2020年02月19日

ピングコング1巻 「全世界困惑!天才卓球少女とゴリラの姉、常識をブチ壊す!」

コミック・ジャクソン「ピングコング」1巻 コミック・ジャクソン氏の初単行本、週刊少年サンデーで連載されているコミックス「PINGKONG(ピングコング)」1巻【AA】が18日に発売になった。裏表紙は『どうか許してやってほしい。彼女は、ゴリラなんだ』、オビ謳い文句は『全世界困惑!!天才卓球少女とゴリラの姉(!?)常識をブチ壊す話題作!』だった。
-

コミック・ジャクソンの漫画「PINGKONG」1巻
コミック・ジャクソン氏のコミックス「PINGKONG(ピングコング)」1巻【AA】発売
「全世界困惑!!天才卓球少女とゴリラの姉(!?)常識をブチ壊す話題作!」

「タクミは私のせいで変わってしまった」
「(双子の姉の影響で卓球を始めた私は、周囲にも認められるようになったが…、
姉のタクミには才能がなかった… タクミは私のせいで変わってしまった)」

「球をよく見るんだよ?タクミ」
「練習通りにね、タクミ!! 球をよく見るんだよ?タクミ」

「いえ、ただの、ゴリラですわ」
「そこにいる彼女たちはまぎれもなく、卓球選手だ」
「(いえ、ただの、ゴリラですわ)」
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原1号店
アニメイト秋葉原本館

コミック・ジャクソン氏(野沢昌宏氏が連載にあたりペンネームを変更)の初単行本で、週刊少年サンデーで連載されているコミックス「PINGKONG(ピングコング)」1巻【AA】が、18日に発売になった。

『PINGKONG』は、コミックナタリーによると『天才卓球少女の早乙女コトミと、彼女の双子の姉・タクミを描いたギャグマンガ。卓球を始めてすぐに実力をつけていったコトミに対し、才能がなかったタクミはなぜかゴリラの姿へと変わってしまった。姉がゴリラになってしまったことに責任を感じるコトミは、卓球で優勝することが報いだとして、ゴリラのタクミとダブルスを組み…』というお話みたい。

今回発売になった「PINGKONG」1巻【AA】には、第1話から第6話を収録し、裏表紙は『どうか許してやってほしい。彼女は、ゴリラなんだ』、オビ謳い文句は『全世界困惑!天才卓球少女とゴリラの姉(!?)常識をブチ壊す話題作!』だった。

双子の姉と卓球を始めた少女。彼女が頭角を現す一方、姉には才能がなかった。そんな姉は変わってしまった…!ゴリラと少女の絆が生み出す奇跡。常識外れの感動ゴリ推し卓球ギャグ、開幕!! コミックス情報

「PINGKONG」1巻【AA】は、小学館コミックの新刊告知では『内容紹介を読んでも、訳がわからないのでは!?でも、それでいいんです!訳のわからなさと勢いを楽しむのが、この作品の一番の楽しみ方だから。そもそもこの作品が生まれたのも、打ち合わせ時にジャクソン氏(当時・野沢氏)が持参した落書きだった。卓球大会に紛れ込みラケットを構えているゴリラの姿。そのイラストの放つ奇妙な魅力。違和感、非常識さを可笑しさとして楽しんでいただければ…』などなど。

なお、3階の者だ!!さんの感想は『双子の姉がゴリラ化すると言う衝撃のスタートを切る本作。シュールなギャグ漫画であり、双子の姉妹の絆を描くヒューマンドラマであり、卓球も忘れず行うスポーツ漫画でもある、ハイブリッドゴリラコメディといえましょう!』などを書かれている。

「PINGKONG」1巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報

【コトミ、じぶんのために、たっきゅうしろ】
「(そうだ、タクミは…、いつだって…私のために)」

「(さっきより、キレが増している…!!1年前より遥かに高精度)」

「どうやら、ふっ切れたようだな」 「“二人とも”ね」

「ペットじゃないです!私の姉です!!」
「早乙女タクミ。よし、いるな」
「僕たち!私たちが!心から触れ合えた、卓球大会!」
「(無理ぃ――)」
「タクミは、私の姉です」
「【無数の流星】」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit