2020年03月24日

紛争でしたら八田まで1巻 「地政学に基づいた知性とちょっとの荒技で紛争を解決!」

田素弘「紛争でしたら八田まで」1巻 田素弘氏の初単行本「紛争でしたら八田まで」1巻【AA】が23日に発売になった。コミックナタリーによると『“地政学リスクコンサルタント”として世界各国を旅する八田百合を描く物語』で、裏表紙は『地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技で、警察が介入しにくい紛争を解決していく!』だった。
-

田素弘の漫画「紛争でしたら八田まで」1巻
田素弘氏の初単行本「紛争でしたら八田まで」1巻【AA】発売
「分断された世界は、儲かります」

「世界中を交渉して回る、解決屋さんよ」
地政学リスクコンサルタント・八田百合
「世界中を交渉して回る、解決屋さんよ」

「アンタの“ベッド”に入ってあげる」
「(賭けに負けたら)アンタの“ベッド”に入ってあげる。1週間」

「何で、1週間でミャンマー語をマスターできんだよ」「するしかないの、必要だから」
「何で、1週間でミャンマー語をマスターできんだよ」
「するしかないの、必要だから。そういう仕事してるのよ」
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店

田素弘氏がモーニングで連載されている、地政学リスクコンサルタントをヒロインにした初単行本「紛争でしたら八田まで」1巻【AA】が、23日に発売になった。

『紛争でしたら八田まで』は、コミックナタリーによると『“地政学リスクコンサルタント”として世界各国を旅する八田百合を描く物語。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性とちょっとの荒技で世界中の事件を解決することだ。ミャンマーにある日本企業で起きたデモや、タンザニアで起きた“魔女狩り”事件など、警察が介入しにくい紛争を独自のやり方で解決していく』というお話。

今回発売になったコミックス「紛争でしたら八田まで」1巻【AA】には第1話〜第7話と、カバー折り返しに「八田百合の訪問国」を収録し、オビ謳い文句は『イギリスブレグジット、ミャンマーでの民主化問題、タンザニアを襲う「征服者」。世界中に起こる紛争を、八田百合、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技で快刀乱麻!?世界が少しわかる地政学活劇!』、『分断された世界は、儲かります』になってた。

イギリスで発酵食品・マーマイトを堪能し、昼からお酒をたしなむ美人・八田百合。彼女の正体は、地政学リスクコンサルタント。
ミャンマーにて日本企業内で起きた紛争の原因は、土地と民族問題!?地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技(主にプロレス技)で、警察が介入しにくい紛争を解決していく! 裏表紙

なお、「紛争でしたら八田まで」1巻【AA】の感想には、ぴこさん『口八丁で民族紛争を片付けていく八田さんまじかっこかわいい』、アキさん『純粋に漫画として面白い。作者の、読者を楽しませよう、という思いに溢れた良い作品』、多畠栄治さん『国際的なスケールの政治劇や交渉劇を描写するのが伝統的に強いモーニングに、ビッチ系w才女の新顔』、おけけびさん『マスターキートンや勇午のライト版というか…読みやすくて個人的に好き。長く続いて欲しい』などがある。

「紛争でしたら八田まで」1巻コミックス情報 / 公式Twitter

「(ミャンマー連邦共和国。
約7割以上のビルマ族と少数民族で構成される多民族国家)」

「緊急で!専門家を!と伝えたはずだ!
散々待たされたあげく、現れたのは…フトモモ丸出しのビッチ1人か!」

ミャンマーの日系工場で、従業員のデモ
「追い返すべきは目の前の娼婦ではなく、後ろのデモ隊」

「人が話してるのに、横入りはないでしょ?」
「こうすれば話が聞ける?」
「社長はフェアな方ですから、民族の違いを話し合うこと自体、正しくないと」
「シャン族とカレン族の位置関係です」
「ここは必ず、紛争地になります」
「だからこれが、村の特産品になった」


【関連記事】
浦沢直樹 MASTERキートンReマスター発売 「20年後のキートンはここにいた!」
MASTERキートン 完全版 「漫画界の秘宝、完全版にて、再発掘」

この会社に好きな人がいます1巻 「秘密厳守のピュア社内恋愛ストーリー!」
カルロ・ゼン原作 テロール教授の怪しい授業1巻 「あなたたちはテロリスト予備軍です」
美魔女の綾乃さん1巻 「綾乃39歳主婦、スキル魅了。アラフォー美魔女日常コメディ」
バブル末期の島耕作スピンオフ 島耕作の事件簿 「殺人犯は"課長 島耕作"!?」
PEACH-PIT 二科てすらは推理しない1巻 「さあ、一緒に机上の空論をはじめよう」
まどからマドカちゃん1巻 「謎の美女と窓際で魅せる弄ばれる窓越し交流コメディ♥」
CITY1巻 「あらゐけいいちワールド全開の、ガールズ・ラン・コメディ!」
眼鏡橋華子の見立て1巻 「眼鏡に欲情する和服美女、理想のメガネとの出会い!」
モーニングのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
講談社 / モーニング / Twitter
「紛争でしたら八田まで」1巻コミックス情報(試し読みあり)
「紛争でしたら八田まで」作品情報 / 公式Twitter / コミックDAYS
地政学に基づいた知性とちょっとの荒技で事件を解決する八田に届く依頼とは?
荒み疲れ果てた世界を、彼女が救う…!
「紛争でしたら八田まで」作者公認応援Twitter
世界中で起きてる事件に少し興味を持てる1冊、是非ともよろしくお願い致します!
知識と、ちょっとした荒技を駆使して紛争に立ち向かうメガネっ子の話(1)

地政学に基づいた知性と"荒技"で紛争解決「紛争でしたら八田まで」1巻
まんきき36号「紛争でしたら八田まで」田素弘先生インタビュー
コロナもブレグジットも、世界の真実は「地政学」から学べ

【感想リンク】
口八丁で民族紛争を片付けていく八田さんまじかっこかわいい
純粋に漫画として面白い。作者の、読者を楽しませよう、という思いに溢れた良い作品
頭脳明晰、語学を習得する力も抜群、護身もばっちり、というスーパーウーマン
"所変われば品変わる"と、"常識"なんかが如何にあやふやかを思い知らせてくれます
マスターキートンや勇午のライト版というか…読みやすくて個人的に好き
アクションネゴシエーター女性版って感じでカッコ良い
勇午以来の地政学欲が刺激される交渉人漫画
些か下品で荒っぽいけど、上品に交渉などしていられなくはある
非常に面白い。女性版マスターキートン的な感じではあるけどね


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit