2020年03月24日

黒のカミサマと白のアデプト2巻 「瘴鬼と魔法士の戦いに巻き込まれていく悠真」

柴嶺タカシ「黒のカミサマと白のアデプト」2巻 柴嶺タカシ氏のコミックス「黒のカミサマと白のアデプト」2巻【AA】が23日に発売になった。1巻発売時のコミックナタリーによると『コードを操る“魔法士(コードキャスター)”と“瘴鬼”と呼ばれる化け物の戦いを描くバトルアクション』で、オビは『瘴鬼と魔法士の戦いに巻き込まれていく悠真』になってた。
-

柴嶺タカシの漫画「黒のカミサマと白のアデプト」2巻
柴嶺タカシ氏のコミックス「黒のカミサマと白のアデプト」2巻【AA】発売
「瘴鬼と魔法士の戦いに巻き込まれていく悠真」

「おはようございます、ご主人様」
高校生の悠真を全裸で起こしにきた神姫・クロ
「おはようございます、ご主人様。お加減はいかがですか?」

「あの後お倒れになってしまったので、部屋に運び込み休んでいただきました」
「ご主人様はあの後お倒れになってしまったので、
部屋に運び込み休んでいただきました」

「あら?暁くんもシャワー?」
魔法士としての最高位・アデプトの久我宮叶奏
「あら?暁くんもシャワー?あ、それとも洗面台使う?」
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド

柴嶺タカシ氏がコミックアライブで連載されているコミックス「黒のカミサマと白のアデプト」2巻【AA】が23日に発売になった。

『黒のカミサマと白のアデプト』は、1巻発売時のコミックナタリーによると『コードを操る“魔法士(コードキャスター)”と“瘴鬼”と呼ばれる化け物の戦いを描くバトルアクション。普通の高校生だった悠真は、幽霊が出るという噂される桜の木の下で、黒い犬を探す銀髪の少女と出会う。その日の放課後、幼なじみのみなかと旧校舎を訪れた悠真は、そこで化け物に遭遇。絶体絶命のピンチを助けてくれたのは、先ほどの少女・叶奏だった』から始まったお話。

今回発売になった「黒のカミサマと白のアデプト」2巻【AA】には第6話〜第9話を収録(もくじ)し、折込チラシは『久我宮叶奏が召喚した神姫・クロを助けた暁悠真は自身の魔力を吸い尽くされないためにも(?)クロと契約して魔法士になることに!?さらに悠真の周りには魔術庁や宮内庁護国部など怪しげな人たちが次々と──』で、オビ謳い文句は『瘴鬼と魔法士の戦いに巻き込まれていく悠真。神姫との契約は偶然なのか、あるいは――』になってた。

魔術庁の白のアデプト・久我宮叶奏が召喚した神姫・クロと偶然にも契約してしまった普通の高校生・暁悠真。与えられた選択肢は3つ。一つ目は死んで契約を破棄する。二つ目はそのまま契約を続け、魔力を吸い尽くされて死ぬ。三つ目は魔法士となって魔力の使い方を覚え、契約を続ける――…。日常との離別は偶然か、必然か―― 裏表紙

なお、作者:柴嶺タカシ氏は、「黒のカミサマと白のアデプト」2巻【AA】の後書きで『1年ぶりの刊行になってしまい申し訳ありません…。それでも読んでくれた人がちょっとでも面白いと思ってもらえたら嬉しいです』、カバー折り返しでは『二巻分も描かせてもらっているのですが、このお話、作中時間でいまだに一日しか経っていないことに気づいて愕然としました』などを書かれている。

「黒のカミサマと白のアデプト」2巻コミックス情報(試し読みあり)

「お前もついてくるのか?」
「当たり前じゃないですか!ボクはご主人様の神姫ですよ?」

「こちらは私の弟子になりました、暁悠真くんです」
「その…よろしく?お願いします」

「ここは?誰かの領域内!?(転移ミス!?いやそんなはずはない)」

「宮内庁護国部国土鎮守課、限定甲種第二級魔法士」
「まさか…、また閉じ込められた?」
「何があるのか、ちょっと見に来ただけよ」
「もう一つの龍脈地図には、この場所のことが載ってるのかしら?」
「(ボクがご主人様を護ります!)」
「せっかくの能力を十全に活かしきれていない」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit