2020年02月08日

「ヤンキーJKの異常な愛情」最終5巻 JK漫画家の膜をぶち抜き、世間にバレる

高橋コウ「ヤンキーJKの異常な愛情」5巻 高橋コウ氏のヤンキーJK漫画家x童貞編集者マンガ「ヤンキーJKの異常な愛情」最終5巻【AA】が7日に発売になった。裏表紙は『お互いに初体験を済ませた、加藤(24歳)とライラ(16歳)。しかし、そんな秘密の二人の関係が世間にバレて大騒動に。これをきっかけに、加藤にある変化が…!』だった。
-

高橋コウの漫画「ヤンキーJKの異常な愛情」最終5巻
高橋コウ氏のコミックス「ヤンキーJKの異常な愛情」最終5巻【AA】発売
「ヤンキーJKとの恋物語…ついに完結!」

「ネームに集中できねぇんだわ」
編集者と付き合い、膜ぶちぶきセクロスしたJK漫画家・ライラ
「今朝…エッチしたことが頭から離れなくて、 ネームに集中できねぇんだわ」

「担当編集の加藤一徹と付き合ってマス」
「えーっと、ちょっと発表がありまして…
ワタクシ二階堂ライラは、担当編集の加藤一徹と付き合ってマス!」

「それ相応の覚悟はできてんだろうな」
「前に言ったよな、女子高生と問題起こすなって、
分かって手ぇだしたんだろ、それ相応の覚悟はできてんだろうな」
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
ゲーマーズ本店
フェア特典あり

高橋コウ氏(=高橋こじか氏)がマガジンポケットで連載されていたコミックス「ヤンキーJKの異常な愛情」最終5巻【AA】が、7日に発売になった。

『ヤンキーJKの異常な愛情』は、1巻発売時のコミックナタリーによると『彼女いない歴=年齢のマンガ編集者・加藤一徹と、ヤンキー女子高生・二階堂來咲(ライラ)を描くラブコメディ。女子高生にカツアゲされた一徹は、一週間後、そのときの女子高生からのマンガの持ち込みを受けることに。一徹は担当編集として、ライラと疑似恋愛をすることになるが…』から始まった、ヤンキーJK漫画家x童貞編集者の恋愛マンガで、4巻で編集者がJKヤンキー漫画家の膜をぶち抜いていた。

今回発売になった「ヤンキーJKの異常な愛情」5巻【AA】には、第28話から最終36話を収録(もくじ)し、オビ謳い文句は『ヤンキーJKとの恋物語…ついに完結!ちょっくら嫁に行ってきます』、裏表紙は『ヤンキーJKとついにゴールイン?!』だった。

お互いに初体験を済ませた、加藤(24歳)とライラ(16歳)。しかし、そんな秘密の二人の関係が世間にバレて大騒動に――。これをきっかけに、加藤にある変化が…!! 裏表紙

なお、『ヤンキーJKの異常な愛情』について、高橋コウ氏自身のTwitterで『去年の終わりに最終回が載りました。去年は利き手の骨折とか色々あった中、最後まで描ききる事が出来てほっとしています。これも読んで頂けた方のおかげです!!』などをツイートされている

「ヤンキーJKの異常な愛情」5巻コミックス情報 / 高橋コウ氏のTwitter

「結婚する気がなかったら交際宣言するかヨ…」

「辞表出してきた、会社辞めてきちゃった!フリーの編集者として働くよ」

編集者の彼氏の上で腰を振るJK漫画家 「んっ、はっ、あっ」

「僕…フリーの編集として有名になってサクセスできるんじゃない?」
「わわわたし…ははじめてのひとは、いっくんがいい」
「…ん!?ヤったってなにを?」「なにってセッ◯スだヨ」
「好きな女に迷惑かけるな…、お前…惨めだぞ」
「また付き合ってくれるまで絶対に絶対に諦めない!!」
「マジで一徹めちゃめちゃしつこかったヨ」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit