2020年01月24日

戦争は女の顔をしていない1巻 「ノーベル文学賞作家の主著。小梅けいとコミカライズ」

原作:スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ&作画:小梅けいと「戦争は女の顔をしていない」1巻 スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ氏の独ソ戦に従軍した女性軍人たちへの戦後インタビュー本を、小梅けいと氏がコミカライズされている「戦争は女の顔をしていない」1巻【AA】がアキバでは23日に発売になり、コミックス情報は『ノーベル文学賞受賞作家の主著。小梅けいとによるコミカライズ』になってる。
-

小梅けいとがコミカライズ「戦争は女の顔をしていない」1巻
コミック版「戦争は女の顔をしていない」1巻【AA】発売
オビは富野由悠季氏コメント「この原作を漫画化しようと考えた作家がいるとは」

「そう…みな家に帰りたがっていましたが、戻るのは恐ろしかったんです」
ワレンチーナ・クジミニチナ・ブラチコワ・ボルシチェフスカヤ中尉
「そう…みな家に帰りたがっていましたが、戻るのは恐ろしかったんです」

「(五月一日に結婚して、六月二十二日には戦争が始まりました)」
「(五月一日に結婚して、六月二十二日には戦争が始まりました。
ドイツ空軍による空爆が始まりました。私は孤児院で働いていたんです)」

「(全部手だけ…女たちの手で…)」
「(重労働だった。洗濯機なんかまったく気配もなし、
全部手だけ…女たちの手で…)」
メロンブックス秋葉原1号店
ゲーマーズ本店
特典:戦場回想写真
裏表紙

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ氏の著書、第二次世界大戦・独ソ戦に従軍した女性軍人たちへの戦後インタビュー本を、小梅けいと氏がコミカライズされComicWalkerで連載中の「戦争は女の顔をしていない」1巻【AA】(監修:速水螺旋人氏)が、アキバでは23日に発売になった(公式発売日は27日)。

原作『戦争は女の顔をしていない』は、岩波現代文庫版の書籍情報によると『500人以上の従軍女性から聞き取りをおこない戦争の真実を明らかにした、ノーベル文学賞作家の主著』、『本作はアレクシエーヴィチが1984年に発表した最初の作品です。雑誌記者だった30歳代の彼女が1978年から取材を開始して、500人を超える女性から聞き取りをしました。完成後2年間は出版を許されず、ペレストロイカ後に出されました』という作品。

今回発売になったコミックス「戦争は女の顔をしていない」1巻【AA】の裏表紙は『ノーベル文学賞を受賞した史上初のジャーナリスト、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ。彼女が取材した、500人にのぼる第二次世界大戦従軍女性たちの証言をマンガ化』で、コミックス1巻には第1話〜第7話を収録し、コミックス情報は『その内容から出版を拒否され続けた、ノーベル文学賞受賞作家の主著。「狼と香辛料」小梅けいとによるコミカライズ』になってる。

この原作を漫画化しようと考えた作家がいるとは想像しなかった。瞠目する。原作者の慧眼をもって、酷寒のロシア戦線での女性の洗濯兵と狙撃兵の異形をあぶり出した辣腕には敬意を表したい。それを漫画化した作者の蛮勇にも脱帽する。男性の政治家と経済人たちの必読の書である。女たちは美しくも切なく強靭であったのは事実なのだ
富野由悠季氏の帯コメント

なお、「戦争は女の顔をしていない」1巻【AA】のあとがきで、監修を担当されている速水螺旋人氏は『本作の証言はかならずしも事実とは限らない。彼女たちは歴史家ではないし、記憶は変わるものだ。アレクシエーヴィチもその主観に手を加えることはない…。彼女たちがどのような出来事を覚えているか、戦後も含めてどう生きてきたかと感じているか、幾多のインタビューを通じて戦争とその時代が姿を現すだろう。ただのエピソードの連なりではなく。戦争がどのような顔をしているのか、それを解釈するのは読者である。ぜひひとコマひとコマ、行間ならぬコマの間を想像しながら読んでいただきたい』などを書かれている。

「戦争は女の顔をしていない」1巻コミックス情報 / 連載ページ

エフロシーニャ・グリゴリエヴナ・ブレウス大尉(軍医)
「(ふと目が醒めると、あの人が隣に座って私を見ていました)」

「(一瞬のことでした。破片が当たったのです。一秒で死に至ったんです。
彼を抱きしめて、彼がどこか知らないところに葬られないように望みました)」

「家は燃えて無くなりました。写真も残っていません。 なんにも残っていないんです
夫を国に連れて行けたら、お墓なりとも残ります」

「(初めての時は怖かった…とっても…)」
「私を撃ち殺して、こんなんで生きていたくない…」
「身体が痛むほうがいい、心の痛みはとてもつらいの」
「(銃声をかき消すことができるように大声で喚いて行ったの)」
「(一回の攻撃で五回か六回。私自身は四十八キロしかないのに)」
「(その多くが、手を上に上げていました)」


【関連記事】
小梅けいと 花粉少女こんぷりーと 「乱交漫画の金字塔・花粉少女注意報!を網羅」
小梅けいとVRセクロスフルカラー漫画 スクールラブ.ネット 「仮想世界でヤリまくり」
全ページ描き下ろし 小梅けいと「ビビオペ」1巻 乳首解禁・股間ラッシュ
コミックス狼と香辛料6巻 「久々に乳首券!服を脱ぐホロがエロかった」
「いちゃいちゃロレンス爆発しろ!」 コミックス狼と香辛料 5巻
小梅けいと、3年ぶりのオリジナル単行本 「花粉少女2!」発売
コミック版「狼と香辛料」2巻発売 「脱がなくてもすごいんです」
小梅けいと コミック版「狼と香辛料」1巻発売 ホロ乳首あり
花粉少女注意報 「ティッシュもたっぷり使ってね」
小梅けいとのニュース - アキバBlog
サークルあねこの手帖のニュース - アキバBlog

いまさらですがソ連邦 「いまはもう無いふしぎな超大国・ソ連を、ハラショーに紹介!」
速水螺旋人 / 男爵にふさわしい銀河旅行1巻 「理想の乙女を求めて旅する貧乏男爵!」
速水螺旋人の馬車馬大作戦 bis黒本 「様々な媒体で発表した作品をまとめた仕事集」
速水螺旋人の4コマ漫画 スパイの歩き方 「華麗に愉快な諜報活動!?」
補給がないと軍隊は戦えません 兵站(補給)部隊マンガ「大砲とスタンプ」2巻
戦争は兵站だ 「大砲とスタンプ」1巻
速水螺旋人ポケット画集 「螺旋人リアリズム」
「全世界がダンジョンという"百万迷宮"を舞台にした剣と魔法まんが」
ヨーコの超電導ライフルのデザインもされた速水螺旋人 初単行本
速水螺旋人のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
KADOKAWA / ComicWalker / Twitter
「戦争は女の顔をしていない」1巻コミックス情報
『戦争は女の顔をしていない』試し読みPV(CV:日笠陽子ほか) - YouTube
ComicWalker連載ページ / ニコニコ静画 / コミック版公式Twitter
帯の推薦文をなんと富野由悠季監督よりいただきました!
ワレンチーナ・クジミニチナ・ブラチコワ‐ボルシチェフスカヤ中尉の話(1)
作画:小梅けいと氏のホームページ / Twitter / pixiv
小梅けいと - Wikipedia
監修:速水螺旋人氏のホームページ / ブログ / Twitter / pixiv
僕も解説コラムをちょこっと描かせてもらいました
解説ページを頂いたので、その辺に関することもちょっと書いたのですが
速水螺旋人 - Wikipedia
「戦争は女の顔をしていない」小梅けいとによるコミカライズ版1巻が発売 - コミックナタリー
その本は、長く出版禁止だった。語られなかった〈女たちの戦争〉を今マンガで届ける理由

岩波現代文庫「戦争は女の顔をしていない」書籍情報
スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ - Wikipedia

【感想リンク】
池上彰が語る「戦争は女の顔をしていない」。若い女性にこそ読んでほしい本当の戦争文学
第二次世界大戦中のソ連。戦争に運命を翻弄された、女性の生き様
凄く良い漫画だった。良かった
泣いた。ただただ、泣きました
改めて「平和」とは、「戦争の悲惨さ」とは、を真摯に考えずにはいられません
戦場で必死に生きる女たちの生き様が悔悟や喪失感、心の傷
戦争は女の顔をしていない は色彩の表現がとにかくよかった
マリーナ・ラスコワも当然ながら実在の人物なのね
1コマだけ出てきたリーリャ・リトヴャクさん
インタビュアーのテープレコーダー、1977年製のモデルっぽい
あの名作がまさかコミカライズされるとは!!


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit