもる!」第11回GA文庫大賞《優秀賞》自己評価↓最低、他者評価↑最高、ダメダメ美少女が大勝利!』、裏表紙は『絶対に部屋から出ないプロの引きこもりが(むりやり)将軍に!?しかも部下たちは、荒くれ者。弱いとバレたら即、下克上!』で、折込チラシは『はったりと幸運を頼りに快進撃するコマリの姿を描いたコミカルファンタジー!引きこもりだけど、コマリは「やればできる子」!?』になってた。

また、発売日のアキバでは、販促POPミニ軍旗などで展開があり、とらのあな秋葉原店Aは階段横にPOPや作中イラストなどが出ていたほか、タペストリーPOPなどで展開していた。

「……ふぇ? な、なに?」。引きこもりの少女テラコマリこと「コマリ」が目覚めると、なんと帝国の将軍に大抜擢されていた!しかもコマリが率いるのは、下克上が横行する血なまぐさい荒くれ部隊。
名門吸血鬼の家系に生まれながら、血が嫌いなせいで「運動神経ダメ」「背が小さい」「魔法が使えない」と三拍子そろったコマリ。途方に暮れる彼女に、腹心(となってくれるはず)のメイドのヴィルが言った。「お任せください。必ずや部下どもを勘違いさせてみせましょう!」 書籍情報

ライトノベル「ひきこまり吸血姫の悶々」【AA】の感想には、みやさん『コマリとヴィルのテンポ良い掛け合いが面白い。コミカルだけでなく後半のミリセント絡みのシリアスな話も良かった』、石束鳳碩さん『大部分を占める変人キャラ過多によるコメディパートが非常に優秀で笑った。マトモな人物がいなすぎてこの世界ヤバイ』、オタフクさん『たくさん笑わせてもらいました』などがある。

なお、著者:小林湖底氏は、あとがきで『主人公が可愛ければそれでいい!という理念を根本に敷いて書き上げられたコミカルファンタジーです。働きたくない主人公と主人公を持ち上げまくる周囲との温度差を楽しんで頂けたら幸いです。ついでに「コマリかわいい」と感じて頂けたら超幸いです』などを書かれている。

「ひきこまり吸血姫の悶々」書籍情報 / 特典情報

「わっはっはっは!面白い、実に面白い」
「新七紅天誕生“全世界をオムライスにしてやる”」
「肉食獣の檻にでも放り込まれた気分である」
「さっそく抱きしめてもよろしいですか?」
「理由は単純明快。コミュ力がないから」
「無理よ。だって私はあんたより強いもの」



【関連記事】
四ノ宮小唄はまだ死ねない1巻 「現状あなたは死体です。生死バディ探偵譚!」
うちの聖女さまは腹黒すぎだろ 「ブラック聖女と半熟騎士のおしごとファンタジー!」
りいちゅのニュース - アキバBlog

きれいなお姉さんに養われたくない男の子なんているの? 「きれいでお金持ちで、ちょっと不思議なお姉さんとの甘々同居生活!」
ダンまち外伝ファミリアクロニクルepisodeフレイヤ 「最強の女神と眷属達のクロニクル」
七代勇者は謝れない 「七代目(元)vs八代目(仮)。勇者の紋章を賭けた争奪戦」
友達の妹が俺にだけウザい3巻 「ウザかわJKの夏!いちゃウザ青春ラブコメ!」
GA文庫 高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果5巻 「年の差ラブコメ、ついにハッピーエンド★」
GA文庫のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
SBクリエイティブ / GA文庫 / GA文庫ブログ / Twitter
「ひきこまり吸血姫の悶々」書籍情報 / 特典情報
1月刊新人賞受賞作品の試読版が公開ですよ!
第11回GA文庫大賞《優秀賞》受賞作「ひきこまり吸血姫の悶々」PV - YouTube
出版社コラム:超絶美少女コマリが引き起こす笑いと感動のギャップコメディ!
第11回GA文庫大賞受賞作特設サイト
かわいいミニ軍旗です。みんなコマリ陣営に集え!
コマリ様の軍団に入隊するチャンス!
著者:小林湖底氏のTwitter
見本誌が届いておりました。初めての著作ということで高揚も一入です
イラスト:りいちゅ氏のホームページ / Twitter / pixiv / FANBOX
引きこもり吸血姫とド変態メイド
柊椋氏:装丁担当させて頂きました…!
独占インタビュー「ラノベの素」 小林湖底先生「ひきこまり吸血姫の悶々」

【感想リンク】
よわよわだけどバレずに最強かわいい!
優秀賞にふさわしいとても面白い作品でした
前半のコメディ的で死の概念すら遠い世界観でスットコドッコイな展開をしていたのが好き
コミカルだけでなく後半のミリセント絡みのシリアスな話も良かった
コマリ隊の荒くれチンピラどもがチョロすぎる!
大部分を占める変人キャラ過多によるコメディパートが非常に優秀で笑った
いやーコマリ様がめちゃくちゃ可愛かったです
最近読んできた1巻の中で1番面白かったです
一歩間違えばアイタタタな展開に陥りがちなところをバランス良く描いている
小心者で弱虫な少女の、これは勇気の物語だ
笑い溢れるコメディとシリアスと熱さ溢れるバトルが一度で二度おいしい


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit