2020年10月13日

怪異と乙女と神隠し2巻 「都市にひそむ、現代怪異のミステリーに挑む!」

ぬじま「怪異と乙女と神隠し」2巻 ぬじま氏のコミックス「怪異と乙女と神隠し」2巻【AA】が12日に発売になった。裏表紙は『これは数々の怪異をめぐるささやかな友情と別れの物語』、オビ謳い文句は『都市にひそむ“現代怪異”のミステリーに小説家志望の太眉女子と、シスコン糸目男子のコンビが挑む!』になってた。
-

ぬじまの漫画「怪異と乙女と神隠し」2巻
ぬじま氏のコミックス「怪異と乙女と神隠し」2巻【AA】発売
「都市にひそむ“現代怪異”のミステリー」

「ようやく怪異を見つけたんだ」
「ようやく怪異を見つけたんだ。逃がさねえ」

「僕の真怪の定義は」
「僕の“真怪”の定義は文字通り“真の怪異”です」

「人を食い殺すのを好む化け物として伝えられている」
「牛鬼。人を食い殺すのを好む化け物として伝えられている」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店

ぬじま氏がやわらかスピリッツで連載されているコミックス「怪異と乙女と神隠し」2巻【AA】が、12日に発売になった。

『怪異と乙女と神隠し』は、第1巻発売時のコミックナタリーによると『物語の舞台は首都圏の中心駅にある、やたらと警戒標識の多い街。この街の書店では、怪異好きで作家志望の緒川菫子と、彼女だけにやたらと話しかけてくる少年・化野蓮が働いている。15歳のときに小説で新人賞を受賞してから、ずっとスランプに陥ってた菫子。ある日、謎の本に書いてあった一節を声に出して読むと、なぜか子供の身体になってしまい…。菫子と蓮の書店員コンビが、街にあふれる数々の怪異を解いていく』から始まった話(第2巻巻頭のあらすじ)。

今回発売になった「怪異と乙女と神隠し」2巻【AA】には、第4話から第7話と幕間2編を収録し(もくじ)、裏表紙は『これは数々の怪異をめぐるささやかな友情と別れの物語――』、オビ謳い文句は『既刊売り切れ続出、緊急重版!待望の第2集』、『都市にひそむ“現代怪異”のミステリーに小説家志望の太眉女子と、シスコン糸目男子のコンビが挑む!』だった。

化野の妹・乙の通うお嬢様学校に宿りし怪異の謎に菫子が挑む!“影をなめる”怪異。牛より出でし霊宝“牛玉”。まつろわぬ民の“族霊(トーテム)”塵輪鬼。異界の番人“時空のおっさん”。新しい街に宿る新しい怪異“紅衣小女孩”…
令和の世に残された最後の迷宮、“現代怪異”のミステリーに、しがない小説家志望の緒川菫子と、童顔糸目の魔少年・化野 蓮のコンビが挑む!ミステリアス&バイオレンス&アクション&エロティック現代怪異ロマネスク! コミックス情報

「怪異と乙女と神隠し」2巻【AA】の感想には、吉田直樹@チラ裏さん『ちょっとコミカルなとこも楽しいし乙ちゃんは可愛くて先輩は眉が太い。妖魔夜行(SNEの方)が好きだった人はハマると思う』、終末な楓さん『なんでこの作品はこうも俺の性癖に語りかけてくるんだ…?菫子さんのぽっちが好きです』、歩月るなさん『相当ディープな怪異譚が展開されていく中、敵だった相手と和解していく流れがちょっとほっとしてしまうのだけど、前後の文脈をスカしていく大胆不敵で絶妙なおふざけ感も醍醐味。めちゃくちゃにハードでシリアスなパートが多いのに、すごく良いセリフのシーンの印象をひっくり返す洒落っ気。小休止的な湯屋番ストーリーも絶妙』などがある。

「怪異と乙女と神隠し」2巻コミックス情報 / ぬじま氏のTwitter

「火が点いたように体が熱くなって、死に至る」

「菫子さんッ!!」

「御守りを取り上げようとするから…ッ」

「やりたくないんだ。でも放っておくわけにもいかない」
「大丈夫か化野くん!?しっかりしろ!」
「牛鬼じゃありませんでした。もっとヤベー奴です」
「…本当に、君らは一体何者なんだ?」
「新しい土地には新しい神が宿るのさ」
「一年ずっと雨の夜に現れる赤い服の子供を探してきた」


【関連記事】
怪異と乙女と神隠し1巻 「異界の歌。逆万引きの本。月読の変若水。何かが起きている」
ぬじま「解決はしない」掲載の「ドールズフロントライン 電撃コミックアンソロジー」
虎子、あんまり壊しちゃだめだよ1巻 「臆病な怪力少女の友達探しコメディ!」
歌うヘッドフォン娘 「通学路の歌姫。謎のヘッドフォン歌姫、観察コメディ!」
ぬじまのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
小学館 / やわらかスピリッツ / Twitter
「怪異と乙女と神隠し」2巻コミックス情報(試し読みあり)
やわらかスピリッツ「怪異と乙女と神隠し」連載ページ / ニコニコ静画掲載ページ
ぬじま氏のTwitter / pixiv
"脱がせるしおり"もらえる「怪異と乙女と神隠し」×「異世界失格」書店フェア
書店員コンビが街にあふれる怪異に挑む「怪異と乙女と神隠し」(1巻発売時)

【感想リンク】
乙ちゃんが表情豊かで思いのほか癒やされる
怪異「ヨダレカケ」。その犯人と、その力の源泉は……!!
読むとなんだかワクワクしてくる怪異譚
なんでこの作品はこうも俺の性癖に語りかけてくるんだ…?
可愛い女性キャラを描きつつも、怪異のヒタヒタとした怖さが癖になる
相変わらず、菫子さんの陥没乳首だけ割とはっきり描写されていて嬉しい限りである
画力があるからか、怪異ものの小難しい話もすんなり入ってくる
塵輪鬼編終了。畦目先生に化野君が賛意を示すところがキモか
いいなぁ……どっしりした情報量と展開でいいなぁ……好き
怪異と標識の関係性。化野兄妹の状態など2巻でもまだ詳細が見えてこない感じ。
怪異と乙女と神隠し2巻 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit