2020年01月22日

灯色の研究室 “木漏れ日の檻” 「寝取る為に育てる。この外道!(最上級の誉め言葉)」

サークル灯色の研究室「木漏れ日の檻」 サークル灯色の研究室のオリジナル同人誌『木漏れ日の檻』がメロンに入荷してる。サークルさんの新刊告知は『奪われるために育てられてきたカップルのお話』だったもので、tyatarou/でぃ〜んさんの感想は『寝取る為に育てるとかいう近年稀にみる業の深い本。この外道!(最上級の誉め言葉)』などなど。
-

サークル灯色の研究室の同人誌「木漏れ日の檻」
サークル灯色の研究室の冬コミ新刊、オリジナル同人誌「木漏れ日の檻」

「想いを告げ合った二人は必ず一緒になれる…でしょ?」
小さな孤児院で育てられ、告白して恋人同士になったリクとニーナ
「想いを告げ合った二人は必ず一緒になれる…でしょ?」

「(そういえば、男子がこっちに来たって話は聞いたこと無いかも…扉も壁も男子の方よりずっとしっかりしてるし…)」
「(女子の宿舎ってこうなってるんだ…
…扉も壁も男子の方よりずっとしっかりしてるし…)」

「良い子だニーナ…今日もたっぷり躾けてやるからな」
孤児院の正体は人身売買施設。薬と暗示で客に調教されるニーナ
「良い子だニーナ…今日もたっぷり躾けてやるからな」

サークル灯色の研究室(灯問氏)が冬コミで頒布された、オリジナル同人誌『木漏れ日の檻』が、メロンブックス秋葉原1号店&2号店に入荷してる(メロン専売)。

サークルさんの新刊告知によると『おじさんに奪われるために育てられてきたカップルのお話です。※暗示とかキメセク要素あり』とのことで、小さな孤児院で育てられ、告白して恋人同士になった男の子・リクと女の子・ニーナが登場し、メロン通販の紹介は『暗示をかけられ、おじさんにハジメテを捧げる為に生きてきたニーナ。心とカラダが乖離する彼女に興奮必至!☆彡極上のNTRをお楽しみ下さい!』などになってる。

互いの想いを告げ合い、孤児院での幸せな恋人生活を送るリクとニーナだったがある日二人が一線を越えようとした瞬間、ニーナの様子がおかしくなる。その晩リクが彼女の部屋を訪れるとそこには見知らぬ男に弄ばれるニーナの姿が… サークルさんのコメント

同人誌『木漏れ日の檻』の感想には、tyatarou/でぃ〜んさん『互いに思い合っている孤児同士を目の前で寝取る為に育てるとかいう近年稀にみる業の深い本…この外道!(最上級の誉め言葉)』、そらどさん『噂される場所、孤児院、院長の優しさ、生活のルールなど色々意味があって、とても読み応えがありました!』、双葉さんさん『最後の媚びた絶望顔と装飾品が溜まりませんね…!』などがある。

なお、サークル灯色の研究室灯問氏は、あとがきで『今回は「寝取られるために育てられたカップル」がテーマとなっています。普段と少し雰囲気を変えて洋風な世界観で暗示やキメセクなど、今まで同人誌で描いていない要素も入れてみました』などを書かれている。

灯問氏のTwitter / C97新刊「木漏れ日の檻」サンプル(pixiv)

「(な…なに…?誰…?ニーナに一体何をして…)」
「男女を引き合わせ、恋愛感情を育む様子をプロモーションとしてお客様へ公開」
「(この味…この臭い…私知ってる…)」
「見なさい、大切な恋人が大人になった瞬間だぞ」
「チ◯ポ狂いになっていく姿を恋人にも見てもらおう」
「子宮で全部飲み干せ…っ」
「だめ…っこれ以上は…」


【関連記事】
サークルましら堂 冬鍋〜NTR系小ネタ集〜 「寝取られ好きには堪らない全34ページ!」
サークルM 「巨乳女上司催眠肉人形3」 スマホ催眠。肉便器にした女上司ボテ腹孕ませ
サークル2P-Color 赤い雫 「彼氏持ちの彼女が堕とされる!多人数×凌辱×NTR!」
清楚彼女、堕ちる。 「清楚な女の子がチャラ男に脅されて色んな事されちゃうNTR本」
もんぷち あなたの願いが叶いますように。 「おっさんの欲望に豊満ボディを弄ばれる」
新妻の本当の姿 「地下アイドル活動をしている妻が楽屋で男達にNTRてる件について…」
能都くるみ 美少女を寝取るのは蜜のあじ 「うああっ♥すごっ♥なかっきて♥あ゙っ♥」
あらくれ 寝取られた人妻と寝取られる人妻 「為す術なく寝取られる美人妻!」
NTRのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
サークル灯色の研究室・灯問氏のTwitter / pixiv / Pawoo / Fantia
C97新刊「木漏れ日の檻」サンプル(pixiv)
おじさんに奪われるために育てられてきたカップルのお話です
メロンブックス通販「木漏れ日の檻」(専売)
FANZA同人「木漏れ日の檻」

【感想リンク】
この外道!!(最上級の誉め言葉)
好きな人に初めてを捧げられなかったニーナの絶叫
寝取られっぷりは最高にエロかったです
最後の媚びた絶望顔と装飾品が溜まりませんね…!
このカップルはその1組でしかないのを鑑みると色々想像できる1冊
新しい切り口でしたね!


この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit